2018年8月24日 飯盛山、ハワイ、白虎隊、自衛隊、小野寺、オスプレイ、会津若松

2018年8月24日の25件のメディアの記事などを解析しました。一通りチェックした感じでは、会津若松、自衛隊、ライトアップ、寄せ書き、受け入れ、特攻隊、新田原、県知事、核兵器、小野寺、飯盛山、枠組み、オリンピアン、オスプレイ、ゆかり、コノシロ、さざえ、かっぱ、母成峠、ハワイ、パイロット、白虎隊、絵手紙、などのキーワードが目に止まりました。25件の記事へのリンクをスクラップしました。
秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を候補地とする国の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)配備計画について、演習場に近い16町内会でつくる新屋勝平地区振興会は24日、「住宅密集地に施設は必要ない」として、県や市に計画撤回の態度を示すよう求める要望書を提出した。
秋田魁新報2018/8/24秋田
朝鮮半島の非核化や核兵器の廃絶に向けて、多国間の外交交渉による安全保障組織の確立など具体的な行動を提言した。
中国新聞2018/8/24広島
戦争により命を落とした「戦没オリンピアン」の足跡を、元五輪選手がたどっている。広島市立大名誉教授の曽根幹子さん(65)は、過去の新聞などを基に遺族らを訪ね、現在37人を確認。「栄光の記録は残っているけど、戦時の話は少ない。
中国新聞2018/8/24広島
戦争により命を落とした「戦没オリンピアン」の足跡を、元五輪選手がたどっている。広島市立大名誉教授の曽根幹子さん(65)は、過去の新聞などを基に遺族らを訪ね、現在37人を確認。「栄光の記録は残っているけど、戦時の話は少ない。
中国新聞2018/8/24広島
9月に道内で行われる日米共同訓練に参加する米軍輸送機「オスプレイ」の補給拠点として、陸上自衛隊帯広駐屯地内の十勝飛行場を使用することが23日発表され、帯広市は対応に追われた。管内の市民団体からは強い憤りの声が上がった。
北海道新聞2018/8/24北海道
熱海史談会と猪苗代地方史研究会は昨年、「戊辰戦争百五十年会津藩母成峠陣跡保存協議会」を結成した。記憶と記録の継承に力を注ぐ。「二百年、三百年後を考えると、遺構を守り、残していく体制を確立する必要がある」と岡部さんと江花さんは指摘する。
福島民報2018/8/24福島
戊辰戦争時に白虎隊士が飯盛山で自刃した旧暦の八月二十三日に合わせ、少年たちの霊を慰める「TAMASHIZUME(たましずめ)鎮魂祭」が二十三日、会津若松市の飯盛山で始まった。二十五日まで、再生可能エネルギーを活用した環境に優しい光で、LED(発光ダイオード)を使った鎮魂玉を並べ、さざえ堂をライトアップしている。
福島民報2018/8/24福島
戊辰戦争で若い命を散らした白虎隊士や戊辰戦争戦死者らを慰める「TAMASHIZUME(たましずめ)鎮魂祭」が23日、会津若松市の飯盛山会津さざえ堂広場で始まった。さざえ堂や周辺がライトアップされ、集まった人々が先人に思いをはせた。
福島民友新聞2018/8/24福島
陸上自衛隊福島駐屯地は23日、福島市の同駐屯地で新隊員の訓練を公開した。自衛官の卵が武器の取り扱い方を学ぶ戦闘訓練や木材を素早く縛る訓練に臨んだ。4月に入隊した第44普通科連隊と第11施設群の69人が参加。
福島民友新聞2018/8/24福島
県内からの乗客は、今年が戊辰戦争開戦から百五十年に当たることから、会津藩士が上陸し斗南藩を開いたゆかりの地に思いを寄せていた。
福島民報2018/8/24福島
陸上自衛隊福島駐屯地は23日、福島市の同駐屯地で新隊員の訓練を公開した。自衛官の卵が武器の取り扱い方を学ぶ戦闘訓練や木材を素早く縛る訓練に臨んだ。4月に入隊した第44普通科連隊と第11施設群の69人が参加。
福島民友新聞2018/8/24福島
漫画好きの青年が、戦争そして特攻へと巻き込まれていく過程を生々しく今に伝えている。書籍を手に兄・祐則さんの思い出を語る田所恭子さん(安芸市本町)祐則さんは中学時代からグライダーが好きで、漫画の題材にも気球や飛行機を選んだ。
高知新聞2018/8/24高知
太平洋戦争で戦死した伊勢市出身の詩人・竹内浩三(1921〜45年)の詩や小説を収めた「愚の旗」が復刻される。2021年の生誕100周年に向けた企画で、有志でつくる「愚の旗」復刻制作委員会が、12月上旬の発刊に向けて取り組んでいる。
中日新聞2018/8/24三重
新富町の新田原基地飛行教育航空隊に所属する2等空尉、松島美紗さん(26)が23日、F15戦闘機の操縦課程を修了し、航空自衛隊初の女性戦闘機パイロットが誕生した。同日、同基地で課程修了式があり、松島さんは「小さい頃からの憧れだった。
宮崎日日新聞2018/8/24宮崎
沖縄戦で米軍の捕虜となり、移送先のハワイで抑留生活を強いられていた県出身者らが1945~46年当時、捕虜収容所から現地に住む県人や県系人に宛てた手紙15通が23日までに見つかった。手紙には現地で受けた精神的、物質的支援に対する謝意や、帰還後は故郷の再建に奮起する決意、戦争の後遺症に苦しむ様子など、さまざまな思いや情景がつづられていた。
琉球新報2018/8/24沖縄
真の沖縄の保守政治家でありながら、沖縄の歴史や伝統、風土、生活に根ざ差し、沖縄が将来自立する道を探っていたこと、これ以上沖縄に新しい米軍基地はいらないと断言していたこと、全てが翁長知事の遺志だと思う。(出馬するのであれば)あらゆる遺志を引き継いでいけるよう、自分自身の中でも深く胸に納めていけるようにしたい」。
沖縄タイムス2018/8/24沖縄
出馬要請で照屋議長は「『翁長知事の遺志を引き継ぐ人』『オスプレイ配備撤回、普天間飛行場の県内移設断念の建白書実現に全力で頑張る人』という選考基準に照らして最適任であること、翁長知事の信任の厚い人であることを確認し、決定した」と述べ、玉城氏に要請書を手渡した。
琉球新報2018/8/24沖縄
沖縄戦で米軍の捕虜となり、移送先のハワイで抑留生活を強いられていた県出身者らが1945~46年当時、捕虜収容所から現地に住む県人や県系人に宛てた手紙15通が23日までに見つかった。手紙には現地で受けた精神的、物質的支援に対する謝意や、帰還後は故郷の再建に奮起する決意、戦争の後遺症に苦しむ様子など、さまざまな思いや情景がつづられていた。
琉球新報2018/8/24沖縄
このほか、地元婦人会の盆踊りや航空自衛隊脊振分屯基地の隊員による面浮立の披露などがあり、参加者は夏の思い出をつくっていた。今年は西九州大の和太鼓サークル「堂打」の演奏と花火800発が初めてコラボし、来場者を魅了した。
佐賀新聞2018/8/24佐賀
佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画で、小野寺五典防衛相が24日に佐賀県を訪問し、山口祥義知事と会談する。県が国と交渉を進めてきた漁業振興策と補償の枠組みや、機体の騒音がコノシロ(コハダ)の投網漁に及ぼす影響への対応などについて意見を交わす見通し。
佐賀新聞2018/8/24佐賀
山口祥義知事は24日、臨時会見を開き、佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を受け入れる考えを表明した。小野寺五典防衛相と県庁で会談し、防衛省が県に着陸料として20年間で計100億円を支払うことなどを盛り込んだ文書に合意した。
佐賀新聞2018/8/24佐賀
佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画で、小野寺五典防衛相と佐賀県の山口祥義知事は24日、県庁で会談し、漁業振興策や補償の枠組みに関する文書に合意した。合意には、環境保全や補償を目的にした関係機関による協議会の設置や、20年間で100億円の着陸料を国が支払うことなどを盛り込んでいる。
佐賀新聞2018/8/24佐賀
小野寺五典防衛相は24日、佐賀県有明海漁協を訪れ、佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を巡って、機体の騒音がコノシロ(コハダ)の投網漁に及ぼす影響について早期に再調査する考えを表明した。
佐賀新聞2018/8/24佐賀
米空軍の垂直離着陸輸送機CV22オスプレイが十月に米軍横田基地(東京都福生市など)に正式配備されることを受け、県や基地周辺自治体の首長からは、飛行の十分な安全確保や地元への事前通知を求める声が相次いでいる。
東京新聞2018/8/24埼玉
第2次大戦中は軍嘱託画家として戦争画を描いた。50年にパリに戻り仏国籍を取得。スイスで死去。
東京新聞2018/8/24東京