2018年8月26日 辺野古、宜野湾、ビエケス、太平洋、アジア、社民党、マケイン

2018年8月26日の21件のメディアの記事などを確認しました。収集したの新聞各社の報道を読むと、マケイン、おしゃれ、アルバム、社民党、共和党、ビエケス、太平洋、辺野古、宜野湾、しのぎ、与野党、オスプレイ、佐世保、航空機、もんぺ、不正確、アジア、特攻隊、などの単語をみつけることができました。21個のコンテンツURLを記録しておきますね。
全国各地の戦争を語り継ぐ団体や戦災体験者らが集まる「空襲・戦災を記録する会全国連絡会議・松山大会」(和田寿博実行委員長)が25日、松山市文京町の愛媛大で2日間の日程で始まった。市民や関係者ら135人が、講演や発表を通じて、悲劇を二度と繰り返さないために記録し続けることの大切さをかみしめた。
愛媛新聞2018/8/26愛媛
白河市史の執筆者で、白川悠紀の筆名で小説「白河大戦争」を出版した同市中央公民館社会教育指導員の植村美洋(よしひろ)さん(62)は「同盟軍は統一的な作戦を立てる指揮官がおらず、部隊同士の連携が悪かった。新政府軍は実戦慣れし、兵の展開も優れていた」と語る。
河北新報2018/8/26福島
山本さんは9月9日、小美玉市で戦争体験を話す。それは、明け方5時前だった。水戸歩兵第二連隊に所属し、1944(昭和19)年からパラオ本島の守備部隊の任務に就いていた。
茨城新聞2018/8/26茨城
3人の研究者が個人的な資料から当時の世相や生活、戦争や平和への市民の率直な心情について読み解き、約120人が聞き入った。「家族の記録から見る横浜の近現代史」と題した講演会で、図書館内にある市史資料室の調査研究員・羽田博昭さんは、昭和初期に「令女純情連盟」(R・J・R)横浜支部を組織した故・篠原あやさんが残した、1940年のアルバムを紹介。
神奈川新聞2018/8/26神奈川
沢村栄治については「巨人で活躍したのに戦争で亡くなった人だと学校で習った。学校のすごい先輩で尊敬している」と話した。親善試合は、往年の名投手をしのぶため、両チームが毎年続けている。
中日新聞2018/8/26三重
9条は戦争放棄で、自衛隊は憲法違反だなと子どもでも分かる。改憲か護憲かを問われたら、そりゃ護憲ですよ。新左翼は素直な護憲派じゃない。
河北新報2018/8/26宮城
元特攻隊員で都城市鷹尾3丁目の東郷勝次さん(92)は、不戦への誓いを新たにしようと、自身が経験した戦争と特攻隊員に志願した心情などを手記にまとめた。400字詰め原稿用紙約150枚に上り、約3年かけて手書きした。
宮崎日日新聞2018/8/26宮崎
自ら被爆しながら、家族を失った原爆・戦争孤児の世話に尽力。東京に移った後も、廃品回収業者が集まる浅草の「蟻(あり)の町」や全国各地の災害被災者を物心両面で支え、1982年に死去した。作品は、ポーランドで社会福祉活動に取り組むマレック・グゾフスキ氏が発案し、昨年夏、長崎と東京でゼノ修道士を知る十数人の証言を撮影。
長崎新聞2018/8/26長崎
【ジョン・ミッチェル特約通信員】佐世保基地(長崎県)の米海軍が2014年以前、在日米軍に適用される日本環境管理基準(JEGS)に反し、施設内で起きた燃料漏れなどの環境事故を必要な部署に報告していなかった疑いのあることが分かった。
沖縄タイムス2018/8/26沖縄
調査対象には在日米軍基地所属の飛行隊は含まれていない。しかし普天間飛行場にはCH53Eヘリが2014年時点で8機配備されており、調査結果は人ごとでは済まされない。各飛行隊の隊長は上級部隊に対し、一定期間内に運用機の即応性について報告することが義務付けられている。
琉球新報2018/8/26沖縄
米軍普天間飛行場の閉鎖・撤去、県内移設断念、オスプレイ配備撤回などを掲げた2013年の「建白書」の精神に「全て賛同している」と述べた。仲西氏は本紙の取材に「要請を受けていないので、コメントできる立場にない」と話した。
沖縄タイムス2018/8/26沖縄
……………………米ハワイ島ウポル空港で海兵隊ヘリMV22オスプレイが、環境影響評価で認められていない過剰な訓練を実施し、地元住民らの抗議で訓練中止に追い込まれていたことが明らかになった。同空港でのオスプレイの訓練は、2012年公表の環境影響評価で、周辺の遺跡への影響や騒音被害などを考慮した結果、緊急時などに限り使用を年間25回に限定するなどと定められている。
沖縄タイムス2018/8/26沖縄
マケイン氏といえば、わずか2年前までは、米軍基地が過剰集中する沖縄のさらなる負担は米国の国益を損なうと主張し、辺野古見直しを強く唱えていた人物だ。普天間移設問題に関わる当事者として、国防予算を盾に米政府に厳しく辺野古移設の見直しを追及したが、埋め立て承認を機に容認へ転じ、現在は日米両政府の現行計画を推進する。
沖縄タイムス2018/8/26沖縄
米国ではオバマ大統領が20日に一般教書演説をした後、国防総省が各軍の予算を公表し、それを受けて議会が審議を始め、3月には米軍幹部などを招いた公聴会が開かれる。翁長雄志県知事らが訪米を予定する4月以降は、米国防予算の大枠を決める国防権限法案の骨格を固めるころだ。
沖縄タイムス2018/8/26沖縄
……………………米軍普天間飛行場の代替施設はいらない。そうした願いは、果たして沖縄だけのものなのか。「辺野古への代替施設建設計画を止めれば、数十億ドル節約できるし、政治問題も減る。
沖縄タイムス2018/8/26沖縄
……………………「もう一度事故が起きれば、われわれは沖縄県民の大きな怒りに直面する」米上院外交委員会で19日に開かれた次期駐日米大使の指名公聴会で、重鎮マケイン議員はキャロライン・ケネディ氏にそう呼び掛け、米軍普天間飛行場の移設問題を最優先課題として取り組むよう要請した。
沖縄タイムス2018/8/26沖縄
名護市議選の行方は米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を進める安倍政権も注視しており、9月30日投開票の県知事選の「前哨戦」とも位置付けられている。市議選には現在、現職21人、前職1人、新人10人の32人が立候補する見込みだ。
琉球新報2018/8/26沖縄
25日午前5時23分ごろ、沖縄市知花の国道329号の北上車線で、市道から国道に右折した米軍車両と北上していた普通乗用車が衝突した。乗用車を運転していた20代女性が軽傷を負ったが、命に別条はない。午前10時すぎに米軍車両が移動されるまで、同車両が北上車線の片側2車線と南下車線の一部をふさぐなど、4時間半以上も交通に影響が出た。
琉球新報2018/8/26沖縄
佐賀商業高の生徒やOB、町内外のエキストラ約300人が参加し、太平洋戦争開戦の前年(昭和15年)に熊本であった佐賀商と熊本工業の定期戦を再現した。石丸は佐賀商野球部出身で、プロ野球名古屋軍(現中日ドラゴンズ)に入団。
佐賀新聞2018/8/26佐賀
■防衛省の説明追認止まり「小野寺防衛大臣は、何よりも安全が大切であり、万全の安全対策を講じることを約束されました」。佐賀県庁で24日に開かれた臨時の記者会見。自衛隊輸送機オスプレイの安全性に関する責任は国にあると伝えたかったのだろうか。
佐賀新聞2018/8/26佐賀
現職の山口祥義氏(53)=1期=が24日に自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港への配備計画を受け入れる表明をしたのを受け、「支持しない」ことを決めた。知事選の対立候補の擁立については、「県連で主体的に進めるのは困難」として国民民主党県連や関係団体、市民グループと協議しながら検討する方針を確認した。
佐賀新聞2018/8/26佐賀