2018年9月28日 苫小牧、如意輪寺、宜野湾、後醍醐天皇、しのぶ、戊辰戦争、太平洋

2018年9月28日の16件のメディアの記事を精査しました。この日マスコミで報じられた内容には、如意輪寺、ミサイル、宜野湾、後醍醐天皇、しのぶ、県知事、岩出山、ライフライン、苫小牧、太平洋、有権者、バッグ、勘違い、戊辰戦争、という言葉が使われていました。16件の記事URLは以下の通りです。
【ルーマニア・デベセル基地(3)】ルーマニア南部のデベセル基地にある米軍の地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)。その外周の砂利道を米軍の車で走りながら、広報担当者から施設について説明を受けた。
秋田魁新報2018/9/28秋田
この木は戦争中、同地に集団疎開した東京の児童有志が交流の証しに贈った記念の桜。児童や教員は「今までこんなことはなかったのに」と驚いている。
東奥日報2018/9/28青森
広島東洋カープがリーグ3連覇を決めて一夜明けた27日、呉市の海上自衛隊呉基地を母港とする練習艦やまゆき(3050トン)がこいのぼりを掲揚して祝った。「ライジングカープ」のニックネームを持つ同艦の乗員たちは34年ぶりの日本一に期待を寄せた。
中国新聞2018/9/28広島
道の駅「むかわ四季の館」横の駐車場(陸上自衛隊が開設)は無料開放◇給食四季の館では25日から、穂別町民センターでは26日から避難所の避難者のみ提供◇罹災証明書町役場本庁舎、町役場穂別総合支所で受け付け中◇災害エフエム平日午後6時から周波数FM88・5メガヘルツ。
北海道新聞2018/9/28北海道
厚真町では陸上自衛隊が野外入浴施設や炊き出し施設のテントを補強して備える。液状化などの被害が出た札幌市清田区の里塚地区では28日までに、区土木センター職員が沈下した土地に土のうを積んだり、道路の亀裂にブルーシートをかぶせるなどした。
北海道新聞2018/9/28北海道
道の駅「むかわ四季の館」横の駐車場(陸上自衛隊が開設)は無料開放◇給食四季の館のみで避難所の避難者のみ提供◇罹災証明書町役場本庁舎、町役場穂別総合支所で受け付け中◇災害エフエム午後6時から周波数FM88・5メガヘルツ。
北海道新聞2018/9/28北海道
応仁の乱は一つの大名家のお家騒動だったが、周辺大名を巻き込んだ代理戦争に発展したと説明。将軍足利義政に戦乱への危機感が薄く、戦局の見通しや和睦交渉力が弱かったため戦いを長期化させた点を示した。理由の一つとして、武将同士の全会一致による意思決定の弊害もあるとした。
茨城新聞2018/9/28茨城
戊辰戦争で死亡した盛岡藩士らの50回忌に、立憲政友会総裁で、1年後に首相となる原の姿があった。「戊辰戦役は政見の異同(考え方の違い)のみ。当時勝てば官軍、負くれば賊との俗謡(言い習わし)あり。
河北新報2018/9/28岩手
沖縄に上陸する米軍を迎え撃つため、中野学校出身の将校らが10代半ばの少年をゲリラ兵として教育し、戦いに投入した。マラリアがはびこる島への強制移住、住民同士の監視とスパイ容疑での虐殺。生き残った元少年兵らの証言を集め、これまで知られていなかった沖縄戦の「闇」に迫る。
京都新聞2018/9/28京都
模様は航空自衛隊松島基地の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」(東松島市)やウミネコ(宮城県女川町)、「鹿踊り」(栗原市)など多彩。マンホールを紹介する県東部下水道事務所のホームページを閲覧できるQRコードを添えた。
河北新報2018/9/28宮城
岩出山伊達家が戊辰戦争後、北海道開拓と岩出山残留の間で揺れた歴史をたどる企画展「伊達邦直と家臣団、ふたつの道の選択」が、大崎市岩出山の旧有備館で開かれている。11月11日まで。10代当主邦直が政府に提出した北海道開拓志願書や移住に要した経費をまとめた記録など史料約50点を展示。
河北新報2018/9/28宮城
天皇の命日法要は明治以降盛大に行われてきたが、戦争の混乱で中断され、戦後長く途絶えていた。…。
奈良新聞2018/9/28奈良
宜野湾市内では、2004年の沖縄国際大学での米軍ヘリ墜落や、昨年の普天間第二小学校でのヘリの窓落下事故など、今も市民は危険と隣り合わせだ。返還の一日も早い実現を政府に強く求めていく」−当選後、最優先に取り組む課題は。
沖縄タイムス2018/9/28沖縄
米軍基地問題では「政府との交渉で一歩も譲らない。整理縮小に向けて県民の怒りや悲しさを伝えていく」と強調。台風接近に触れ、「早めの期日前投票を」と呼び掛けた。
沖縄タイムス2018/9/28沖縄
唐津市浦出身で元海上自衛隊1等海佐の梅崎時彦氏(56)を採用する。10月1日に着任し、任期は2021年3月末まで。総務部危機管理防災課内に常勤の課長職として配置する。
佐賀新聞2018/9/28佐賀