2018年6月28日 木更津、辺野古、嘉手納、ベトナム、シエラレオネ、北海道

2018年6月28日の26件の新聞記事などを精査しました。スクラップしたマスコミの記事などに目を通したところ、セントヨゼフ、オスプレイ、座り込み、辺野古、嘉手納、木更津、すり替え、中国人、トラック、飛行場、リスク、紙芝居、市議会、北海道、ベトナム、シエラレオネ、といった語句が見出しに使われていました。26個のコンテンツURLを記録しておきますね。
佐竹敬久知事は、政府が地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)の候補地に秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を挙げていることについて、敷地の狭さや住宅密集地との近さから「最適ではない」と改めて疑問を呈した。
秋田魁新報2018/6/28秋田
木更津市議会は二十七日、陸上自衛隊木更津駐屯地(木更津市)で行われている米軍の輸送機オスプレイの定期機体整備などを巡り、防衛省などに十分な情報提供を求める要望書案を賛成多数で可決した。同駐屯地では、昨年二月から始まったオスプレイの整備が大詰めを迎え、七月中旬以降に試験飛行する見通し。
東京新聞2018/6/28千葉
太平洋戦争末期にあった軍事用飛行場をテーマに映画を製作していたアムール(前橋市)は、映画「陸軍前橋飛行場」が完成し、8月4日から群馬県内で一般公開することを明らかにした。映画は高崎市の旧群馬町に建設され、1945年8月まで1年ほど機能したものの、記録が少ない同飛行場の存在を後世に伝えようと、地元住民らが協力委員会を組織して製作。
上毛新聞2018/6/28群馬
日露戦争の日本海海戦で損傷し、漂着したロシア艦イルティッシュ号の乗組員を江津市の住民が助けた縁で、親善寄港に合わせて児童と交流した。
中国新聞2018/6/28広島
戦争回避は実現できなかったが、その行動には平和主義者としての理念が大きく反映されている。県立図書館は博士に関する約2800点の資料を所蔵する。外国語による約2000通の書簡も含む。
福島民報2018/6/28福島
陸上自衛隊第13旅団(司令部・広島県海田町)は兵庫県姫路市飾磨区の姫路港で27日、北海道で行われる演習の一環として、民間フェリーで砲を連結したトラックや輸送車両など計約140台を移動させる訓練を行った。
神戸新聞2018/6/28兵庫
池田さんらは、牛久で暮らした小学校時代の思い出や、戦争の体験、石原裕次郎さんなどの話で盛り上がった。根本市長が「石原裕次郎さんは格好良かったですか」と尋ねると、池田さんは「格好良かった。カセットで何度も歌のレッスンする人だった」と答えた。
茨城新聞2018/6/28茨城
30歳の頃には太平洋戦争に海兵として招集され、自身の店は空襲で焼けたが、戦後には再度大阪で理髪店を開業し、激動の時代を生き抜いた。 高島さんは72歳で亡くなる2年前の1981年に「いい教育をしてくれた」と旧滝尾小に1千万円を寄贈した。
北國新聞2018/6/28石川
自衛隊とベトナム人民軍の佐官級交流事業の一環として、人民軍の訪日団十四人が二十七日、航空自衛隊小松基地を訪れた。
中日新聞2018/6/28石川
中学1年生63人に向けた講演でエルサ校長は女性の地位を高めるために学園をスタートした経緯や長く続いた内戦、エボラ出血熱による被害を説明した。吉田さんはこれまでの支援で造られた教室などを写真で紹介し「電気や水(の普及状況)は日本では考えられないほど悪い。
伊勢新聞2018/6/28三重
県警は果樹園に近接する米軍キャンプ・シュワブで使用する重火器から発射された可能性が高いとみて、米憲兵隊に対して照会をかけた。米軍は22日から、自らの銃弾かどうかは示さないまま予防措置としてシュワブの射撃場「レンジ10」を閉鎖している。
琉球新報2018/6/28沖縄
在沖米軍キャンプ・シュワブの実弾演習場「レンジ10」に隣接する名護市数久田の農作業小屋で銃弾のような物が発見された問題で、沖縄県警は28日、鑑定の結果、発射された銃弾と判明したと発表した。県警科学捜査研究所が調べていた。
沖縄タイムス2018/6/28沖縄
【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で28日、名護市の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では強い日差しが差す中、基地建設に反対する市民ら約80人が座り込んだ。基地内には資材などを積んだトラックなどが100台以上が入る中、市民らは「基地は必要ない」「違法工事はやめろ」などと声を上げ、抗議した。
琉球新報2018/6/28沖縄
どんなまなざしで、対中戦略をもにらむ米軍嘉手納基地に向き合っているのだろうか。(中部報道部・篠原知恵、社会部・徐潮)「中国の何が脅威なのだろうか?」。中国蘇州市から旅行で訪れた会社員の康海恵さん(31)、呉妍姝さん(31)夫妻は首をかしげた。
沖縄タイムス2018/6/28沖縄
実際には政府がF15の飛行停止を求めていないにもかかわらず、首相はあたかも政府の申し入れの結果、米軍が飛行停止したかのような説明を党首討論でも維持した。実際に飛行停止を求めていないという「うそ」(立憲民主党の枝野幸男代表)を訂正しなかった。
琉球新報2018/6/28沖縄
米軍普天間飛行場の辺野古移設を認めない野党市議と、渡具知武豊市長の答弁はかみ合わず、議論は終始、平行線をたどった。基地建設に対して追及を強める野党市議がいる一方、9月の市議選を意識してか、再編交付金や辺野古移設問題を問わない市議もおり、論戦は低調に終わった。
琉球新報2018/6/28沖縄
名護市辺野古の新基地建設に反対する市民が28日、米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議の座り込みをした。多数の参加を呼び掛ける木曜日に当たり、約90人が参加した。午前9時に機動隊が強制排除し、砕石を積んだダンプや生コン車など115台が基地内に入った。
沖縄タイムス2018/6/28沖縄
安倍晋三首相は27日の党首討論で、25日の参院予算委員会でF15墜落事故を受けて米軍に「飛行停止を求めた」と事実と異なる答弁をしたことを巡り、政府が飛行停止を求めて米側が停止した事例として昨年の普天間第二小窓落下事故を挙げたが、実際にはその際政府は飛行停止を求めておらず、新たに事実に反する発言をした。
琉球新報2018/6/28沖縄
報告書では、騒音などの周辺環境条件や事業の実現性、整備コストの観点から「旧倉浜ごみ処理施設跡地」、市知花の「旧知花ゴルフレンジ」、市倉敷の「市霊園から南側に位置する米軍提供施設内」の3カ所を候補に挙げた。
琉球新報2018/6/28沖縄
【東京】安倍晋三首相は27日の党首討論で、米軍F15戦闘機の墜落事故を受け「飛行停止を求めた」とする誤った国会答弁を釈明した。「最初に申し入れの正確な話をした」と述べ、25日の参院予算委員会で立憲民主の福山哲郎幹事長との冒頭のやりとりが正しかったとの認識を示した。
沖縄タイムス2018/6/28沖縄
名護市議会の軍事基地等対策特別委員会(翁長久美子委員長)は27日、委員会を開き、名護市数久田の農園で銃弾のような物が発見されたことに対し、早急に原因究明を求める抗議決議と意見書両案を本会議に提案することを全会一致で可決した。
琉球新報2018/6/28沖縄
米空軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が今月11日に沖縄本島南方の海上に墜落した事故に関し、安倍晋三首相は25日の参院予算委員会で「(飛行)中止についてわれわれが申し入れを行い、2日間ではあるが(米軍が)中止し点検したと承知している」と答えた。
琉球新報2018/6/28沖縄
日露戦争の日本海海戦で損傷し、漂着したロシア艦イルティッシュ号の乗組員を江津市の住民が助けた縁で、親善寄港に合わせて児童と交流した。
中国新聞2018/6/28島根
陸上自衛隊米子駐屯地(鳥取県米子市両三柳)で24日、今春入隊した自衛官候補生の前期課程の修了式が行われ、51人が自衛官の使命感を胸に巣立った。7月から全国の受け入れ部隊で、職種や地域に応じた知識や技能を習得するための3カ月間の後期教育が始まる。
日本海新聞2018/6/28鳥取
村田さんは14歳で軟式野球を始め、戦争による中断期間はあるものの、継続して競技に取り組み、戦後は社会人チームで主将としてチームを引っ張るなど活躍していた。 ボウリングを始めたのは50歳の時で、スコアが伸び始めた80代から対外試合に出場。
山口新聞2018/6/28山口
山口県議会は27日、一般質問があり、木佐木大助(共産党)、合志栄一(新政クラブ)、井原寿加子(草の根)、戸倉多香子(国民民主党・市民フォーラム)の4氏が大阪府北部を震源とする地震を踏まえた県の対応や高齢者が活躍する地域づくり、米軍岩国基地問題、主要農作物種子法廃止後の対応などを取り上げた。
山口新聞2018/6/28山口