2018年10月14日 上武大、普天間、戊辰戦争、中種子、自衛隊、ボスニア、久留米

2018年10月14日の22件の記事を解析しました。この日収集した新聞各社の報道には、久留米、不時着、瀬戸大橋、ボスニア、歩道橋、戊辰戦争、きょう、上武大、自衛隊、圧倒的、くらし、普天間、プロジェクト、装甲車、お願い、中種子、船橋競馬場、ハンカチ、事務所、軍楽隊、という語句が使われていました。22個のコンテンツURLを記録しておきますね。
自動車の普及に伴い、交通事故の死者が全国で1万人を超え、「交通戦争」と呼ばれた時代。歩道や歩道橋を設置し、歩行者と車を物理的に切り離すインフラ整備は、行政にとって事故防止の切り札だった。
秋田魁新報2018/10/14秋田
米軍三沢基地(三沢市)は12日、隊員の家族や従業員、基地内小学校の児童らに三沢対地射爆撃場(同市、青森県六ケ所村)での訓練を公開する「レンジデー」を開いた。同基地のF16戦闘機は、火薬の代わりにコンクリートを詰めた約230キロの模擬弾を投下。
河北新報2018/10/14青森
男子の部は陸上自衛隊武山駐屯地(神奈川県横須賀市)のチーム「タケヤマテイオウ」が優勝し、四連覇を果たした。タイムは1時間22分25秒。このフェスタでは、ボランティア百人余が大会準備や当日の運営に当たった。
東京新聞2018/10/14千葉
【東京=大橋周平、中里圭秀】東京箱根間往復大学駅伝(来年1月2、3日)の予選会が13日、東京都の陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園にゴールするハーフマラソン(21.0975キロ)で行われ、本大会出場11枠を懸けて関東の39校が熱戦を繰り広げた。
上毛新聞2018/10/14群馬
戦争に関連した写真や衣服、日記などの実物資料を展示する巡回特別企画展「戦中・戦後のくらし群馬展」(東京新聞前橋支局など後援)が、前橋市本町の前橋プラザ元気21で開かれている。女性が出征する婚約者に渡した手紙と血書のハンカチなどから平和の尊さが伝わる。
東京新聞2018/10/14群馬
【東京=大橋周平、中里圭秀】東京箱根間往復大学駅伝(来年1月2、3日)の予選会が13日、東京都の陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園にゴールするハーフマラソン(21.0975キロ)で行われ、本大会出場11枠を懸けて関東の39校が熱戦を繰り広げた。
上毛新聞2018/10/14群馬
首相はおととい、沖縄県知事選で米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設反対を掲げて当選した玉城デニー知事と会談した。米軍基地の負担軽減に向け、県民の気持ちに寄り添う考えを重ねて示しながら、辺野古移設に関しては「政府の立場は変わらない」として、普天間返還の唯一の解決策であることを強調した。
北海道新聞2018/10/14北海道
久留米市の陸上自衛隊久留米駐屯地で13日、創設66周年記念の施設一般開放があり、家族連れなどでにぎわった。グラウンドでは、隊員たちが体力づくりのため普段取り組んでいる体操や訓練を公開。誘導弾を搭載した車両などが並び、戦車や装甲車の搭乗体験が人気を集めた=写真。
西日本新聞2018/10/14福岡
◎第4部会津戦争/彼岸獅子の入城新政府軍に包囲された鶴ケ城の援軍に、会津領内で戦っていた会津藩家老の山川大蔵率いる兵1000人が駆け付けた。包囲網を突破するため、山川は奇策に出る。郷土芸能の彼岸獅子を先頭に立たせて堂々と行進したのだ。
河北新報2018/10/14福島
二本松市戊辰150年事業の二本松戊辰戦争歴史シンポジウムは13日、同市で開かれた。「数学者が見た二本松戦争」の著者渡部由輝さんが基調講演し、兵器の性能を示す数字などを基に二本松における戊辰戦争の模様を解き明かした。
福島民友新聞2018/10/14福島
自衛隊と米軍が自衛隊施設外で初めて実施する日米共同の実動訓練が13日、中種子町の旧種子島空港や長浜海岸北部で始まった。14日まで。旧空港を攻撃目標とする離島奪還訓練は午前5時前に始まり、長浜海岸沖の海自輸送艦おおすみから陸自水陸機動団(長崎県相浦駐屯地)のモーターボート8艇が発進。
南日本新聞2018/10/14鹿児島
直近では、韓国が行った国際観艦式で、海上自衛隊の自衛艦旗である旭日旗の掲揚を自粛するよう求められた問題があつれきを生んだ。いずれも、反日感情が根深い韓国内の世論に政治が配慮した側面があろう。内政事情を他国に振り向けるような手法は慎むべきだろう。
高知新聞2018/10/14高知
本州四国連絡高速道路会社(本四高速)と中国地方を管轄する陸上自衛隊第13旅団(広島県海田町)は14日、南海トラフ地震による瀬戸大橋損傷を想定した初の合同復旧訓練を、瀬戸中央自動車道与島第2駐車場(坂出市)で行った。
山陽新聞2018/10/14岡山
米軍普天間飛行場の辺野古移設計画について、城間氏は移設に反対する考えを明確にした。翁長氏は普天間を固定化させないよう国に働き掛ける考え。玉城デニー知事について、城間氏は支持する立場。
琉球新報2018/10/14沖縄
1月に県内で相次いだ米軍普天間飛行場所属のAH1ヘリのトラブルに関し、防衛省が安全確保策として実施するとしていた自衛官の派遣が8カ月以上実現していない。岩屋毅防衛相は12日の会見で対応を問われ「急ぐようにと私から(事務方に)指示した」と説明したが、これまで米側に拒まれうやむやにされてきた面は否めない。
琉球新報2018/10/14沖縄
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設については城間氏が「県経済自立の阻害要因でしかない新たな米軍基地の建設に反対する」との立場で、翁長氏は「(県と国とで予想される)裁判闘争の行方をしっかりと注視していく」との立場だ。
琉球新報2018/10/14沖縄
内戦と地上戦で多くの犠牲者が出たボスニアと沖縄を結び、唐津から平和のメッセージを発信する。20カ国の着物をお披露目するショーが唐津市西城内の唐津市民会館で開かれた。地元の経済界や市民の熱意で制作に至ったボスニアの着物を、同市相知町出身のモデル辻千恵さん(25)が装って登場すると、約700人から拍手が起きた。
佐賀新聞2018/10/14佐賀
佐賀空港へのオスプレイ配備計画など四つの国政課題に触れた上で「県民の意見は千差万別だが、議論をしながら団結していくきっかけにしたい」と語った。知事選を巡っては、共産党県委員会が対抗馬擁立を模索している。
佐賀新聞2018/10/14佐賀
午後6時からの花火大会に先立って、航空自衛隊の飛行デモンストレーションも行われた。また、コスプレイベントやアイドルイベントも開かれ、盛り上げた。実行委員長の福島芳人さん(41)は「2月から実行委員会を立ち上げて、準備してきた。
埼玉新聞2018/10/14埼玉
防衛省は13日、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備候補地とする萩市と阿武町にまたがる陸上自衛隊むつみ演習場で現地説明会を初めて開いた。出席した萩市民ら24人に今月中にも始める適地調査の概要などを説明した。
山口新聞2018/10/14山口
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の山口県内への配備計画で防衛省は13日、候補地の陸上自衛隊むつみ演習場(萩市)内で地元住民向けの現地説明会を始めた。住民からは地質調査時のボーリングによる地下水への影響を懸念する声が相次いだ。
中国新聞2018/10/14山口
米軍岩国基地への空母艦載機移転に伴う安心安全対策や防災力の向上などが争点。候補者33人は13日、市内各地で懸命に支持を訴え、1週間の舌戦を締めくくった。
中国新聞2018/10/14山口