2018年10月17日 辺野古、二ツ井、戊辰戦争

2018年10月17日の23件の新聞記事を観察しました。新聞各社の報道では、辺野古、づくり、県議会、二ツ井、イベント、ハンドル、与野党、コメント、旅客機、市議会、戊辰戦争、女子高、苦しみ、見通し、などの表現をみつけることができました。23件の記事へのリンクをスクラップします。
戊辰戦争(1868~69年)で秋田藩の援軍として派遣され、戦死した佐賀藩と小城藩(現在の佐賀県小城市周辺)の藩士ら8人を追悼する集いが14日、墓が残る秋田県能代市二ツ井町の清徳寺で開かれた。戊辰戦争から150年に当たる今年は住民ら約70人に加え、小城市の江里口秀次市長ら4人も参列し、墓前に手を合わせた。
秋田魁新報2018/10/17秋田
若い世代に正しい歴史が伝わっていないと感じ、二〇一三年から毎年、同志らと、太平洋戦争中に大阪大空襲で亡くなった新町遊郭の遊女らの慰霊を込め、大阪市の御霊神社周辺や下寺町で花魁道中を開いてきた。神岡での開催を企画したのは、知人の招きで昨秋初めて町を訪れ、かつて花街があったことを知ったことがきっかけ。
中日新聞2018/10/17岐阜
作品のテーマも神話、故事、風景など多岐にわたり、庶民の悩みや戦争といった時代も映し出している。精高さんは16日、福岡市出身のカメラマン南原広明さん(大阪市)と、東区の筥崎宮で絵馬の撮影を行った。百耕に詳しい専門家や出版社の協力を得ながら、来春の出版を目指している。
西日本新聞2018/10/17福岡
事故を受け、防衛省や地元自治体は米側に詳しい情報提供、原因究明、再発防止を申し入れていた。
神奈川新聞2018/10/17神奈川
また横須賀市で行われた、米軍基地内の小学校との交流事業を紹介するとともに、ディスカッションも行う。手話通訳のほか、2歳~6歳児を対象にした無料託児所も設ける。定員400人。
神奈川新聞2018/10/17神奈川
事故想定の現場では、航空自衛隊新田原基地の救難ヘリが出動し、海上の遭難者をつり上げて救助し、船で砂浜まで運ばれたけが人を、救急隊員がけがの程度に応じて治療の優先順位を決める「トリアージ」を実施するなどして、各機関が連携状況を確認した。
西日本新聞2018/10/17宮崎
「戦争はいやだ」「非核三原則の堅持」「核武装の完全放棄」と反戦反核の願いも記されている。証言の会は分析を進め、調査票をデータベース化して公開する予定。森口事務局長は「現在では想像できないような被爆者の生活苦を伝えることで、核兵器の悲惨さを強く訴えることができる」と話した。
長崎新聞2018/10/17長崎
知事選の最大の争点だった米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設問題について、玉城知事は「建白書の精神に基づき、辺野古の新基地建設に反対し、普天間飛行場の一日も早い閉鎖・返還を政府に強く求めていく」と述べた。
琉球新報2018/10/17沖縄
名護市辺野古の新基地建設や東村高江の米軍北部訓練場ヘリコプター発着場建設に対する抗議活動を巡り威力業務妨害や公務執行妨害・傷害などの罪に問われ、一審で有罪とされた沖縄平和運動センターの山城博治議長(66)ら2人の控訴審初公判が16日、福岡高裁那覇支部(大久保正道裁判長)で開かれた。
琉球新報2018/10/17沖縄
【名護】米軍普天間飛行場の移設問題を巡り、防衛省から個別補償を拒まれた名護市辺野古区では、上京して直談判する動きや、移設の是非を問う区民投票を求める案も浮上している。移設受け入れ条件の大きな柱が崩れることへの衝撃は大きく、区民からは「思わせぶりな態度で期待させてきたのか」と政府不信が渦巻く。
琉球新報2018/10/17沖縄
米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う埋め立ての是非を問う県民投票条例案を巡り、県議会米軍基地関係特別委員会が16日開かれ、県政与党と、野党の自民・中立の公明両党がそれぞれ修正案を提出した。委員会では与党側と自公側がそれぞれの修正案の提案理由を説明するにとどめ、この日予定していた採決は延期した。
琉球新報2018/10/17沖縄
【東京】防衛省沖縄防衛局は17日、名護市辺野古の新基地建設に伴う沖縄県の埋め立て承認撤回を受け、石井啓一国土交通相に対して行政不服審査法に基づく審査請求と、処分が出るまで撤回の効果を止める執行停止を申し立てた。
琉球新報2018/10/17沖縄
意見書案では「この県民投票は埋め立ての賛否のみを問うもので、米軍普天間基地移設計画の主眼である危険性の除去について県民の意志を示すものではない」などと主張。「『辺野古』県民投票の会」の請求要旨などを批判している。
沖縄タイムス2018/10/17沖縄
沖縄県議会米軍基地関係特別委員会は16日、辺野古新基地の是非を巡る県民投票条例案の採決を先送りした。野党の自民と中立の公明が投票用紙に記載する選択肢を追加した修正案を提出したためだ。自公は与野党の修正案を一本化し、全会一致での採決を目指すべきだと主張する。
琉球新報2018/10/17沖縄
延期が勧告された最大の理由は、米軍北部訓練場跡地を世界遺産登録後に対象地域に組み込もうとした手順だった。跡地がはらむ汚染問題、返還されていない基地が隣接している現実を国や県が直視しなかった姿勢にも原因があったことを、紙面で指摘した。
琉球新報2018/10/17沖縄
防衛省で記者団に対し「(同法は)できるだけ迅速に問題に答えを出すために用意されている法律だ。迅速に当面の問題を解決し、目的達成に向かって進みたい」と強調し、辺野古移設を一日も早く進める考えを示した。防衛省は同日、石井啓一国土交通相に対して行政不服審査法に基づく審査請求と、処分が出るまで撤回の効果を止める執行停止を申し立てた。
琉球新報2018/10/17沖縄
一方で、知事選で最大の争点となった米軍普天間飛行場の返還・移設問題については「建白書の精神に基づき、辺野古の新基地建設に反対し、普天間飛行場の一日も早い閉鎖・返還を政府に強く求める」という一文だけだった。
琉球新報2018/10/17沖縄
私は、安倍総理に対し、沖縄の声に真摯(しんし)に耳を傾け、安全保障の負担は全国で担うべき問題であり、民主主義の問題であるとの認識の下、早急に話し合いの場を設けていただきたいと訴えたところであり、引き続き、対話を求めてまいります。
沖縄タイムス2018/10/17沖縄
国民には「日本の安全保障のために大きな役割を果たしてきた沖縄で、辺野古新基地建設反対の圧倒的な民意が示されたにもかかわらず、その民意に対する政権の向き合い方があまりにも強権的であるという現実のあるがままを見ていただきたい」と訴えた。
沖縄タイムス2018/10/17沖縄
...水展(パレットくもじ9階・毬、~11月3日)▼或る日の私のおきなわ写真展(ライカムアンソロポロジー、~11月4日)▼モンパチ展(県立博物館・美術館、~11月5日)▼御後絵と琉球絵画(首里城公園、~11月29日)▼骨からわかる古代人の食べ物(浦添市歴史にふれる館、~11月30日)▼沖縄の日本軍慰安所と米軍の性暴力パネル展(沖縄愛楽園、~12月15日)▼戦争と人々のくらし(県平和祈念資料館、~1月31日)▼むかし沖縄戦前の資料あれこれ(県公文書館、~3月31日)。
沖縄タイムス2018/10/17沖縄
あまりにも乱暴な山口知事のオスプレイ受け入れ表明を黙って見過ごすことになる。国民、社民にも引き続き(選挙戦の)協力は要請する」と話す。
佐賀新聞2018/10/17佐賀
2020年の東京五輪・パラリンピック大会で、射撃競技が新座市と朝霞市、和光市にまたがる陸上自衛隊朝霞訓練場で開催されることを受けて、3市は今年11月号の広報紙から20年11月号までの2年間に隔月で射撃競技をモチーフに描かれている漫画「ライフル・イズ・ビューティフル」の原作者サルミアッキさんの書き下ろし4コマ漫画を掲載する。
埼玉新聞2018/10/17埼玉
陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)の地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、阿武町の花田憲彦町長は15日、防衛省が今月中に開始する適地調査に加え、さらに別の調査も求める方針を示した。
山口新聞2018/10/17山口