2018年11月12日 北大東、横須賀、ロナルド、普天間

2018年11月12日の19件の新聞記事などを分析しました。この日マスコミで報じられた内容には、県知事、歌舞伎、いっぱい、パネル、ロナルド、スポット、北大東、イベント、スタンプ、最優秀、シンポ、飛行場、お菓子、横須賀、トラブル、けれん、普天間、エンジン、東南東、という字句が使われていました。19個のコンテンツURLを記録しておきます。
太平洋戦争(1941~45年)などで命を落とした藤岡市民を悼む式典が10日、市内2カ所で開かれ、遺族らが1509柱の冥福を祈り、平和への思いを新たにした。市民ホールでは市の追悼式が開かれ、約450人が出席した。
上毛新聞2018/11/12群馬
戊辰戦争や旧会津藩士の歴史的なつながりから九州を訪問している「第19回会津若松市民親善交流推進事業」の訪問団は第2日の10日、戊辰戦争で会津藩の責任を一身に背負い自刃した同藩家老萱野権兵衛の次男で会津藩の誇りを守ろうと16歳で自刃した郡長正の墓がある福岡県みやこ町などを訪れた。
福島民友新聞2018/11/12福島
最後の質疑応答では、市民から「市内の歴史的な建造物を残す活動を進めて」「戊辰戦争や明治以降で福島の発展に貢献した先人をもっと知りたい」といった声が出ていた。
福島民友新聞2018/11/12福島
海上自衛隊横須賀地方総監部は12日、盗撮行為をしたとして横須賀基地業務隊の30代の1等海曹を停職3カ月にするなど、男性隊員2人を懲戒処分にした。総監部によると、1等海曹は4月、横須賀市内の商業施設の階段で、女性のスカート内をのぞいていたところを田浦署員に発見され、事情聴取を受けた。
神奈川新聞2018/11/12神奈川
商売繁盛の御利益がある諏訪神社(同市若松町)、日清戦争の勝利から名付けられたといわれる大勝利山の豊川稲荷(同市大滝町)など、二つの三笠の周辺にある7カ所を「パワースポット」と設定。全て巡った先着500人に、記念艦三笠のオリジナルボールペンをプレゼントする。
神奈川新聞2018/11/12神奈川
太平洋戦争で撃沈され、今も海底に眠る旧海軍の艦船や航空機などを撮り続けている水中写真家・戸村裕行さん(36)=埼玉県草加市=が、記念艦三笠(横須賀市稲岡町)で個展を開いている。世界各地に朽ちた姿で残る戦争の爪痕を60枚のパネルにして紹介。
神奈川新聞2018/11/12神奈川
映像で場面転換し、最後は府内戦紙(ぱっちん)の山車が登場する仕掛けで観客を沸かせた。けれん味たっぷりの舞台に大分市の氏久美由紀さん(47)は「友人同士で殺し合うなど、登場人物たちのつらい気持ちを想像しながら見ていたら2時間が短く思えた」と感動していた。
大分合同新聞2018/11/12大分
沖縄県うるま市内にある米軍キャンプ・マクトリアスで10月31日、ハロウィーンのイベントがあった。マクトリアス内にあるベクトル小学校の駐車場では米軍関係者らがガイコツなどハロウィーンの飾り付けをした車を並べて、「トリック・オア・トリート」と言いながら訪れた子どもたちなどに「ハッピーハロウィーン」と応じてお菓子を配った。
沖縄タイムス2018/11/12沖縄
沖縄署は11日、北谷町美浜の駐車場で、ビリヤードのキューなどで男性(25)=沖縄市=の頭や顔を殴ったとして、傷害容疑で米軍キャンプ・ハンセン所属の海兵隊上等兵の容疑者(20)を逮捕した。男性は顔面打撲などのけがを負った。
沖縄タイムス2018/11/12沖縄
同日午後、ニューヨーク大学で講演し、新基地建設反対を訴え当選した知事選の結果などを示し、新基地建設によらない米軍普天間飛行場の閉鎖、撤去を訴える。13日から15日は首都ワシントンを訪問し、国務、国防総省関係者らと面談する予定。
沖縄タイムス2018/11/12沖縄
沖縄県出身者も乗せていた嘉義丸は75年前、奄美大島沖で米軍によって撃沈された▼嘉義丸生存者の女性と負傷者を看護した女性が名護市で初めて顔を合わせた。「嘉義丸を後世に伝えたい」と二人は語った。10月27日付の記事を読み、林哲郎さん(86)が本紙に電話した▼撃沈の3年前、奄美から鹿児島行きの嘉義丸に乗り、佐多岬付近で座礁したという。
琉球新報2018/11/12沖縄
現地時間の11~12日にニューヨーク市、13~15日に首都ワシントンに滞在し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に伴う新基地建設に反対する沖縄の民意を直接訴える。米軍基地問題の解決に向けて歴代県知事が訪米行動に取り組んできた中で、米国にもルーツを持つ玉城知事は新たな視角からも米国社会への発信を狙う。
琉球新報2018/11/12沖縄
防衛省などによると、12日午前11時45分ごろ、那覇市の東南東約290キロの海上で、米海軍のFA18戦闘攻撃機1機がエンジントラブルのため墜落した。事故機は米空母ロナルド・レーガンから発艦した。搭乗員2人は緊急脱出し、正午すぎ、米軍ヘリに救助された。
琉球新報2018/11/12沖縄
...史民俗資料展示室、~12月2日)▼守れ!琉球の宝(首里城公園、~12月13日)▼沖縄の日本軍慰安所と米軍の性暴力パネル展(沖縄愛楽園、~12月15日)▼民藝と壺屋焼(壺屋焼物博物館、~12月27日)▼音で知る自然(沖縄市立郷土博物館、~1月27日)▼戦争と人々のくらし(県平和祈念資料館、~1月31日)▼琉球漆芸とJAPAN暮らしの漆器展(浦添市美術館、~2月3日)▼むかし沖縄戦前の資料あれこれ(県...
沖縄タイムス2018/11/12沖縄
防衛省などによると、12日午前11時45分ごろ、沖縄県那覇市の東南東約290キロの海上で、米海軍のFA18戦闘攻撃機1機がエンジントラブルのため墜落した。事故機は米空母ロナルド・レーガンから発艦した。搭乗員2人は緊急脱出し、午後0時すぎ、米軍ヘリに救助された。
琉球新報2018/11/12沖縄
2人は午後0時11分に米軍によって救出された。墜落したのは北大東島の南西海上で、那覇から東南東280キロの地点。防衛省によると民間の船などへの被害は確認されていない。
沖縄タイムス2018/11/12沖縄
関係者によると12日午前11時45分ごろ、那覇から東南東約150マイル(約240キロ)の沖合に米軍のF18戦闘機が墜落した。県には午後1時15分に沖縄防衛局から連絡が入った。現場は大東島周辺の海域とみられる。
琉球新報2018/11/12沖縄
2人は午後0時11分に米軍によって救出された。墜落したのは北大東島の南西海上で、那覇から東南東280キロの地点。防衛省によると民間の船などへの被害は確認されていない。
沖縄タイムス2018/11/12沖縄
怒和さんは「戦争の終わり」と題し、「私たちに平和のために今できることは、戦争について知るということ。戦争を体験した人がどんどんいなくなる今こそ、戦争について知り、平和の尊さを伝えていくことが私たちの使命です」と主張した。
山口新聞2018/11/12山口