2018年11月14日 辺野古、外務省、三奈子、名古屋、阿嘉島、茅ケ崎、治五郎、恵那峡

2018年11月14日の31件のメディアの記事などをチェックしました。スクラップしたマスコミの記事などに目を通したところ、名古屋、茅ケ崎、事務所、阿嘉島、コンテスト、辺野古、恵那峡、城下町、最優秀、治五郎、オイル、貴乃花、外務省、ステルス、きれい、イベント、フェンス、歯止め、講道館、コスト、市議会、前倒し、手りゅう弾、三奈子、シュワブ、シンポ、アフリカ、トップ、恩返し、中学生、などのキーワードをみつけることができました。31件の記事へのリンクをスクラップしました。
戦争体験者の高齢化が進む中、制定への動きを加速させたいと、今月下旬にも名古屋市議会に請願書を提出する。市などによると、名古屋は一九四二(昭和十七)年四月〜四五(同二十)年七月に計六十三回の空襲を受けた。
中日新聞2018/11/14愛知
航空自衛隊のF35A最新鋭ステルス戦闘機配備計画で、空自が2019年度に配備する6機のうち、2機を早ければ18年度中に三沢基地へ配備する方向で調整していることが13日、関係者への取材で分かった。
デーリー東北2018/11/14青森
地震体験車や陸上自衛隊の高機動車を展示し、献血(23日)も行う。五平餅や魚介類の浜焼き、恵那市のご当地グルメ・ハヤシライスなどを販売するグルメ屋台が並ぶほか、栗きんとんなど栗菓子の販売もある。常設企画では旧恵那峡ランド時代のゴンドラや写真の展示も行われている。
岐阜新聞2018/11/14岐阜
福岡県田川市で今月上旬に開かれた「TAGAWAコールマイン・フェスティバル」の会場内で、訪れた元貴乃花親方が陸上自衛隊の四輪駆動車を運転する一幕があった。陸上自衛隊西部方面総監部(熊本市)は、内規に違反しており不適切だったとして、現場にいた自衛官4人に所属長が口頭注意したことを明らかにした。
西日本新聞2018/11/14福岡
高瀬理事長が玉串をささげ「戊辰戦争で壊滅的なダメージを受けても立ち上がった先人を見習い、元気を出していこう」とあいさつした。東北経済産業局長表彰の表彰式も行われ、会津塗伝統工芸士として表彰を受けた大森弘さん(ぬりどころヒロ)に表彰状が贈られた。
福島民友新聞2018/11/14福島
戦争の激化で開催されなかったが、「日本体育の父」とも呼ばれる。来年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」は、ストックホルム五輪から64(同39)年の東京五輪開催までを中心に描く。
神戸新聞2018/11/14兵庫
不審物は陸上自衛隊桂駐屯地(京都市)が回収した。
神戸新聞2018/11/14兵庫
マリは長く内戦状態にある。外務省のホームページによると、昨年の降雨量が前年の約半分と過去十年で最低を記録し、さらにテロ組織による相次ぐ襲撃で耕作地が放棄された。農作物の収穫不足が懸念され、四百万人以上が食糧危機に直面しているという。
中日新聞2018/11/14石川
戦後、米軍の演習で砲撃の標的にされて形が変わったとされる。「観光のシンボルであると同時に、戦争の愚かさや悲惨さも説明できる。正と負を合わせた場所」と解説する。
東京新聞2018/11/14神奈川
政府は14日、米軍根岸住宅地区(横浜市中・南・磯子区)の日米共同使用について協議を始め、返還後の跡地利用に向けた環境整備を進めると明らかにした。返還の条件とされてきた池子住宅地区(横浜市金沢区・逗子市)の横浜市域での家族住宅建設は取りやめ、代わりに横須賀基地(横須賀市)などに独身下士官宿舎といった新施設を整備する。
神奈川新聞2018/11/14神奈川
都城市東町の柳田喜美子さん(81)が同市に寄贈した、西郷隆盛直筆の書「南洲書」の掛け軸の公開が、同市の都城島津伝承館で始まった。
宮崎日日新聞2018/11/14宮崎
17日は今年、話題となったゾンビ映画「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督や出演した秋山ゆずきさんら、18日には戦争と平和がテーマの「花筐(はながたみ)/HANAGATAMI」(2017年)の監督で信州上田観光大使の大林宣彦さんが登場する。
信濃毎日新聞2018/11/14長野
朝鮮戦争中に北朝鮮に連れ去られた民間人の家族や脱北者らと面会し、ソウルの戦争記念館などを見学する。初めて訪韓する家族が多いが、三奈子さんが新潟空港から韓国へ出国した記録を最後に行方不明になった経緯から、クニさんは既に10回以上も訪れた。
新潟日報2018/11/14新潟
国東市国東町の仲村俊英さん(66)は太平洋戦争直後の混乱期、シベリアに抑留された伯父弘法さん(享年24)をジョージア(旧ソ連・グルジア)の病院で亡くした。埋葬先が分からないまま70年。本紙の記事がきっかけとなり、このほど、同国を訪問。
大分合同新聞2018/11/14大分
同日午前には、米独立系メディアの報道番組「デモクラシー・ナウ」の番組収録にも臨み、番組司会でジャーナリストのエイミー・グッドマン氏と沖縄の米軍基地問題の現状を話した。玉城知事は13日にワシントンへ移動する。
琉球新報2018/11/14沖縄
【名護】米軍普天間飛行場の移設先である名護市辺野古区は13日、区普天間代替施設等対策特別委員会を同区で開いた。沖縄防衛局の伊藤晋哉企画部長や名護市の松田健司地域政策部長らも参加し、辺野古区の振興策について意見を交わした。
琉球新報2018/11/14沖縄
名護市の渡具知武豊市長は10日の岩屋毅防衛相との会談で、前名護市政の間、交付されなかった米軍再編交付金約118億円に代わる予算措置を要求した。岩屋氏は再編交付金が過去にさかのぼって交付できる制度ではないことを踏まえた上で、13日の会見で「最大限対応したい」と検討する考えを示した。
琉球新報2018/11/14沖縄
名護市辺野古の海上は14日午前も、米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設工事が進められている。沖縄防衛局は午前10時頃から、長島から辺野古崎に向けて臨時制限区域を示すオイルフェンスと浮具(フロート)の設置作業に着している。
琉球新報2018/11/14沖縄
多恵子さんも家族を戦争で亡くし、平和な世界を望んでいたはず。皆さんには平和な世界を実現してほしい」と語り掛けた。阿嘉中3年の当間大聖さん(15)は「(図書寄贈の経緯を)初めて知った。
琉球新報2018/11/14沖縄
沖縄県名護市辺野古の新基地建設で14日午前、米軍キャンプ・シュワブ沖では、オイルフェンスを設置する作業が進められた。午前10時前から約1時間にわたり、「K4護岸」に平行して約500メートルのオイルフェンスが設置された。
沖縄タイムス2018/11/14沖縄
一方、訪米中の12日に米軍のFA18戦闘攻撃機が墜落し「常に日米安保のはざまに置かれている沖縄」(玉城知事)の現実も改めて浮き彫りになった。辺野古の新基地建設が強行されている中、訪米を急いだのは、県知事選を通して米メディアに大きく取り上げられた「米軍人の父、沖縄人の母」という出自への注目度や、朝鮮半島情勢の変化という国際情勢を足掛かりに、米国で変化の波を早く起こしたいという狙いがある。
琉球新報2018/11/14沖縄
【東京】河野太郎外相は13日の衆院安全保障委員会で、ドイツやイタリアの地位協定のように日米地位協定でも基地の立ち入りなどが認められるよう米側に求めるべきだとの指摘を受け「一部を取り出して比較をすることには意味がない」との考えを示した。
琉球新報2018/11/14沖縄
外務省沖縄事務所(川村裕沖縄担当大使)は、米軍嘉手納基地内にある小学校で公立小学校教諭を対象とする英語研修会を企画し、宜野湾市、沖縄市、浦添市、嘉手納町の4教育委員会が参加することが13日までに分かった。
琉球新報2018/11/14沖縄
...祈念資料館、~28日)▼琉大資料にみる宜野座村の自然とくらし(村立博物館、~30日)▼埋文コレクション・オランダ産硬質陶器皿(県立埋蔵文化財センター、~30日)▼伊良波ゆかりの組踊「雪払」(豊見城市歴史民俗資料展示室、~12月2日)▼守れ!琉球の宝(首里城公園、~12月13日)▼沖縄の日本軍慰安所と米軍の性暴力パネル展(沖縄愛楽園、~12月15日)▼カンドラの秋(漢那ドライブイン、~12月16日)▼民藝と壺屋焼(壺屋焼物博物館、~12月27日)▼音で知る自然(沖縄市立郷土博物館、~1月27日)。
沖縄タイムス2018/11/14沖縄
【東京】米海軍のFA18戦闘攻撃機が北大東村の南西の海上に墜落した事故に関し、岩屋毅防衛相は13日の衆院安全保障委員会で、米側に同型機の飛行停止は求めず、安全確保の徹底や再発防止を求めることを説明した。
沖縄タイムス2018/11/14沖縄
この年はイラク戦争の影響も重なり、県内の1年間の旅券(パスポート)発行件数が大幅に落ち込み、ピーク時の00(同12)年の半数以下の1万4652件に。海外との交流事業の中止も相次いだ。(新元号まであと168日)。
佐賀新聞2018/11/14佐賀
戦争で亡くなった曾祖父の写真をきっかけに、先祖から脈々とつながれていく「命のリレー」に心を向けた。大会は地区内六つのライオンズクラブが加盟する「ライオンズクラブ国際協会337―C地区1R1Z」(吉原俊樹代表)が開いた。
佐賀新聞2018/11/14佐賀
浜松市西区の航空自衛隊浜松広報館「エアーパーク」は28日から、空自が保有する航空機などを対象にしたプラモデルコンテストの作品募集を開始する。今回はこれまで出品が少なかった小中学生や高校生の応募に期待し、同館で親子模型作り教室を開いた。
静岡新聞2018/11/14静岡
<俺はこの森にずっと生きて/維新も戦争で死ぬ若者達も見て来た/平成/昭和/(中略)天明/安永/明和/宝暦。永い命を俺は愉しんだ/そろそろこの場所を子孫に譲ろう> 長年ドラマの脚本に携わってきた倉本さんは、現場のスタッフと意思疎通を図るために、これから作ろうとするドラマのシーンのイメージを絵コンテに描いていた。
徳島新聞2018/11/14徳島
百五十年前、上野の山(現在の台東区)で彰義隊と新政府軍が戦い、新政府軍が勝利して明治維新につながった上野戦争。敗者の彰義隊の実像に迫るシンポジウム「彰義隊の上野戦争〜明治百五十年に考える」(東京新聞など後援)が十二月一日、文京区の東京大学安田講堂(本郷七)で開かれる。
東京新聞2018/11/14東京
「GHの取得を中止する方向で、政務、関係省庁(NSS、官邸)と調整する」防衛省整備計画局が昨年六月に作成した内部文書。GHとは当時、米国から輸入を検討していた無人偵察機グローバルホークを、NSSとは国家安全保障局を指す。
東京新聞2018/11/14東京