2018年12月11日 宜野湾、辺野古、渡嘉敷、ウルマ、神町駐屯地、新発田、宮古島

2018年12月11日の33件のメディア記事を解析しました。収集した新聞各社の報道を読むと、神町駐屯地、イベント、市議会、ウルマ、渡嘉敷、取り決め、バイオレット、新発田、宮古島、炊き出し、宜野湾、たばこ、辺野古、西陣織、図書館、売り切れ、小千谷、などのコトバが散見されました。33件の記事へのリンクをスクラップします。
秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備候補地となっている迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)について、穂積志市長は10日、「選挙のテーマになる」と述べ、来年4月の秋田県議選や市議選、来夏の参院選の争点になるとの考えを明らかにした。
秋田魁新報2018/12/11秋田
このほか、井伏が太平洋戦争で陸軍に徴用されてシンガポールに滞在した際に記した未公開の日記など17点も収蔵。覚書とともに常設展示室で公開する。特別展「井伏鱒二の瀬戸内海」も同時開催され、展示期間はともに来年3月3日まで。
山陽新聞2018/12/11広島
【千歳】2019年度から運用される新しい政府専用機(ボーイング777―300ER)の2機目が11日午前、千歳市の航空自衛隊千歳基地に到着した。運用開始に向け、機体整備や運航訓練が行われる。同機は内装工事をしていたスイスを10日に出発。
北海道新聞2018/12/11北海道
11月19日に陸上自衛隊丘珠駐屯地(札幌市東区)所属の多用途ヘリコプターUH1Jから同駐屯地周辺を飛行中に、ワイパーブレード1本が落下した問題で、同駐屯地は11日、接続部品が外れた可能性があると発表した。
北海道新聞2018/12/11北海道
特定秘密保護法に約64時間、集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法に約202時間、内心の自由との兼ね合いが議論を呼んだ改正組織犯罪処罰法に55時間半など、過去の重要法案と比べても異例の短さだ。外国人労働者の受け入れ拡大は、日本社会の様相を一変させる可能性がある。
岩手日報2018/12/11岩手
池子の森を守るため国・米軍と交渉。子育て支援・教育の充実。東逗子駅前整備等による活性化で逗子の魅力を高め人口増加。
東京新聞2018/12/11神奈川
元県警刑事部長の小賦(おぶ)義一さん(77)=諫早市在住=は太平洋戦争が始まった1941年、福岡県・糸島半島で生まれた。終戦から復興へ向かう混乱期に警察官として歩み始め、「エンプラ闘争」も経験した。73年間も戦争がない日本が平和であることには違いないが、命が犠牲になる事件は尽きない。
西日本新聞2018/12/11長崎
150年前の戊辰戦争で、長岡藩軍事総督として戦った河井継之助を描いた小説「峠」は映画化され、公開へ準備が進む。改修を行った同市は今後、見学客が増えることを期待している。文学碑は信濃川に架かる「越の大橋」西詰めにある。
新潟日報2018/12/11新潟
戊辰戦争から150年となる節目に合わせ、新発田藩の歴史を市民に知ってもらおうと企画した。幕末の資料は、新発田藩の10代藩主溝口直諒(なおあき)が尊王思想や異国への対処法を説いた「報国説」や、黒船来航時の瓦版、新発田藩士が写した幕末の世界地図が並ぶ。
新潟日報2018/12/11新潟
そばには垂直離着陸型のオスプレイが並ぶ。大分県での日米共同訓練で使用される米軍輸送機だ。沖縄県宜野湾市にある米軍普天間飛行場は住宅地の中にあり、「世界一危険な飛行場」と呼ばれる。
大分合同新聞2018/12/11大分
沖縄県宜野湾市の住宅地にある緑ケ丘保育園のベランダでは、上空をせわしなく通過する輸送機オスプレイなどの米軍機を保護者らがスマートフォンで撮影していた。同園はオスプレイ24機など計58機が常駐する米軍普天間飛行場から約300メートルの距離にある。
大分合同新聞2018/12/11大分
三井E&S造船(東京)は、海上自衛隊向けの護衛艦1隻を三菱重工業(同)から受注した。三菱重工の基本設計に基づいて玉野艦船工場(玉野市玉)で建造し、2022年3月に引き渡す予定。官公庁向けの艦船建造で、三菱重工が受注した新艦船を三井E&Sが建造するのは初めて。
山陽新聞2018/12/11岡山
知事は12日に上京する予定で、13日に首相官邸と防衛省を訪れる方向で調整している。岩屋氏は「調整がつけば、ぜひお目にかかりたい」と会談に前向きな姿勢を示した。その上で、「普天間基地の危険性を除去し、最終的に返還を実現するというのが原点。
沖縄タイムス2018/12/11沖縄
【読谷】米軍嘉手納基地所属の空軍兵が拳銃を所持したまま基地の外に脱走し、行方不明になっていた事件について、読谷村議会(伊波篤議長)は11日に開会した12月定例会本会議で、事件に抗議し、原因の究明と結果を公表することなどを求める意見書と抗議決議を全会一致で可決した。
琉球新報2018/12/11沖縄
航空自衛隊那覇基地が、沖縄県渡嘉敷村の前島での訓練実施に関し「永久承諾」の取り決めがあるとして、村に通知しないまま訓練を実施していたことが10日までに分かった。一方、村は「永久承諾」について確認しておらず、関連する文書も見つかっていないとしている。
沖縄タイムス2018/12/11沖縄
【渡嘉敷】沖縄県渡嘉敷村の前島で航空自衛隊那覇基地が「永久承諾」とする取り決めによる訓練を実施していることを受けて、渡嘉敷村は10日までに、前島で行っている全ての訓練を自粛するよう空自那覇基地に要請した。
琉球新報2018/12/11沖縄
日米地位協定が規定する在日米軍人・軍属とその家族が乗る私有車両(Yナンバー)への課税軽減措置について、沖縄が日本復帰した1972年度から2017年度までの46年間で、民間車両並みに課税した場合との差額が累計で278億994万円となることが分かった。
琉球新報2018/12/11沖縄
沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、玉城デニー知事が12日に上京し13日に首相官邸、防衛省を訪ねる方向で調整していることが10日、分かった。政府が海域の一部に初めて埋め立て土砂投入を予定している14日の前に、工事中止など新基地建設反対の考えをあらためて示す考え。
沖縄タイムス2018/12/11沖縄
6日午後3時35分ごろ、米軍から県警に「空軍兵1人が行方不明となり、拳銃を所持している疑いがある」との通報があった。約2時間後の午後5時45分ごろ、米軍憲兵隊が読谷村内で車に乗っていた兵士を発見し逮捕した。
琉球新報2018/12/11沖縄
【宮古島】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の埋め立ての賛否を問う県民投票について、宮古島市議会の総務財政委員会(山里雅彦委員長)は10日、実施の事務費用として市が提案した予算案を賛成少数で否決した。
琉球新報2018/12/11沖縄
米軍統治時代の1956年に、琉球煙草が販売開始し、本土復帰の72年5月15日に日本専売公社が販売を引き継ぎ、現在は日本たばこ産業(JT)が販売。店頭での在庫が売り切れ次第、販売終了となる。復帰前の沖縄には、たばこ会社「琉球煙草」「オリエンタル煙草」「沖縄煙草」があり、琉球煙草は「バイオレット」「ウルマ」、オリエンタル煙草は「ハイトーン」などの銘柄を製造していた。
沖縄タイムス2018/12/11沖縄
9日夜にフジテレビ系列で全国放送された番組「THE MANZAI 2018」で、お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さん、中川パラダイスさんが名護市辺野古の米軍基地建設や石垣市の自衛隊基地建設、LGBT(性的少数者)、朝鮮学校など、少数者の声に無関心な社会状況への風刺を交えた漫才を披露した。
琉球新報2018/12/11沖縄
【読谷】米軍嘉手納基地所属の空軍兵が基地内から拳銃を持ち脱走し、読谷村宇座の民間住宅地付近で米軍に逮捕された事件で、読谷村議会(伊波篤議長)は12月定例会開会初日の11日午前、抗議決議案と意見書案を全会一致で可決した。
沖縄タイムス2018/12/11沖縄
...(県立埋蔵文化財センター、~27日)▼「麻の衣忠兵衛」冬衣展(カフェユニゾン、~1月7日)▼オキゲイマンチャー展(ホテルムーンビーチ、~1月20日)▼縄文と沖縄-火焔型土器のシンボリズムとヒスイの道(県立博物館・美術館、~1月20日)▼アトリエミーコキルト展(パレットくもじ9階・毬、~1月26日)▼戦争と人々のくらし(県平和祈念資料館、~1月31日)▼エイサーイベントポスター展(エイサー会館、~1月31日)▼命どぅ宝「沖縄戦の図」展(佐喜眞美術館、~2月3日)▼タイラジュンとの二人展「私≠妻写真」(平敷兼七ギャラリー、~2月24日)。
沖縄タイムス2018/12/11沖縄
立民は政党や会派との合流を拒否し、個別議員の会派入りに際し(1)「原発ゼロ基本法」の制定(2)米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設反対(3)来年10月の消費税増税反対など、政策の一致を条件に掲げていた。
佐賀新聞2018/12/11佐賀
武雄市と秋田市の交流は戊辰戦争(1868~69年)がきっかけ。秋田藩の援軍として出征した佐賀藩士の中に武雄の兵士が含まれ、戦死した14人の墓が秋田に残っていたことで、1986(昭和61)年から慰霊の交流が始まった。
佐賀新聞2018/12/11佐賀
JAグループ佐賀の政治団体・県農政協議会が早々に推薦を打ち出した一方、県有明海漁協は、自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画を巡って意見がまとまらず、今回は自主投票で臨む。ただ、農協内にも計画を不安視する声があり、漁協の一部支所は配備計画と切り離して現職を独自に推薦するなど、単純化できない構図がある。
佐賀新聞2018/12/11佐賀
最優秀選手賞は松江の8区村岡、優秀選手賞は浜田の3区尾林大河(陸上自衛隊米子)が受賞した。中高校生対象のホープ賞には浜田の多原大和(浜田四中)ら4人が選ばれた。浜田市、益田市、一般財団法人島根陸上競技協会、山陰中央新報社が主催。
山陰中央新報2018/12/11島根
内戦下の国や難民キャンプにカメラを向け、困難な状況で懸命に生き抜こうとする人々の姿を活写。人間の強さが作品を見る人の心を揺さぶり、平穏な暮らしの尊さを問い掛ける。長倉さんは北海道釧路市出身。
山形新聞2018/12/11山形
戊辰戦争で城下が焼失し、その後再興と衰退を繰り返し昭和初期に途絶えた。1985年、主婦らが集まり新庄亀綾織伝承協会が設立された。
河北新報2018/12/11山形
陸上自衛隊第6師団(司令部・東根市神町駐屯地)は11日、同駐屯地で野外炊事の部隊対抗競技会を初めて開き、管轄する山形、宮城、福島の各県から参加した隊員が野外炊具を用いて手際良く調理し、炊き出しの技術を競い合った。
山形新聞2018/12/11山形
米軍岩国基地(岩国市)の海兵隊所属のKC130空中給油機とFA18ホーネット戦闘攻撃機が高知県沖で墜落した事故について、海兵隊や海軍の航空機事故を調査する米海軍安全センターは「2機が空中給油の任務中に衝突した」と明らかにした。
中国新聞2018/12/11山口
米軍岩国基地(岩国市)所属の海兵隊機2機の墜落事故を受け、山口県は10日の県議会総務企画委員会で、米側の飛行停止について「自主的に判断するべき」として要請しない考えをあらためて示した。
中国新聞2018/12/11山口