2018年12月15日 辺野古、普天間、神町駐屯地、上河内、宇都宮、横須賀、東北道

2018年12月15日の17件の新聞記事などを確認しました。収集した新聞各社の報道を読むと、ベルト、神町駐屯地、ダイコン、普天間、東北道、宇都宮、づくり、考古学、上河内、横須賀、手続き、辺野古、たたら、埋め立て、などなどの言葉が目に止まりました。17件の記事へのリンクをスクラップしておきますね。
【千歳】岩屋毅防衛相は14日、大臣就任後初めて航空自衛隊千歳基地を視察した。約800人の隊員を前に訓示し、安全保障環境について「想定よりも格段に速いスピードで厳しさと不確実性が増している」と強調。北朝鮮の弾道ミサイルや中国の軍事力強化、ロシアの活発化する軍事活動を挙げ、「北の守りの要として、対領空侵犯措置の厳正な実施や隙のない防空体制の維持を」と激励した。
北海道新聞2018/12/15北海道
江戸時代に整えられ、戦前には炭鉱王の別邸となり、終戦直後は米軍将校クラブとして利用されてきた松林の地。時代の変遷を見守り続け、今は病と向き合う患者を包み込んでいる。福間病院には3万坪の敷地を囲むように約850本の松がある。
西日本新聞2018/12/15福岡
これまでに勾玉(まがたま)づくりや古代火おこし、銅鏡づくりなどの体験会、地元の戦争をテーマにした企画展なども開いてきたが、新たな企画案も出てきた。■ブラタモリ?町内には洪水が起きやすい地域、それを示す地名も残っている。
西日本新聞2018/12/15福岡
さらに陸上自衛隊郡山駐屯地から最寄りのICとなっているため、災害時の物資輸送や人的支援など円滑な活動への役割が期待される。開通時期が早まったことを受け、品川萬里市長は「都市機能の向上や県全体の復興・発展に貢献するものと期待している」とのコメントを出した。
福島民友新聞2018/12/15福島
男性は「戦争で兵隊に行くまでは確かにあった」と証言し、別の住民によると戦後まで続いていたようだ。旧奥銀谷小学校(同町奥銀谷)から山道を約20分登ったところにある内山寺(1954年に廃寺)でも、池の中に弁財天を祭る小さな島があり、昔は檀家たちが造り物を据えたという。
神戸新聞2018/12/15兵庫
米軍関係者も参加。飲酒運転を「大根絶」するため、三浦産のダイコン約600本を配った。毎年恒例のキャンペーンには、署員や横須賀交通安全協会のメンバーら約60人が参加。
神奈川新聞2018/12/15神奈川
【東京】名護市辺野古の新基地建設を巡り、岩屋毅防衛相は14日の閣議後会見で、早ければ2022年度とされる米軍普天間飛行場の返還について実現は困難との認識を示した。沖縄県の埋め立て承認撤回などで手続きに遅れが生じたとして「目標の達成はなかなか難しい」と説明した。
琉球新報2018/12/15沖縄
初めての土砂投入作業が終わり、夕暮れの米軍キャンプ・シュワブ沖(沖縄県名護市)。工事車両は小型トラック数台が動いているだけで抗議船やカヌーはいない。静かな海上に、色とりどりの風船がたなびいていた。
沖縄タイムス2018/12/15沖縄
【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は15日午前、14日に続いて埋め立て予定区域に土砂を投入した。午前11時には玉城デニー知事がゲート前を訪れる予定だ。
琉球新報2018/12/15沖縄
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設に向け、沖縄防衛局は14日午前11時、米軍キャンプ・シュワブがある辺野古崎南側の埋め立て予定区域に土砂を投入した。玉城デニー知事は埋め立て事業の手続きに違法性があるとして12日に防衛局に行政指導していたが、国は沖縄県の工事中止の求めには応じず、事前に通知していた14日の土砂投入を強行した。
琉球新報2018/12/15沖縄
米軍キャンプ・シュワブは身近な存在。基地を危ないと思ったことはなく、移設を賛否で言うなら「賛成の方が強い」。でも、県民の民意が反対で、実現できるとしたら、建設しない方がいいとも思う。
沖縄タイムス2018/12/15沖縄
宇都宮は戊辰戦争の舞台となり、戦時中は宇都宮空襲にも遭ったことから、江戸時代の古文書が少なく、貴重な資料という。来年1月27日まで。(原田拓哉)日記は、宇都宮藩士保田織之輔(おりのすけ)が残し、宇都宮市に住む子孫が保存していた。
東京新聞2018/12/15栃木
政府は十四日、米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先、名護市辺野古(へのこ)沿岸部で土砂投入を始めた。埋め立てが本格化し、原状回復は困難になった。辺野古移設に反対する県は反発。
東京新聞2018/12/15東京
政府が十四日、沖縄県名護市辺野古の沿岸に土砂を投入した米軍普天間飛行場の移設問題。「民意を踏みにじるな」「沖縄に寄り添え」−。後戻りできない重大な局面を迎え、移設に反対する富山県民からも怒りの声が上がり、抗議集会が開かれた。
中日新聞2018/12/15富山
陸上自衛隊神町駐屯地(東根市)は14日、現金を盗んだ第6施設大隊に所属する男性3等陸曹(27)を停職60日、扶養手当を不正受給した第20普通科連隊の男性2等陸曹(37)を減給30分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。
山形新聞2018/12/15山形
米海兵隊機2機が高知県沖で接触、墜落した事故で、2機が所属する米軍岩国基地(岩国市)は14日、死亡したKC130空中給油機の乗員5人の追悼飛行をした。
中国新聞2018/12/15山口
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の山口県内への配備計画で防衛省は14日、候補地の陸上自衛隊むつみ演習場(萩市)で地元住民向けの現地説明会を開いた。ボーリングの調査方法などを報告したのに対し、住民からは地下水への影響を懸念する声が上がった。
中国新聞2018/12/15山口