2019年1月3日 宜野湾、市役所前、辺野古、馬毛島、普天間

2019年1月3日の12件のマスコミ報道などを収集しました。この日に見つかった報道の言葉は、過半数、普天間、宜野湾、馬毛島、年度内、ハンスト、オスプレイ、辺野古、市役所前、大本営、といった語句が記事にありました。12の記事へのリンクを参考までに書いておきました。
「私の中では、戊辰戦争は終わっていません」。四月に米寿を迎える。曽祖父から聞いた戦禍を記憶にとどめる。
福島民報2019/1/3福島
参拝者からは戦争のない平和な時代に感謝する声や、相次いだ災害に心を痛める声、新時代に夢を託す声などが聞かれた。 「平成は戦争のない恵まれた時代」。旧満州(中国東北部)で生まれた岡田吉平さん(77)=金沢市=は尾山神社(金沢市)で感慨を込めた。
北國新聞2019/1/3石川
米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)の移転候補地となっている西之表市の馬毛島について、政府と馬毛島の大半を所有するタストン・エアポート(東京)の売買交渉が、2018年度内にも合意する見通しとなった。
南日本新聞2019/1/3鹿児島
前回は安全保障関連法への反発を受け、国政野党の候補が上位当選した。最大会派の自民党(21人)は前回選挙後、自民系2会派が合流して結成。政権とのつながりを生かし議席増を狙う。
河北新報2019/1/3宮城
安全保障関連法の成立後だった前回、自民は公認候補の当選者数を前々回より1減らした。県連幹部は警戒感を示し、「まずは現有議席を確保したい」と慎重に構える。公認候補の選定作業は2月以降に本格化する見込みだ。
河北新報2019/1/3宮城
太平洋戦争末期に松代大本営地下壕(ごう)の建設工事があった長野市松代地区で、当時の清野村(現長野市松代町清野)に住んでいた朝鮮人の戸籍情報を克明に記した手帳6冊が見つかった。計166人の名前と出身地、職業や以前の日本国内の住所を記載。
信濃毎日新聞2019/1/3長野
米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向け政府は先月、埋め立て土砂の投入を始めた。今年はその埋め立ての是非を問う県民投票が2月24日に実施される。移設先の名護市を含む衆院沖縄3区の補欠選挙は4月21日、参院選は夏に投開票される。
琉球新報2019/1/3沖縄
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、新基地建設に反対する市民は1日早朝、辺野古の浜に集まり、「初興(はちうく)し」(主催・ヘリ基地反対協議会)を行った。市民316人は初日の出に向かって新基地建設反対の意思を新たにした。
琉球新報2019/1/3沖縄
ほかに、今年2月が期限となる米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止を求め、辺野古の土砂投入に抗議する。3日まで10人ほどが交代しながら24時間体制で座り込む。呼び掛けた四つの市民団体の一つ、「わんから市民の会」共同代表の赤嶺和伸さん(64)は2日、「県民投票は一人一人が意思表示する大切な機会であり実現してほしい。
沖縄タイムス2019/1/3沖縄
【宜野湾】米軍普天間飛行場の5年以内運用停止の順守や県民投票の実施などを求める市民の有志らが12月31日午後3時、宜野湾市役所前の広場でハンガーストライキを開始した。1月3日午後3時までの72時間、食事をせずに水分と塩分だけをとり、座り込む。
琉球新報2019/1/3沖縄
自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画は2018年8月、山口祥義知事が受け入れを表明。
佐賀新聞2019/1/3佐賀
大会を支援する陸上自衛隊第15即応機動連隊、日本赤十字社徳島県支部、徳島県警交通機動隊には感謝状が贈られた。主催者を代表して卯木英司大会長(徳島陸協会長)が、今回から関連イベントとして行われる小学生駅伝に関し「小学生の皆さんには持久力を身に付ける一つのチャンスとして楽しんでもらいたい」と激励。
徳島新聞2019/1/3徳島