2019年1月15日 十和田湖、嘉手納、普天間、辺野古、シリア、泰一郎、石垣島

2019年1月15日の20件のメディアの記事をチェックしました。この日マスコミで報じられた内容には、シリア、宜野湾、第一歩、辺野古、トイレ、石垣島、大学院、十和田湖、メディア、嘉手納、泰一郎、普天間、レスリング、イベント、などなどの語句が目に止まりました。20の記事へのリンクを参考までに書いておきます。
佐竹敬久・秋田県知事は15日の定例会見で、防衛省が迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)の配備候補地である秋田市の陸上自衛隊新屋演習場で行っている適地調査の結果について、独自に検。
秋田魁新報2019/1/15秋田
海上自衛隊大湊地方総監部によると、同容疑者は海上自衛隊大湊病院の歯科技工師で2等海曹。
東奥日報2019/1/15青森
14日午後1時20分ごろ、米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が青森空港(青森市)に緊急着陸した。機材に何らかのトラブルが発生したという。乗っていたのはパイロット1人で、けが人はなかった。
河北新報2019/1/15青森
陸上自衛隊八戸駐屯地所属の隊員が33人態勢で制作に当たる。
東奥日報2019/1/15青森
【千歳】陸上自衛隊第7師団(千歳)は15日、第7後方支援連隊の男性1等陸尉(42)が部下の規律違反を上司に報告しなかったとして、同日付で減給30分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。同師団によると、1等陸尉は2017年9月、部下から規律違反の報告を受けたが、口頭指導にとどめて上司に報告しなかった。
北海道新聞2019/1/15北海道
14日の外相会談を踏まえ、ロシア側が「大戦の結果」と主張する北方四島の歴史認識や、日米安全保障条約が日ロ関係に与える影響などについて議論した。22日にモスクワで開く首脳会談への調整も進めた。両氏の会談は、昨年12月に特別代表に指名されて以降では初めて。
北海道新聞2019/1/15北海道
林文子市長は「戦争や震災など多くの苦難を乗り越え、先輩がこの横浜をつくった。今度は皆さんの出番。一緒にこの都市をもっと花開かせましょう」と呼び掛けた。
東京新聞2019/1/15神奈川
若い頃に直面した戦争がその根源にあったことは間違いない。自分は生き延びたという後ろめたさがあり、死に対する不安を人間の本質と捉えたハイデッガーの哲学に引かれたという。「自国にしか通じない日本主義では駄目だ」とも語っている。
京都新聞2019/1/15京都
梅原さんは、戦争反対の姿勢を貫いた哲学者だった。故小田実さんや故井上ひさしさんらと共に市民団体「九条の会」設立の呼び掛け人に名を連ね、人類の理想として憲法9条の意義を訴えた。16歳の時に太平洋戦争が始まり、常に死を意識せざるを得ない青春時代を過ごした。
河北新報2019/1/15宮城
少年時代は文学に傾倒したが、太平洋戦争で多くの人が死ぬのを目にして、哲学へと興味の対象を移す。京都大での卒業論文のテーマは「時」。あまりに独創的な内容に、指導教授が下した評価は「心境小説」だった。
河北新報2019/1/15宮城
「神を想定しない社会は傲慢(ごうまん)になり、人間中心の考えだけでは戦争などの過ちを起こし、滅びていく」。神とは何か。牧師としてともに生きる人たちと考えたい。
長崎新聞2019/1/15長崎
戦争などによって20歳の節目を十分に祝えなかった世代...。
新潟日報2019/1/15新潟
日露戦争(1904~05年)に従軍し、最大の激戦地「二〇三高地」で食糧や武器の輸送などを担った島根県出身の陸軍歩兵中佐=戦争時は少佐=の儀礼用軍服が、笠岡市在住の孫から福山市人権平和資料館(同市丸之内)に贈られた。
山陽新聞2019/1/15岡山
米軍機のごう音が、室内に響き渡った。「毎日この爆音に悩まされ、事故の危険におびえて生活している。県民投票で意思表示をしたい」。
琉球新報2019/1/15沖縄
防衛省は昨年8月に土砂投入の前に必要な県赤土等流出防止条例の形式審査の書類を県に提出。昨年中にも埋め立てに着手するとみられていたが、県の埋め立て承認撤回などで作業が一時中断するなど、先送りされていた。すでに県の形式審査は終えており、工事着手時期を明記した通知は、45日前までに提出しなければならない。
沖縄タイムス2019/1/15沖縄
このため後続のF15戦闘機1機が着陸できなくなり、同日午前11時ごろ、米軍普天間飛行場にダイバート(目的地変更)して着陸するのが確認された。嘉手納基地の北側滑走路の工事は8日に始まり、米軍第18航空団などによると6月ごろまで閉鎖される見込み。
沖縄タイムス2019/1/15沖縄
爆弾が闇物資として横行するなど、戦争の爪跡が残る混沌(こんとん)の時代。家族を養うためだったが、逮捕を機に生活は一変した。保釈金を賄うため、父は遠洋漁業へ、母は三つの仕事を掛け持ち、自らも高校時代はエプロンを巻いて魚市場に立った。
沖縄タイムス2019/1/15沖縄
...「沖縄戦の図」展(佐喜眞美術館、~2月3日)▼新海誠展(県立博物館・美術館、~2月3日)▼リトルイーグル冬衣展(カフェユニゾン、~2月4日)▼沖縄を知るための10冊パネル展(県立図書館、~2月11日)▼タイラジュンとの二人展(平敷兼七ギャラリー、~2月24日)▼根付動物園(こどもの国、~3月3日)▼米軍記録写真が切り取った「沖縄の人びとの(破壊された)生活風景」そのかけらを探して(県平和祈念資料館、~3月6日)▼琉大資料にみる宜野座村の自然とくらし(琉大図書館、~3月11日)▼戦争体験を未来につなぐ(ひめゆり平和祈念資料館、~3月31日)。
沖縄タイムス2019/1/15沖縄
シリア内戦で戦闘経験がある二人をガイドに雇い、準備は万全のはずだった。しかし、教会入り口はいつの間にか八人の武装集団にふさがれていた。「どこのスパイだ」。
東京新聞2019/1/15東京
酒田市出身で、シドニー五輪に出場した元木康年さん(49)=海上自衛隊横須賀教育隊=が実技指導などを行った。同教室と米沢レスリングクラブ(米沢市、今野隆三代表)の生徒、指導者ら約30人が参加した。元木さんは実戦での動きを取り入れた準備運動、投げ技や寝技のポイントを紹介。
山形新聞2019/1/15山形