2019年1月20日 横須賀、ジャン、観音崎、木更津、オスプレイ、普天間

2019年1月20日の13件のメディア記事などを分析しました。可能な限りみたところ、まつり、観音崎、飛行場、オスプレイ、普天間、木更津、横須賀、ジャン、などなどの文字が目に止まりました。13の記事へのリンクを参考までに書いておきました。
政府が秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備を目指す迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)を巡り、秋田市議会が配備撤回の決議を求めた請願を継続審査としたことを受け、新屋演習場近くの1。
秋田魁新報2019/1/20秋田
太平洋戦争中に東山動物園の飼育員が二頭のゾウを餓死の危機から救った話を描いた絵本「ぞうれっしゃがやってきた」を題材にした舞台。今後、他の出演者を市内で募る。二月三日には、同市の星雲会館で、絵本の作者や舞台の企画者、舞台を撮影したドキュメンタリー映画の監督も集まり、絵本朗読や上映会などがある。
中日新聞2019/1/20岐阜
陸上自衛隊員やボランティアが大雪像を作り上げていく様子を、間近でじっくり見学した。雪まつりに愛着を持ってもらおうと、市が2012年から開催。この日は8丁目から順に、4会場を巡った。
北海道新聞2019/1/20北海道
そして、時代が移り、幕末の戊辰戦争の際には、磐城平城に奥羽越列藩同盟の拠点が置かれ、磐城平藩や泉藩、湯長谷[ゆながや]藩、仙台藩、相馬藩、米沢藩などが新政府軍と戦った。しかし、慶応四(一八六八)年七月十三日の深夜、十六時間に及ぶ激戦の末、磐城平城は落城した。
福島民報2019/1/20福島
三浦半島の戦争遺跡を撮り続けている写真家のストラーン久美子さんから「光を意識して」などの助言を受け、砲座の残骸の上に立ったり座ったりしながら互いを撮り合った。この日の写真は、参加者がSNSで「スカジャン」などのハッシュタグ(検索目印)を付けて投稿する。
東京新聞2019/1/20神奈川
同基地所属の米軍空母艦載機が昨年3月、山口県岩国市の岩国基地に移駐を完了した大きな節目を迎え、移駐に至るまでの経緯や今後の課題について専門家が解説した。講師を務めたのは座間市出身で愛媛大学准教授の朝井志歩さん。
神奈川新聞2019/1/20神奈川
横須賀市内の戦争遺跡を学ぶイベントが19日、開かれた。若い世代を中心に約40人が参加。地元発祥のファッションアイテム「スカジャン」を着用したり、写真家から教わったこつを生かして撮影会を行ったりと、楽しさも加えた。
神奈川新聞2019/1/20神奈川
沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)を名護市辺野古に移設することの賛否を問う県民投票が、全県で実施できない状況に陥っている。全41市町村のうち、宜野湾市など5市が不参加の方針を決めたためだ。5市の各市議会が関連予算案を否決するなどして反対した。
高知新聞2019/1/20高知
「戦争が始まるのか」。大砲の音に住民はおびえ、近隣に家財を避難させる者もいた。榎本らの勢力がもし石巻で新政府軍と衝突したら−。
河北新報2019/1/20宮城
◎呪われた戊辰戦争星亮一著「勝てば官軍」の言葉が示すように、結果が全て、理非を論じるより軍事優先、それが戊辰戦争であった。とりわけ京都守護職の重責を担い、押しつぶされたのが会津藩だ。犠牲者の鎮魂と歴史の検証は、いまだにきちんと行われていない。
河北新報2019/1/20宮城
大学入試センター試験初日の19日、沖縄県の米軍嘉手納基地や普天間飛行場では、岩国基地(山口県)所属のFA18戦闘機が離着陸訓練を実施した。センター試験会場の沖縄国際大学が隣接する普天間飛行場では国語の試験中の午後2時ごろ、少なくとも3機離陸したとみられる。
沖縄タイムス2019/1/20沖縄
米軍が、輸送機オスプレイの新たな定期整備拠点づくりを検討していることが19日、分かった。国内の整備拠点である千葉県の陸上自衛隊木更津駐屯地と同程度の機能を想定している。木更津駐屯地は防衛省が日米によ。
佐賀新聞2019/1/20佐賀
政府が萩市と阿武町にまたがる陸上自衛隊むつみ演習場に配備を計画する地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について考える講演会が19日、山口市神田町のかんぽの宿湯田であった。共産党県委員会などでつくる「みんなの県政をつくる会」(藤永佳久代表)の主催で、会員ら約40人が参加。
山口新聞2019/1/20山口