2019年1月29日 宜野湾、大浦湾、辺野古、宜野座、自民党、十和田湖、緑ヶ丘

2019年1月29日の21件の報道各社の記事などを精査しました。ザッピングしたところ、急ピッチ、先行き、保育園、道のり、十和田湖、ミカン、まつり、大浦湾、浮き彫り、宜野湾、市議会、県議会、緑ヶ丘、辺野古、見直し、はがき、子ども、不透明、どちら、自民党、宜野座、というキーワードが使われていました。21件の記事URLは以下の通りです。
秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備候補地となっている迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、東北防衛局の伊藤茂樹局長は28日、市役所に穂積志市長を訪ね、実際にレーダーを使った電波影響調査を2月下旬にも実施すると説明した。
河北新報2019/1/29秋田
青森県十和田市の十和田湖畔休屋地区で2月1日に開幕する「十和田湖冬物語」を間近に控え、小山田久市長らが28日、メイン会場の雪像制作に当たる陸上自衛隊八戸駐屯地の隊員を激励した。この日、地元の十和田湖小学校(工藤規正校長)児童4人らのスノーランプ作りもあり、観光客出迎えの準備が進んでいる。
東奥日報2019/1/29青森
さらに同年9月の伊勢湾台風で甚大な被害を受けた中部地方に、旭川の陸上自衛隊が派遣されて災害復興にあたった際、隊員が名古屋城を見て感激したことが影響したとも言われている。ちなみに第1回の名古屋城の大きさの記録はないがサブ雪像で登場した第50回は高さ12メートルだった。
北海道新聞2019/1/29北海道
<朝河は41年、日米開戦を回避しようと、フランクリン・ルーズベルト米大統領から昭和天皇への親書の草案を作成した><裏切られた主張>日露戦争の際、朝河は著書「日露衝突」(04年)でロシアの植民地拡大の野心を批判。
河北新報2019/1/29福島
海上自衛隊横須賀地方総監部は29日、倉庫に保管していた官製はがきや郵便切手を転売したとして、同総監部の40代の男性1等海曹を同日付で懲戒免職処分にした、と発表した。同総監部によると、昨年6月から8月にかけ、いずれも未使用の、官製はがき4千枚と郵便切手400枚(計約28万円相当)を複数回盗み、横須賀市内の金券ショップで換金した、としている。
神奈川新聞2019/1/29神奈川
米中ロとの関係をはじめ外交や安全保障など審議すべきテーマは重く、幅広い。今国会の論戦が野党勢にとっても、国会後に控える参院選の行方に影響するのは間違いない。
高知新聞2019/1/29高知
集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法は憲法違反として、県内の被爆者や元海上自衛官ら211人が国に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が28日、長崎地裁(武田瑞佳裁判長)であった。原告側は、これまで国側が「漠然とした不安感を抱いたという域を超えるものではない」と主張してきたことに反論。
長崎新聞2019/1/29長崎
【辺野古問題取材班】沖縄防衛局が28日、新基地建設で新たな護岸「N4護岸」の造成に着手したことについて、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議する市民から「県民の意思に寄り添っていない」「県民投票を前にして、県民をばかにしているのか」など怒りの声が上がった。
琉球新報2019/1/29沖縄
議員総会終了後、記者団の取材に応じた島袋大幹事長は「まだ説明が足りない部分もあるので、29日の米軍基地関係特別委員会も含めて議論したいと思っている。委員会の議論を踏まえてしっかりと自民党としての結論を出す。
琉球新報2019/1/29沖縄
自民は29日午前中も議員総会を開いて対応を協議したがまとまっておらず、議案を審査する米軍基地関係特別委員会の開会を遅らせ、話し合いを続けている。県連幹部は、退席した上で全会一致を目指す方向で調整を進めているが、先行きは不透明だ。
沖縄タイムス2019/1/29沖縄
在沖縄米軍の水陸両用車15台が28日、沖縄県宜野座村松田の潟原海岸から国道329号を横断して米軍キャンプ・ハンセン内に入った。横断する際、米兵は国道を走る一般車両を一時停止させた。村民からは「迷惑な話だ」などの声が上がった。
琉球新報2019/1/29沖縄
2016年4月に県内で起きた米軍属女性暴行殺人事件を受け日米両政府は17年1月、地位協定の補足協定を結んだ。軍属の範囲や基準を見直すものだ。ところが、見直し作業を経て、軍属の要件を満たさない可能性のある従業員はたった10人だった。
琉球新報2019/1/29沖縄
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で沖縄防衛局は28日、大浦湾側の護岸「N4」(全長135メートル)の建設に着手した。辺野古移設の賛否を問う2月24日の県民投票まで1カ月を切る中で、政府が工事を加速させた格好。
琉球新報2019/1/29沖縄
会合後の会見で島袋大幹事長は「まだまだ時間を要する」と述べ、29日の米軍基地関係特別委員会での改正案審議などを見た上で、自民としての考えをまとめると説明した。改正案を巡っては、24日の各派代表者会で新里米吉議長が「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択案を提案。
沖縄タイムス2019/1/29沖縄
2017年12月に沖縄県宜野湾市内の緑ヶ丘保育園に米軍ヘリの部品が落下した事故を巡り、宜野湾市議会の上地安之議長と各会派代表者らは29日、沖縄防衛局に田中利則局長を訪ね、①事故原因の究明と再発防止②それまでの飛行停止③米軍普天間飛行場を離着陸する米軍ヘリの園上空の飛行停止―を求めた。
沖縄タイムス2019/1/29沖縄
【宜野湾】2017年12月に宜野湾市内の緑ヶ丘保育園に米軍ヘリの部品が落下した事故を巡り、市議会の上地安之議長と各会派代表者らは29日、沖縄防衛局に田中利則局長を訪ね、(1)事故原因の究明と再発防止。
沖縄タイムス2019/1/29沖縄
沖縄県の米軍普天間(ふてんま)飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古(へのこ)移設に伴う新基地建設に関し、昨年の演説で用いた「沖縄に寄り添う」との表現に今回は言及しなかった。厚生労働省による毎月勤労統計の不正を陳謝し、信頼回復に全力を挙げる考えを示した。
東京新聞2019/1/29東京
地元の若者が減っていることから、近年は航空自衛隊串本分屯基地(串本町須江)の隊員たちがこぎ手として協力していて、今年は12人が参加する。練習初日の26日は午後7時ごろ、大同会の会員や自衛隊員が港に集合。
紀伊民報2019/1/29和歌山
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地の陸上自衛隊むつみ演習場(萩市)で、防衛省は2月下旬から、陸自の対空レーダーを使った電波の実測調査を新たに始める。中国四国防衛局が28日、地元の萩市と山口県阿武町に説明した。
中国新聞2019/1/29山口
JA山口大島(木村昭彦組合長)や岩国市内の青果関係業者ら計4団体が28日、同市の米軍岩国基地内にあるエレメンタリースクール2校の子どもたち約760人に、周防大島産の温州ミカン20ケース計200キロを贈った。
山口新聞2019/1/29山口
地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、中国四国防衛局は28日、配備候補地の陸上自衛隊むつみ演習場がある萩市と阿武町に、電磁波の影響を確認する「電波環境調査」を2月2日から現地で始めると伝えた。
山口新聞2019/1/29山口