2019年3月14日 嘉手納、住友精密工業、辺野古、北海道大、フランス、東松島

2019年3月14日の20件のメディアの記事などを解析しました。スクラップしたマスコミの記事などに目を通したところ、リスク、住友精密工業、北海道大、天文台、オスプレイ、嘉手納、普天間、辺野古、北朝鮮、フランス、イベント、東松島、リスト、市議会、といったワードが記事にありました。20件の記事へのリンクをスクラップしました。
秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が候補地となっている地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、市議会総務委員会は13日、整備計画撤回の決議を求める請願など9件を審議し、いずれも賛否同数による委員長裁決で不採択とした。
河北新報2019/3/14秋田
岐阜県が所有する日清戦争から太平洋戦争までの間に戦争で亡くなった県関係者6万人超分の名簿の実数の把握に問題があり、合祀(ごうし)者の公表数と県の保管資料に基づく数が一致しないことが13日までに分かった。
岐阜新聞2019/3/14岐阜
江田島市のNPO法人古鷹フレンドシップクラブは、同市の海上自衛隊幹部候補生学校の卒業生が乗り込む練習航海の安全を願う塔を同市江田島町の海岸沿いに設置した。
中国新聞2019/3/14広島
戊辰戦争などの困難に見舞われたが、地域の人々によってひっそりと守られてきた。関係者は認定決定を喜び、日本初のユネスコ世界天文遺産への登録も見据える。「認定は大変光栄。
福島民友新聞2019/3/14福島
航空機部品メーカーの住友精密工業(兵庫県尼崎市)は14日、防衛装備品に関する費用を防衛省に水増し請求した問題の責任をとり、田岡良夫社長(64)が辞任すると発表した。
神戸新聞2019/3/14兵庫
住友精密工業(兵庫県尼崎市)は14日、防衛装備品の費用を防衛省に水増し請求した問題で引責辞任する田岡良夫社長(64)の後任に、高橋秀彰執行役員(56)を充てる人事を発表した。
神戸新聞2019/3/14兵庫
共産が推薦する岸さんはカジノ誘致反対と、米軍基地撤去を国に求める姿勢を鮮明にし、無党派層の取り込みを狙う。有権者との距離の近さもアピールし、「巨象が相手だとは思っていない」と強気で挑む。
東京新聞2019/3/14神奈川
「世界が平和であってほしい、国境を越えて戦争をなくしたいという思いが被爆者には特に強い。自分のような被爆体験を誰にもさせたくないというPTGですね」「世界観の崩壊」は「情動的苦悩」(苦しみ、怒りなどの感情)や「侵入的思考」(つらい記憶がよみがえるフラッシュバック)を招く。
西日本新聞2019/3/14長崎
...ャラリー・プルミエ、~18日)▼読谷やちむん展(座喜味城跡ユンタンザミュージアム、~24日)▼いま、戦争の兆しに心いたむ美術家たちの作品展(愛楽園交流会館、~24日)▼戦争体験を未来につなぐ(ひめゆり平和祈念資料館、~31日)▼渡邊慧おりがみ展(山と水の生活博物館、~31日)▼沖縄を知るための10冊パネル展(県立図書館、~4月15日)▼発掘調査された軽便鉄道(那覇市歴史博物館、~4月22日)▼空手...
沖縄タイムス2019/3/14沖縄
沖縄県名護市辺野古の新基地建設阻止に向け、米軍普天間飛行場の代替施設の必要性や移設先について国民的な議論を求めて実践する「新しい提案」の有志は、辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票の結果を受けて、県内を含む全国全ての地方議会に国民的議論を呼び掛ける陳情を提出することが13日、分かった。
琉球新報2019/3/14沖縄
3者は那覇軍港移設推進に向け、防衛省、県、那覇市、浦添市、那覇港管理組合でつくる「那覇軍港移設に関する協議会」の早期開催を国に求めることで一致した。早ければ4月開催を目指す。協議会では、浦添市が求める南側案が示され、北側案を含めて協議される見通し。
琉球新報2019/3/14沖縄
米軍嘉手納基地周辺で県や市町村が騒音を計測している20地点のうち、2017年度は10地点で年間の夜間騒音平均が40デシベルを超えている。ガイドラインは、騒音にさらされることで起こる健康被害に関する研究がまとめられており、夜間騒音が40デシベルを超過すると高い睡眠妨害が起こるとした。
琉球新報2019/3/14沖縄
北海道大学の松井利仁教授(環境衛生学)が13日、沖縄県庁で記者会見し、米軍嘉手納基地周辺の騒音により同基地周辺に住む住民が虚血性心疾患で毎年10人死亡し、51人が同疾患にかかっているとの推計結果を発表した。
琉球新報2019/3/14沖縄
【嘉手納】米軍嘉手納基地に13日午後5時40分ごろ、フランス海軍の哨戒機1機が飛来した。防衛省は、北朝鮮の船が別の船に横付けして物資を積み替える「瀬取り」を阻止するため、米国に加えて今月中旬から嘉手納基地を拠点にフランスが哨戒機での警戒監視活動を実施すると発表していた。
沖縄タイムス2019/3/14沖縄
【東京】河野太郎外相は12日の衆院安全保障委員会で、「例外的な場合に限る」とされている米軍嘉手納基地でのパラシュート降下訓練に関し、「(例外的な場合を)拡大解釈することは許されない」として、嘉手納で訓練が相次いでいることを問題視した。
沖縄タイムス2019/3/14沖縄
司法はこれまで「国は米軍機運航を制限できない」という「第三者行為論」、そして「高度の政治性を有する安保条約は司法判断になじまない」という「統治行為論」で米軍機の夜間・早朝の飛行差し止めを認めてこなかった。
琉球新報2019/3/14沖縄
米軍普天間飛行場の移設に伴う沖縄県名護市辺野古の新基地建設は、政府が埋め立て予定区域への土砂投入に踏み切ってから14日で3カ月となった。2月の県民投票で改めて新基地建設に反対の民意が示されたが、政府はその後も新たな護岸工事に着手するなど、強硬姿勢を際立たせている。
琉球新報2019/3/14沖縄
米軍が垂直離着陸輸送機オスプレイの新たな整備拠点の設置を検討している件で、2月に開かれた企業向け説明会の内容が公表され、オスプレイ整備業務に放射性物質の管理が含まれることが13日、分かった。在日米軍の動向を監視するリムピースの頼和太郎編集長は「(2004年に沖縄国際大学に墜落した)CH53大型輸送ヘリコプターと同様、ローター部分に放射性物質が使用されている可能性が高い」と指摘した。
琉球新報2019/3/14沖縄
佐賀市川副町の住民らでつくる「オスプレイ反対住民の会」(古賀初次会長)は13日、29日に告示される佐賀県議選の立候補予定者に公開アンケートを実施すると発表した。
佐賀新聞2019/3/14佐賀
縁に描かれた航空自衛隊松島基地のブルーインパルス、山形産果物が目を引く。製作をコーディネートしたのは東松島市市民協働課の難波和幸さん(49)。発表会には通信アプリで参加し、それぞれの作品をPR。
山形新聞2019/3/14山形