2019年4月14日 コリアン、イベント

2019年4月14日の14件の記事を確認しました。スクラップしたマスコミの記事などに目を通したところ、コリアン、イベント、といったワードが見出しに使われていました。14個のコンテンツURLを記録しておきます。
政府が秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備を目指す迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)を巡り、同市大町の柳町町内会が13日、本年度通常総会を開き、配備反対を決議した。
秋田魁新報2019/4/14秋田
会場では、宍粟牛しゃぶや地鶏串焼き、アマゴ塩焼き、宍粟牛のすしがセットになったプレート、近くの森林大学校で学ぶ元海上自衛隊員の学生が考えた「呉風森林大学校カレー」などが販売され、訪れた家族連れらは「おいしいね」と舌鼓を打っていた。
神戸新聞2019/4/14兵庫
戦争を挟んだ激動の時代を少女の目を通し、いきいきとユーモアたっぷりに描き話題となっている。中でも、親身になって支えた日本の先生たちの姿は鮮烈な印象を残す。(鈴木久仁子)朴さんは1931(昭和6)年、日本の植民地だった現・韓国忠清南道扶余(チュンチョンナムドプヨ)で生まれた。
神戸新聞2019/4/14兵庫
非政府組織(NGO)ピースボートと韓国の環境財団が共同企画したクルーズ船で長崎港に入った日韓の乗船客らが13日、長崎市内の資料館や被爆遺構を訪れ、戦争の加害と被害の歴史に触れた。乗船客のうち、韓国人15人と日本人8人。
長崎新聞2019/4/14長崎
小型無人機ドローンの飛行禁止区域に在日米軍や自衛隊施設上空を追加したドローン規制法の改正案が衆院内閣委員会を通過し、衆院本会議でも可決されそうだ。表向きはラグビー・ワールドカップ日本大会や東京五輪・パラ五輪のテロ対策とされているが、明らかに米軍や自衛隊に対する報道機関の取材を制限しようという狙いがある。
琉球新報2019/4/14沖縄
2016年に起きた米兵による暴行事件を受け、米軍は那覇市などでの外泊を禁止していたが、今年2月には規制を解除した。米兵の駐留規模は縮小しないまま、規制だけ緩和する。そういう米軍優先の考え方が問題だ。
沖縄タイムス2019/4/14沖縄
最も重視する政策を聞くと、米軍普天間飛行場の「辺野古移設問題」が42.0%と最も高く、基地問題への関心の高さをうかがわせた。次いで、「医療・福祉・介護」が20.2%、「経済振興・雇用」が16.7%、「教育・子育て」が11.8%と続いた。
琉球新報2019/4/14沖縄
「外国の警察もいるってことは米軍絡みってことなんですね。事件なんて起こりそうにないのどかな場所なのに」と言葉少なに立ち去った。
琉球新報2019/4/14沖縄
防衛省も在日米軍司令官、在沖四軍調整官らに対し、抗議した。現場は国道58号に近い住宅街。米軍基地に近く、近隣の集合住宅には外国人が住むことも多いという。
琉球新報2019/4/14沖縄
21日投開票の衆院3区補選は、米軍普天間飛行場の返還方法や辺野古新基地の賛否などが争点となる。無所属で「オール沖縄」勢力が推すフリージャーナリスト屋良朝博氏(56)と、自民党公認で元沖縄担当相の島尻安伊子氏(54)=公明、維新推薦=に主要政策を聞き、比較する。
沖縄タイムス2019/4/14沖縄
戦争を生む基地を造ることは許されない」と力を込めた。野戦築城隊として、首里城周辺の壕の整備をしていた儀間さんが、戦況を目の当たりにしたのは、軍が南部に撤退する1945年5月27日。「壕を出ると道や交差点のあちこちに死体が折り重なっていた。
琉球新報2019/4/14沖縄
女性を巻き込む米軍関係者の事件がまた起きてしまった―。北谷町桑江のアパートで、遺体で見つかった男性は第3海兵師団に所属する米海軍兵だった。海軍兵がその部屋に住む日本人女性を殺害し自殺したとの情報もあり、「米兵絡みの事件がなくなることはないのか」という憤りや落胆の声が聞かれた。
琉球新報2019/4/14沖縄
...備前焼・嘉生安穂作陶展(リウボウ美術サロン)▼琉球のもよう~花・植物(首里城公園、~18日)▼いま、戦争の兆しに心いたむ美術家たちの作品展・京都:沖縄(南風原文化センター、~20日)▼王朝文化と都市(まち)の歴史(那覇市歴史博物館、~22日)▼町田隼人展(PIN-UP、~28日)▼与那国1970~72年(平敷兼七ギャラリー、~5月10日)▼君たちにおくる平和のメッセージ(県平和祈念資料館、~5月1...
沖縄タイムス2019/4/14沖縄
埼玉県所沢市の米軍所沢通信基地に米軍横田基地(東京都福生市など)から土砂の搬入が計画されていた問題で、米軍は12日、土砂の搬入作業を開始した。市によると、計画では1年間にわたり約3万7千立方メートルの土砂の搬入を予定。
埼玉新聞2019/4/14埼玉