2019年4月18日 普天間、鶴ケ城、自衛隊、嘉手納、伊江島

2019年4月18日の28件の新聞記事を解析しました。可能な限りみたところ、普天間、自衛隊、シュワブ、伊江島、まつり、画期的、トラブル、博物館、嘉手納、五穀豊穣、高らか、鶴ケ城、引き揚げ、といった熟語などが記事にありました。28件の記事へのリンクをスクラップします。
防衛省は陸上自衛隊新屋演習場を配備候補地とする。周辺は住宅や学校が密集し、住民の間ではレーダーによる健康被害を不安視する声も多い。無所属現職は「後世に禍根を残すわけにはいかない」と強調した。
河北新報2019/4/18秋田
米軍三沢基地は17日、19~28日の10日間、非常事態を想定した「作戦即応態勢演習」を同基地で行うと三沢防衛事務所に通告した。同事務所は青森県と三沢市、東北町に連絡。県と三沢市は17日、米軍三沢基地司令官と東北防衛局長に対し、安全飛行に留意することや早朝・夜間の飛行訓練禁止などを要請した。
東奥日報2019/4/18青森
航空自衛隊三沢基地は17日、2018年10月~19年3月に発生した同基地所属航空機からの部品落下状況を公表した。2月にE2C早期警戒機が美保基地(鳥取県)まで飛行した際、スチール製のピン1個を落としたとみられる。
東奥日報2019/4/18青森
航空自衛隊中部航空音楽隊(静岡県)が出演するほか、浜松龍武太鼓(同)、高山西高ウインドアンサンブル部がゲスト出演する。観覧は無料だが、整理券が必要。往復はがきに住所、名前、年齢、電話番号、観覧希望者数(本人を含めて2人まで)、同伴者の名前と年齢、車いす利用の有無を記入し、5月18日までに〒502-0817、岐阜市長良福光2675の3、自衛隊岐阜地方協力本部ぎふ自衛隊音楽まつりin高山係宛てに送る。
岐阜新聞2019/4/18岐阜
閉鎖時間帯の民間機の離着陸は、隣接する航空自衛隊千歳飛行場の東側滑走路を使用する。夜間閉鎖は2015年以来2回目。札幌開発建設部千歳空港建設事業所によると、夜間閉鎖は、舗装が一部はがれるなど老朽化した滑走路の補修と滑走路端安全区域(RESA)の拡張工事のため。
北海道新聞2019/4/18北海道
戊辰戦争時の会津藩家老・田中土佐の玄孫に当たる木暮陽子さん(70)=神奈川県横須賀市在住=が17日、夫の美奈夫さん(72)と会津若松市の県立博物館を訪れ、土佐が四女此(この)に託した短刀などの史料計5点を寄託した。
福島民友新聞2019/4/18福島
戊辰戦争時の会津藩家老田中土佐が自刃前に長女此(この)に託した短刀が十七日、会津若松市の県立博物館に寄託された。
福島民報2019/4/18福島
戊辰戦争百五十周年の記念碑が会津若松市の鶴ケ城公園三ノ丸に建立される。六月下旬に除幕式を行う予定。十七日に市内で開かれた市戊辰百五十周年記念事業実行委員会の総会で決めた。
福島民報2019/4/18福島
関係者は、後世に残すべき戦争遺構としてさらに周知を図る。無窮洞は旧宮村国民学校の防空壕として、1943年から終戦まで2年間掘り続けられた。作業は高等部(中学)の生徒らが担った。
長崎新聞2019/4/18長崎
その上で「そういったことが放置されるなら、沖縄では米軍人と付き合えない」と語気を強めた。在沖海兵隊はオリベーロ容疑者に対して女性に接近しないようMPOを発令していたことは公表したものの、発令時期や期間、罰則などの詳細を明らかにしていない。
琉球新報2019/4/18沖縄
その上で「そういったことが放置されるなら、沖縄では米軍人と付き合えない」と語気を強めた。在沖海兵隊はオリベーロ容疑者に対して女性に接近しないようMPOを発令していたことは公表したものの、発令時期や期間、罰則などの詳細を明らかにしていない。
琉球新報2019/4/18沖縄
勤労統計の不正問題や防衛省の日報隠しなど国民をないがしろにする問題が多発し、おごりやゆがみが出ていると批判する。島尻氏は「政権発足から丸6年以上経過し、内政・外政ともに着実に成果を上げている」と評価する。
沖縄タイムス2019/4/18沖縄
70年代から米軍基地周辺で生きる女性たちの姿を捉えて、写真集「FENCES,OKINAWA」などを発表。2018年に開催した「石川真生大琉球写真絵巻」展での「今日までの沖縄、苦悩の歴史をつづった不屈の創作力」などが評価された。
琉球新報2019/4/18沖縄
寺井さんが作曲した楽曲はゆったりと流れる静かな曲で、戦争で傷つく前の沖縄の情景が思い浮かび、心地よく耳に届く。曲の締めくくりは「命よ響け生きゆく未来に、私は今を生きていく」と聴く人の心に語り掛けるように響く。
琉球新報2019/4/18沖縄
【伊江】17日午前8時半ごろ、米軍伊江島補助飛行場でパラシュート降下訓練中だった米兵1人がフェンスを越えて落下した。伊江村などによると、落下したのは提供施設区域外の西江上の畑で、フェンスから100メートル余り離れた地点。
琉球新報2019/4/18沖縄
米軍嘉手納基地に所属する20代の男性空軍兵が8日から行方不明となっている問題で、同基地は17日、この空軍兵が第18航空団に所属し、脱走後の今月8日に沖縄を離れたと発表した。その後、国内に戻っていないという。
琉球新報2019/4/18沖縄
こういうトラブルがあった人をこのまま置いておいた米軍の判断自体がおかしいのではないか」と怒りをにじませた。県警は1月下旬、米軍憲兵隊からの通報で女性宅を訪れた。女性は「わいせつ行為」をされたと話したが、県警は事件性はないと判断。
琉球新報2019/4/18沖縄
米軍準機関紙「星条旗」は15日、米海軍3等兵曹(32)が「被害者へ繰り返し暴力を振るっていたことを、地元と軍の警察は把握していた」と指摘。1月には被害者が性的暴行を報告するなど、事件につながる前兆があった経過を報じた。
沖縄タイムス2019/4/18沖縄
バハマ船籍の民間船で米軍がチャーターしているとみられる。在日米軍を監視する市民団体リムピースの頼和太郎編集長によると、「ファン・ゴッホ」は3千メートルの海底から物をつり上げるクレーンを装備している。頼編集長は4月に発生した航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故に言及し、「F35Aの引き揚げのために寄港しているのではないか」との見方を示した。
沖縄タイムス2019/4/18沖縄
...ー・プロテクティブ・オーダー)」を受けていたが、関係者によるとオリベーロ容疑者は基地司令官から外泊許可を得て、12日夜に被害者宅へ向かったという。
琉球新報2019/4/18沖縄
【東京】沖縄県北谷町のアパートで米海軍兵の3等兵曹(32)が日本人女性(44)を殺害後に自殺したとみられる事件で、米軍が行動指針により夜間外出が禁止されていた同海軍兵に事件当日、外出許可を出していたことが17日、分かった。
沖縄タイムス2019/4/18沖縄
米軍基地がもたらす被害を矮小(わいしょう)化する判決と言わざるを得ない。米軍普天間飛行場の周辺住民3415人が米軍機の飛行差し止めと騒音被害の賠償などを国に求めた第2次普天間爆音訴訟の控訴審判決で、福岡高裁那覇支部が賠償基準額を一審判決よりも30%以上減額した。
琉球新報2019/4/18沖縄
日露戦争の戦勝記念で植栽が呼び掛けられた経緯もある。はらはら舞う花びらは美しいが、軍国主義の名の下に散る桜は二度とごめんだ。
琉球新報2019/4/18沖縄
その上で「そういったことが放置されるなら、沖縄では米軍人と付き合えない」と語気を強めた。在沖海兵隊はオリベーロ容疑者に対して女性に接近しないようMPOを発令していたことは公表したものの、発令時期や期間、罰則などの詳細を明らかにしていない。
琉球新報2019/4/18沖縄
太平洋戦争で鉦を供出したため中断していたが、1989年に鉦、翌年に道ばやしが地元住民の手で復活し、毎年4月29日に奉納されている。当日は子どもや住民らが午前9時、市民文化会館を出発する。市役所を経て、神社までの約2キロの道のりを鉦と太鼓を打ち鳴らしながら練り歩く。
佐賀新聞2019/4/18佐賀
政府が導入を目指す地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)への配備計画に反対する萩市の市民グループ「イージス・アショア配備計画の撤回を求める住民の会」は17日、5月まで延長することになった適地調査に関する7項目の説明を求める申し入れ書を中国四国防衛局に提出した。
山口新聞2019/4/18山口
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の陸上自衛隊むつみ演習場(萩市)への配備計画を巡り、山口県阿武町で反対する「町民の会」の加入者が有権者のほぼ半数に達した。花田憲彦町長は17日、「重い数字だ」として防衛省に伝える意向を示した。
中国新聞2019/4/18山口
阿武町の花田憲彦町長は17日、政府が導入を目指す地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」配備計画を巡り、近く防衛省を訪問し、陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)への配備計画撤回を改めて求める意向を示した。
山口新聞2019/4/18山口