2019年5月14日 自衛隊、新谷郷、緑ヶ丘、小千谷、普天間、北朝鮮

2019年5月14日の18件のマスコミ報道などを収集しました。この日収集した新聞各社の報道には、ニアミス、新谷郷、緑ヶ丘、県知事、県議会、急ピッチ、小千谷、普天間、北朝鮮、自衛隊、セット、見直し、もち屋、大使館、保育園、ということばが使われていました。18の記事へのリンクを参考までに書いておきますね。
「非体育会系」を自認する記者(34)が、会社員に交じり、陸上自衛隊守山駐屯地(名古屋市守山区)に体験入隊してみた。午前六時。点呼に遅れまいと迷彩服を着ていると、部屋に教官が入ってきた。
中日新聞2019/5/14愛知
丸山穂高衆院議員(35)が北方領土問題について元島民に対し「戦争をしないとどうしようもなくないか」などと発言した問題で、菅義偉官房長官は14日午前の記者会見で「誠に遺憾だ。外交交渉によって北方領土問題の解決を目指していくという政府の方針に変わりはない」と批判した。
北海道新聞2019/5/14北海道
日本維新の会は14日、大阪市の党本部で党紀委員会を開き、北方領土問題について元島民に対し「戦争をしないとどうしようもなくないか」などと発言した丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区、当選3回=を除名処分にすると決定した。
北海道新聞2019/5/14北海道
福井県警大野署と県警少年女性安全課は5月14日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、陸上自衛隊金沢駐屯地(金沢市)の第14普通科連隊所属の陸士長(19)=同市=を逮捕した。逮捕容疑は今年1月中旬ごろ、福井市内で、福井県内在住の少女が18歳未満と知りながら、現金を渡してみだらな行為をした疑い。
福井新聞2019/5/14福井
戊辰戦争終結後に会津から米カリフォルニア州に渡った農業開拓団の入植地「若松コロニー」跡地に建立される記念碑の制作が急ピッチで進んでおり、14日にも完成する。完成した記念碑は現地に送り、6月8日に跡地で除幕式を行う。
福島民友新聞2019/5/14福島
【参考写真】大豊町の上を低空で飛行する米軍機(2013年3月8日)...。
高知新聞2019/5/14高知
事実なら射程の長短にかかわらず、北朝鮮に弾道ミサイル発射を禁じた国連安全保障理事会決議に明確に違反する。ところが日米は強い批判を避け、「静観」しているように見受けられる。北朝鮮との交渉継続を目指す米国の意向などがあるのだろう。
高知新聞2019/5/14高知
元隊員の進藤貞雄さん(94)は「命ある限り悲惨な戦争を語り継ぐ」と誓った。海上自衛隊佐世保教育隊の新隊員で同郷出身の寺崎友哉さん(18)は「戦時中の出来事を忘れず、これから国を守る務めを果たしたい」と語った。
長崎新聞2019/5/14長崎
「小千谷旅する案内帳」と題し、戊辰戦争関連の史跡や食、祭りなど29の項目にわたって紹介している。ガイドを行う時に役立つ豆知識やエピソードを加えているのが特徴だ。訪日外国人客用に英語版も作製。
新潟日報2019/5/14新潟
最大の争点は、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設の是非である。高良氏は辺野古新基地建設阻止を掲げた。安里氏は6月上旬に予定する政策発表で明言する考えだ。
琉球新報2019/5/14沖縄
【東京】4月に沖縄県北谷町で発生した在沖米海兵隊所属の海軍兵による女性殺害に対する抗議決議を可決した県議会の仲宗根悟米軍基地関係特別委員会委員長ら県議会代表団は13日、東京都内の米国大使館でジョセフ・ヤング主席公使と面会し、決議文を手渡した。
琉球新報2019/5/14沖縄
同型機はたびたび米軍嘉手納基地や普天間飛行場にも飛来している。出火した戦闘機は通常の機能点検飛行中だった。けが人はなかった。
琉球新報2019/5/14沖縄
14日午前11時17分、沖縄県金武町の米軍キャンプ・ハンセン実弾射撃場「レンジ5」付近で山火事が発生した。午後2時現在も現場では煙が上がっており、沖縄防衛局が米軍に消火を申し入れている。防衛局によると火災は射撃訓練が原因で、被災した面積は不明。
沖縄タイムス2019/5/14沖縄
沖縄防衛局の職員が15日、2017年に米軍機部品が落下した宜野湾市野嵩の緑ヶ丘保育園を訪れて神谷武宏園長や保護者と面談する。防衛局は数週間に1度、局職員を園へ派遣し、園児がいる時間帯の米軍機の飛行状況を確認することを提案する。
琉球新報2019/5/14沖縄
山下町は戦後、米軍が日本の陸軍大将・山下奉文を思わせる地名を嫌い「ペリー区」に変えたとされる。後に「山下町」に戻ったが、今も「ペリー」と名の付く店が残る。ペリーもち屋は55年、トシ子さんと夫の故・忠男さんが現在の沖縄セルラースタジアム那覇付近で開業した。
琉球新報2019/5/14沖縄
米軍が保有する計245機のうち117機に欠陥が見つかり、部品が交換されたと報告している。墜落事故は昨年9月28日に発生。訓練中だったF35B1機が墜落して大破。
沖縄タイムス2019/5/14沖縄
佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画に関し、佐賀県は13日、計画受け入れを表明している山口祥義知事が24日に県有明海漁協を訪れ、漁協との間で結んでいる空港の自衛隊利用を否定した協定の見直しに向けた協議を始めると発表した。
佐賀新聞2019/5/14佐賀
...戦争時代が終わったあとで、かえって光を放ち出したとも言っている。多くの研究者や歴史家が「死ぬ事と見つけたり」を評論している。新渡戸稲造の「武士道」を翻訳し、中世史・幕末史の研究者として名高い歴史家奈良本(ならもと)辰也(たつや)は、「思想の偉大さは極端論のなかにのみある」というフランスの偉大な作家・...
佐賀新聞2019/5/14佐賀