2019年5月23日 嘉手納、桜ケ丘、議運委、グラム、吉備路文学館、ロシア

2019年5月23日の27件の報道を分析しました。この日マスコミで報じられた内容には、支払い、グラム、引き渡し、吉備路文学館、桜ケ丘、手りゅう弾、嘉手納、悪天候、きょう、町議会、議運委、研究所、ダイビング、落下傘、届け出、ロシア、などの熟語などが目に止まりました。27の記事へのリンクを参考までに書いておきます。
イージス・アショア(地上イージス)の配備計画に関して防衛省は、県側との会談や住民説明会のたび、さまざまな資料を持参する。その中に、繰り返し登場する一文がある。「仮に不適との結論に至れば、配置しない。
秋田魁新報2019/5/23秋田
「新たな防衛大綱に基づく航空自衛隊の取り組み」と題して、自身の経験や航空自衛隊の仕事などについて語った。丸茂氏は戦闘機パイロットの経験があり、「空の安全保障の現実を学んだ」と振り返った。中国の防衛費増大など世界情勢の変化について解説し、「陸・海・空やサイバー部門などが良さを出し合い、効果的に仕事をしていく必要がある」と話した。
上毛新聞2019/5/23群馬
衆院議院運営委員会は23日の理事会で、戦争による北方領土の奪回に言及し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員(大阪19区)から、24日の理事会で事情を聴取することを決めた。理事会では、丸山氏から一連の言動の経緯などを確認し、すでに与野党から提出されている辞職勧告決議案とけん責決議案の審議の参考にする。
北海道新聞2019/5/23北海道
丸山穂高衆院議員(日本維新の会を除名)がビザなし交流で訪れた国後島で戦争による北方領土の奪還に言及した問題については「ロシアの報道を通じて知った。今回は友好的な訪問であり政治的な問題はコメントしたくない」と述べた。
北海道新聞2019/5/23北海道
本年度第1陣のビザなし交流訪問団の一員として訪れた国後島で、戦争による北方領土の奪回に言及し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員に対し、元島民らでつくる千島歯舞諸島居住者連盟(千島連盟、札幌)が23日、抗議文を送った。
北海道新聞2019/5/23北海道
23日の結団式に集まった団員たちは、丸山穂高衆院議員が戦争による北方領土の奪回に言及したことや「女性がいる店に行こう」と何度も外出しようとした行動について、「日ロ交流の場でありえない」と憤るとともに交流への影響を懸念した。
北海道新聞2019/5/23北海道
近衛砲兵大隊伍長だった景治は西南戦争後の78年、待遇に不満を持つ部下が皇居近くで起こした「竹橋事件」に巻き込まれた。日本初の兵士による反乱として55人が死刑となり、景治も制止できなかった責任を問われ、禁錮刑を受けた。
神戸新聞2019/5/23兵庫
陸上自衛隊神町駐屯地(東根市)の隊員が実物かを調べる。宮城県警は駐在所から半径100メートル以内への立ち入りを規制し、住民を避難させた。駐在所は桜丘小から約200メートル南側の住宅街の一角にある。
河北新報2019/5/23宮城
陸上自衛隊が手りゅう弾を回収した。2個は同型で、旧陸軍の曳火(えいか)手りゅう弾とみられる。宮城県警は駐在所から半径100メートル以内への立ち入りを規制し、住民を避難させた。
河北新報2019/5/23宮城
岡山市出身の小説家、随筆家内田百閒(ひゃっけん)(1889~1971年)が太平洋戦争直前に書き残した日記が、吉備路文学館(同市北区南方)で初公開されている。
山陽新聞2019/5/23岡山
沖縄では、米軍が沖縄戦で上陸したまま今も続いて駐留しているのは「沖縄への差別。日本の他の地域との扱いの差があまりにも大きい」と指摘し「沖縄が独立してもおかしくない」と話した。福島の原発事故を語ることによって「沖縄に置かれている構図も同時に分かってもらえる」とし、沖縄県民に芝居を見てどう思うかを考えてもらいたいと来場を呼び掛けた。
沖縄タイムス2019/5/23沖縄
在沖縄米軍は22日、沖縄県の津堅島訓練場水域で今月3度目のパラシュート降下訓練を実施した。沖縄防衛局によると、恐らく「1カ月間に実施された回数としては最多」。今年に入って津堅島では4度目。
沖縄タイムス2019/5/23沖縄
米軍のFA18戦闘機が21、22の両日、沖縄県内の米軍基地に相次いで飛来した。沖縄防衛局によると、21日に米軍普天間飛行場に2機が飛来。宜野湾市と県が実施している米軍機の騒音調査では、着陸した時刻に当たる午後2時42分ごろに上大謝名で99・9デシベル、離陸した時刻に当たる午後6時10分ごろには、野嵩で105・8デシベル、新城で103・8デシベルを測定した。
沖縄タイムス2019/5/23沖縄
北海道の自然や東日本大震災の爪痕、広島の原爆の語り部、神奈川県や山口県の米軍基地を前にカメラを構えた。撮影枚数は1日100枚以上。「気持ちが動いた時にシャッターを切る。
沖縄タイムス2019/5/23沖縄
これでは米軍の恣意(しい)的な運用にお墨付きを与えるようなものだ。米国に迎合する政府の姿勢が今日、SACO合意違反の横行を招いたと言っていい。SACOで合意された伊江島での降下訓練も地元の負担が大きく、容認し難い。
琉球新報2019/5/23沖縄
県内最大手の倉敷環境は産業廃棄物のほか、米軍基地から排出される一般ごみなども長年受け入れてきたが、不法投棄を理由に17年11月、県に産業廃棄物処理業の許可を取り消された。現在は同地に新設された「倉敷」が業務を引き継いでいる。
琉球新報2019/5/23沖縄
【うるま】米軍は22日午後、うるま市の津堅島訓練場水域で、横田基地所属機のC130Jを使用したパラシュート降下訓練を実施した。午後0時40分から1時13分にかけて、兵士計8人が降下した。同水域での降下訓練は今月3回目で、今年に入って4回目。
琉球新報2019/5/23沖縄
沖縄署は12日、知人女性の車のガラスを割ったとして、米軍キャンプフォスター所属の海兵隊員(21)を器物損壊容疑で逮捕。また同日、軍嘉手納基地所属の一等軍曹(36)を道交法違反(飲酒検知拒否)の疑いで現行犯逮捕するなど、米兵がらみの事件・事故が相次いだ。
沖縄タイムス2019/5/23沖縄
沖縄県の謝花喜一郎副知事は23日、日米両政府が例外的な場合のみ認める米軍嘉手納基地でのパラシュート降下訓練が今年に入り3回実施されていることを受け、外務省沖縄事務所の川村裕特命全権大使、沖縄防衛局の田中利則局長を県庁に呼び出し抗議した。
沖縄タイムス2019/5/23沖縄
「戦争の影響もあると思いますが、争いごとがあったら譲るスタイルが(沖縄の選手はより強いことを)内地の人と10年間やってきて強く感じます。沖縄の人でもいけますよという気持ちを発信していきたい」と胸の内を吐露する。
琉球新報2019/5/23沖縄
【嘉手納】嘉手納町議会(徳里直樹議長)は23日、臨時議会を開き、21日に米軍が嘉手納基地で強行したパラシュート降下訓練に抗議する決議と意見書の両案を全会一致で可決した。日米合同委員会で「例外的措置」として確認されている同基地での降下訓練の禁止と例外的措置の撤廃を求めた。
沖縄タイムス2019/5/23沖縄
「戦争の影響もあると思いますが、争いごとがあったら譲るスタイルが(沖縄の選手はより強いことを)内地の人と10年間やってきて強く感じます。沖縄の人でもいけますよという気持ちを発信していきたい」と胸の内を吐露する。
琉球新報2019/5/23沖縄
2008年に沖縄市で発生した米軍人2人によるタクシー強盗致傷事件で、沖縄防衛局は22日、那覇地裁沖縄支部が支払いを命じた損害賠償約2642万円のうち、遅延損害金分の約905万円の支払いはできないと被害者側に回答した。
琉球新報2019/5/23沖縄
県内では、企業局が16年1月に米軍嘉手納基地周辺を流れる河川を水源とするポンプ場や北谷浄水場からPFOSが高濃度で検出されたと発表し、汚染が発覚。企業局は17年度、約1億7千万円をかけてPFOSやPFOAの吸着効果がある活性炭フィルターを設置した。
沖縄タイムス2019/5/23沖縄
2015年9月30日に返還された、沖縄県読谷村の米軍トリイ通信施設の一部土地(約3・8ヘクタール、読谷村大木・大湾)について、沖縄防衛局は22日、読谷村内の大木公民館で地権者への説明会を開き、31日に引き渡すと伝えた。
沖縄タイムス2019/5/23沖縄
地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、防衛省が配備候補地の陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)を「適地」とする調査結果を県や市町に伝える方針について、村岡嗣政知事は22日の定例会見で「どの程度説得力があるかが決定的に重要だ。
山口新聞2019/5/23山口