2019年6月17日 自衛隊、宜野湾、むつみ、新潟大、軽井沢、小桧山、小千谷

2019年6月17日の27件の報道をチェックしました。にマスコミで報じられたニュースには、おわび、市議会、新潟大、慈眼寺、辺野古、小千谷、軽井沢、取り消し、消防車、ジェット、自衛隊、小学校、宜野湾、小桧山、千歳空港、ビジネス、埋め立て、シンポ、フッ素、むつみ、といった字句が記事にありました。27件の記事URLは以下の通り。
菅義偉官房長官(湯沢市出身)は16日、秋田市の秋田キャッスルホテルで演説し、夏の参院選に向けて野党が改選1人区で候補者を一本化したことについて「安全保障をどうするか聞いてみたい。
秋田魁新報2019/6/17秋田
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に設置する計画を巡り、防衛省の調査報告書に事実と異なるずさんなデータが記載されていた問題で、岩屋毅防衛相は17日、県庁で佐竹。
秋田魁新報2019/6/17秋田
秋田市の陸上自衛隊新屋演習場への地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備を巡り、防衛省が同演習場近くの勝平日吉神社集会所に相談窓口を置いて初の日曜日を迎えた16日、訪れた市民は「説明を聞い。
秋田魁新報2019/6/17秋田
地上イージスの配備について意見交換する「市民トークの集い」が16日、秋田市の中央市民サービスセンターで開かれ、市民ら24人が防衛省の調査報告書や説明の内容などに不満の声を上げた。
秋田魁新報2019/6/17秋田
7月4日公示が見込まれる参院選が迫る15日、秋田県内で自民党幹部らが防衛省をやり玉に挙げた。理由は、秋田市が配備候補地となっている地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡る同省の相次ぐ不手際。
河北新報2019/6/17秋田
秋田市が立地候補地となっている地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、岩屋毅防衛相は17日午前、秋田県庁で佐竹敬久知事と会談し、配備適地に関する現地調査結果報告書に重大な誤りが発覚した問題など防衛省の一連の不手際を謝罪した。
河北新報2019/6/17秋田
秋田県の佐竹敬久知事は岩屋毅防衛相との会談後の取材に、現時点で陸上自衛隊新屋演習場が適地であるとの防衛省の説明は受け入れられないとの認識を示した。
秋田魁新報2019/6/17秋田
岩屋毅防衛相は17日午前、地上イージスの配備計画を巡り、陸上自衛隊新屋演習場以外の国有地で、正確なデータを把握するため、現地で測量を実施する考えを示した。専門家の活用も検討する。調査報告書にずさんな。
秋田魁新報2019/6/17秋田
能代市議会総務企画委員会(渡邊正人委員長、6人)は17日、地上イージスの陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備撤回を求める請願を、賛成3、反対2(委員長除く)で採択した。
秋田魁新報2019/6/17秋田
三沢市の小桧山吉紀市長は就任初日の17日、市役所で開いた記者会見で、航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの青森県沖墜落事故を受け、飛行を中止している同型12機の飛行再開に向けた判断について「今月中に結論を出したい」と述べた。
東奥日報2019/6/17青森
新千歳空港は航空自衛隊千歳飛行場が隣接するため、共産圏の中国などの小型機には防衛上の理由から駐機できる時間に制限があるためだ。
北海道新聞2019/6/17北海道
現場は木造建物が密集しており、さらなる延焼も懸念されたが、消防、消防団、航空自衛隊が連携し食い止めた。当日。
西日本新聞2019/6/17福岡
安全保障関連法案を巡って与野党の攻防が激化していた2015年8月、政権与党支持の対立候補が立候補を取りやめて無投票3選が決まった途端「知事選で大敗すると、法案成立が難しくなると懸念したのだろう」。3期目の出だしから政権与党への対決姿勢をにじませた。
河北新報2019/6/17岩手
近い将来の発生が懸念される南海トラフ巨大地震や台風などでの風水害に備えようと、高松市は16日、同市生島町の県消防学校で総合防災訓練を行った。
四国新聞2019/6/17香川
中東・ホルムズ海峡付近でのタンカー攻撃を念頭にエネルギー安全保障の重要性の認識でも一致。クリーンなエネルギー源として水素の利用を広げるため、研究開発やコスト削減、規制への対処などで国際協力を強化するとした。
信濃毎日新聞2019/6/17長野
森口さんは「戦争を否定し軍隊を持たないと決めた憲法を変えようとする人がいる。原爆を語れる人は少なくなっているが、これからも反戦反核のための証言をしていく」と語った。式を見守った証言の会代表委員で被爆者の内田伯(つかさ)さん(89)は取材に対し「今、なぜ平和が続いているのか。
長崎新聞2019/6/17長崎
北越戊辰戦争の発端となった和平交渉「小千谷談判」が行われた新潟県小千谷市の慈眼寺で16日、作家司馬遼太郎さんを顕彰する石碑の除幕式が開かれた。司馬遼太郎記念館(大阪府東大阪市)館長で、司馬さんの義弟、上村洋行さん(75)も出席。
新潟日報2019/6/17新潟
新潟大の学生と児童らが平和への願いを込めた踊りなどを披露し、戦争のない世界の実現を願った。7月19日の民間ユネスコ運動の日に向けた全国運動の一環で、新潟市ユネスコ協会が2008年から毎年開いている。この日は新潟大の国際ボランティアサークルの学生と総踊りに取り組む新潟市の上山小児童有志、日本舞踊グループの計約30人が出演した。
新潟日報2019/6/17新潟
血液調査などの結果、人体への影響は「安全基準」と強調しつつ、米軍基地由来の大気汚染の可能性もあるとして、今後両市内で大気を調査することを明らかにした。小泉名誉教授と原田准教授は4月、両市住民の血液や水道水、宜野湾市大山の田芋や土壌などを調査。
琉球新報2019/6/17沖縄
限られた時間内で子どもたちに分かりやすく戦争体験を伝えることが狙い。担当教員らは「講師を務める体験者の負担減にもなる」とし、沖縄戦の実相を子どもたちにより分かりやすく伝えようと、体験者の言葉に耳を傾けている。
琉球新報2019/6/17沖縄
米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡り、総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」が県の埋め立て承認撤回を取り消した国土交通省の決定を不服とした県の審査請求を却下すると決めたことを受け、玉城デニー知事は17日、県庁で記者会見を開き、係争委の決定を不服とし、国交相を相手に高裁へ提訴を検討するとした。
琉球新報2019/6/17沖縄
【石垣】石垣市議会(平良秀之議長)は市議会6月定例会初日の17日、石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票条例案を賛成8、反対11、退席1、欠席1の賛成少数で否決した。議長を除く出席議員20人のうち野党8人が賛成し、与党と保守系野党議員の11人が反対した。
琉球新報2019/6/17沖縄
【東京】米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡り、総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」は17日午前、会合を開き、県の埋め立て承認撤回を取り消した国土交通省の決定を不服とした県の審査請求を却下すると決めた。
琉球新報2019/6/17沖縄
米軍横田基地(東京都福生市など)の工事残土が、米軍所沢通信基地(所沢市)へ搬入され続けていることを受け、米軍基地の土壌の安全性について考える識者の講演会「横田基地と土壌の汚染」が二十九日、所沢市小手指町四の小手指公民館分館ホールで開かれる。
東京新聞2019/6/17埼玉
太平洋戦争末期に沖縄県警察部長(現在の県警本部長)を務めた宇都宮市出身の荒井退造(あらいたいぞう)などを顕彰する第2回「島守忌」俳句大会(下野新聞社など後援)が16日、那覇市内で開かれた。一般の部の最高賞である沖縄県知事賞に那須烏山市下境、斎藤穂(さいとうみのる)さん(87)が輝いた。
下野新聞2019/6/17栃木
戊辰戦争で薩長の横暴を非難し、明治維新後に議政機関「集議院」の議員に任じられながら反逆罪に問われ27歳で斬首された米沢藩士、雲井龍雄(1844〜71年)を顕彰するシンポジウムが16日、山形県米沢市で開かれた。
河北新報2019/6/17山形
政府が導入を目指す地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、防衛省戦略企画課の五味賢至課長は15日、陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)を「適地」と結論付けた調査報告書の基本データを公開する方針を明らかにした。
山口新聞2019/6/17山口