2019年6月20日 辺野古、宜野湾、普天間、桃太郎、ロシア、北九州、南大東

2019年6月20日の27件の報道各社の記事をチェックしました。この日に見つかった報道の言葉は、県議会、飛行場、南大東、最大限、市議会、八丈島、辺野古、桃太郎、宜野湾、ロシア、北九州、普天間、コノシロ、パネル、オスプレイ、といった字句が見出しに使われていました。27件の記事へのリンクをスクラップしました。
秋田市の陸上自衛隊新屋演習場への地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、秋田市議会に提出された請願・陳情は20日、総務委員会で審査され、市議会として配備反対を決議するよう求めた。
秋田魁新報2019/6/20秋田
防衛省が秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を「適地」とした地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、6月定例会を開会中の秋田市議会は20日、総務委員会を開き、市民から提出された配備反対。
秋田魁新報2019/6/20秋田
航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故で、三沢市の小桧山吉紀市長は20日午前、取材に対し、飛行を中止しているF35A12機について、飛行再開を容認する考えを示した。
東奥日報2019/6/20青森
航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故で、三沢市の小桧山吉紀市長は20日午後、飛行を中止しているF35A12機について、飛行再開を容認する考えを防衛省に伝えた。
東奥日報2019/6/20青森
航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故で、三沢市の小桧山吉紀市長は20日午前、取材に対し、飛行を中止しているF35A12機について、飛行再開を容認する考えを示した。
東奥日報2019/6/20青森
航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落した事故を巡り、三沢市の小桧山吉紀市長は20日、同型機の飛行訓練再開を容認する意向を防衛省に伝えた。4月9日の事故発生以来、同基地に配備済みの残る12機が飛行を停止している。
デーリー東北2019/6/20青森
自衛隊と日米安保条約に基づく在日米軍の存在があったからだ」と指摘。「国民の生命と財産を守るため。しなければいけないことを、しっかりするのが政府・与党の姿勢だ」と述べた。
東京新聞2019/6/20群馬
防衛省は20日、ロシアのTU95爆撃機が同日午前に沖縄県・南大東島と東京都・八丈島付近でそれぞれ約2分間にわたり領空を侵犯したと発表した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)し、領空から出るよう警告。
北海道新聞2019/6/20北海道
老後資金の問題や「イージス・アショア」を巡る防衛省のミスなど、国民が知りたいことへの政府の説明は十分とはいえない。委員会審議で国民の疑問に政府は答えるとともに、野党も核心をつくような質問をぶつけてほしい。
高知新聞2019/6/20高知
1945年7月10日、仙台市中心部で米軍による空襲が行われ、多くの人が犠牲となりました。終戦から74年がたとうとする中、戦争体験を語れる人が少なくなっています。今まさに過ちを繰り返さないよう、未来へ引き継いでいくことが必要です。
河北新報2019/6/20宮城
九州防衛局が佐世保市の米軍基地内に建設する米艦船用の汚水処理施設に関する県環境影響評価審査会(会長・中西弘樹長崎大名誉教授)が14日、県庁で開かれ、同局が「環境影響評価準備書」の内容を報告した。施設は、米艦船から排出される汚水の処理を目的とし、佐世保市立神町の岸壁付近に建設する計画。
長崎新聞2019/6/20長崎
陸上自衛隊水陸機動団は19日、偵察中隊の男性隊員が大村市黒木町の多良山系で訓練中に紛失した小銃の弾倉1個を発見したと発表した。弾倉には空包30発が入っていたが、使われた形跡はなかった。機動団によると、19日朝から200人以上を動員して捜索。
長崎新聞2019/6/20長崎
戦争を乗り越え、北九州市から玖珠町に移設された桃太郎像を描いた絵本が取り持つ縁で、北九州市民45人が19日、同町を訪れた。
西日本新聞2019/6/20大分
だが元々は、鎌倉、室町時代に寺社境内での猿楽など芸能の見物席に由来していて、大衆のものだった▼「演劇は時代を映す鏡」と言う栗山さんは「人間が犯してきた過去の戦争の悲惨さを、物語として現代に再生し検証していくことが、演劇人として、人間としての責任だ」と語る。
琉球新報2019/6/20沖縄
「アキラ」と署名された遺書は、米軍の本島の上陸に「実に実に残念で憤慨に堪えません」と書きつつ、「家族は健在なりや平安座の幸姉はどうなった。自分にとって心配なのは唯これ一つです」と親族を思う気持ちをのぞかせる。
沖縄タイムス2019/6/20沖縄
沖縄県名護市辺野古の新基地建設問題で、米軍キャンプ・シュワブには20日早朝から工事車両が入った。午前9時20分には砕石を積んだ大型トラックなど計42台、午後0時20分にはミキサー車が確認された。大雨の中、基地建設に反対する市民ら約30人がゲート前に集まり、「土砂投入をやめろ」「海に生コンはいらない」と抗議の声を上げた。
沖縄タイムス2019/6/20沖縄
1965年6月11日、当時小学5年生だった棚原隆子ちゃんが米軍のパラシュート降下訓練でトレーラーの下敷きとなり亡くなった事件を軸に、戦後、村ぐるみで取り組んだ同村の基地返還運動などを振り返る。25日まで。
琉球新報2019/6/20沖縄
【糸満】沖縄県糸満市の第三外科壕に米軍のガス弾が投げ込まれた1945年6月19日、ひめゆり学徒らと共に犠牲になった民間人の大田さん一家をしのぶ慰霊祭が19日、市伊原の「赤心之塔」であった。金光教那覇教会の林雅信さん(79)が祭詩をささげ、南風原町の子ども平和学習事業OBらが冥福を祈った。
琉球新報2019/6/20沖縄
【宜野湾】松川正則宜野湾市長は19日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設について「現状では容認せざるを得ない」と述べた。市議会6月定例会で平安座武志議員と桃原功議員の質問に答えた。松川市長が市議会で「容認」との表現を使うのは、昨年10月の就任以来初めて。
沖縄タイムス2019/6/20沖縄
県議会米軍基地関係特別委員会の仲宗根悟委員長らは19日、沖縄防衛局や外務省沖縄事務所、在沖米海兵隊司令部を訪問し、浦添市立浦西中学校への米軍ヘリ部品落下事故に対する抗議決議と意見書を提出した。抗議決議と意見書は18日の本会議で全会一致で可決した。
琉球新報2019/6/20沖縄
【宜野湾】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設について、松川正則宜野湾市長は19日の市議会一般質問で、玉城デニー知事が代替案を示す意向がないことなどを理由に「現状では市民のことを考え、容認せざるを得ないのではないか」と答弁した。
琉球新報2019/6/20沖縄
戦争の悲惨さを教育現場で継承しようと中城村教育委員会が本年度、村内の幼小中の全教員約120人を対象に平和研修を実施することが19日までに分かった。琉球新報の調べでは全教員の平和研修は他自治体になく、沖縄県内初とみられる。
琉球新報2019/6/20沖縄
九州防衛局が佐賀空港(佐賀市川副町)への配備を計画している自衛隊輸送機オスプレイの騒音が有明海のコノシロ(コハダ)漁に及ぼす影響調査に関し、最終的な結果をまとめる前に、途中経過を集約して報告することを検討していることが19日、分かった。
佐賀新聞2019/6/20佐賀
陸上自衛隊の離島防衛を担う専門部隊「水陸機動団」(長崎県佐世保市)は19日、佐賀・長崎の県境にある多良山系で訓練中の隊員が紛失した89式小銃の弾倉1個を発見したと発表した。空包30発は入ったままで、異常はないという。
佐賀新聞2019/6/20佐賀
沖縄慰霊の日(二十三日)に合わせて、沖縄戦や、沖縄からの移民がフィリピンなどで経験した地上戦の体験談と写真を紹介する「沖縄の戦争展」が二十二、二十三日、中央区八重洲で開かれる。(杉戸祐子)「『今、死ぬから固まれ』と言われ、私は母に抱っこされていた。
東京新聞2019/6/20東京
山口県議会は19日、一般質問があり、藤本一規(共産党)、中嶋光雄(社民党.市民連合)、合志栄一(新政クラブ)、井原寿加子(草の根)の4氏が教員の働き方改革や国民健康保険の制度改革、日韓交流事業、米軍岩国基地問題などを取り上げた。
山口新聞2019/6/20山口
阿武町の花田憲彦町長は19日、陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)を候補地とする地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」配備計画を巡り、「住民の生活圏、生産活動圏域に近接しない場所を改めて調査し、配備を断念してほしい」と改めて配備計画撤回を求める方針を表明した。
山口新聞2019/6/20山口