2019年7月1日 自衛隊、佐世保、宮城学院女子大、琵琶湖、渡嘉敷、神町駐屯地

2019年7月1日の29件の記事を分析しました。この日に見つかった報道の言葉は、宮城学院女子大、琵琶湖、神町駐屯地、見直し、タンク、不公平、市街地、トライアスロン、ジェット機、手不足、渡嘉敷、オスプレイ、代わり、買い物、市議会、同級生、フレンドシップフリマ、見極め、ガイド、佐世保、自衛隊、のような語句が使われていました。29件の記事へのリンクをスクラップします。
秋田県大館市の福原淳嗣市長は1日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」は国防上、必要との考えを示した。
秋田魁新報2019/7/1秋田
...海上自衛隊館山航空基地で開かれた。館山の豊かな自然を舞台に、県内外から約1200人が「鉄人レース」に挑んだ。大会では、オリンピック種目と同じ51・5キロ(スイム1・5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ)のコースを駆け抜ける「オリンピックディスタンス」やハーフの「スプリントディスタンス」、3人ずつスプ...
千葉日報2019/7/1千葉
【帯広】陸上自衛隊第5旅団(帯広)は1日、酒気帯び運転をしたとして、第5通信隊の男性陸士長(20)を同日付で停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。旅団によると、陸士長は昨年12月7日午後8時半から翌8日午前2時ごろにかけ、帯広市内の飲食店でビールなどを飲んだ後、市内の知人宅に行くため、知人の乗用車を運転。
北海道新聞2019/7/1北海道
大内さんは「沖縄など全国にある米軍基地の運営をやめるなどすれば、確かな財源で暮らせる」と負担増に反対した。海野さんは「安易に国民に税の負担をかけてはならない」とまず行政改革に当たるとした。田中さんは「制度の無駄を省き、負担徴収方法などを変えるだけで対応可能だ」と訴えた。
東京新聞2019/7/1茨城
自衛隊の音楽隊による定期演奏会が30日、香川県高松市玉藻町のレクザムホールであった。
四国新聞2019/7/1香川
陸上自衛隊の第104不発弾処理隊(佐賀)が約1時間かけて信管を抜き取った。半径300メートルを基準に設けた警戒区域内の住民ら約1100人は一時退避、JR九州新幹線や肥薩おれんじ鉄道が部分運休した。4月24日に見つかった不発弾は、長さ140センチ、直径50センチで米軍の500キロ爆弾。
南日本新聞2019/7/1鹿児島
休戦状態にある朝鮮戦争(1950~53年)以来、現職の米大統領として初めて、トランプ氏が南北軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)で北朝鮮側に足を踏み入れた。金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長と3回目の会談をし、トランプ氏は非核化の米朝実務協議を近く再開すると明らかにした。
高知新聞2019/7/1高知
トランプ米大統領が20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)閉幕後の記者会見で、日米安全保障条約について「不公平な合意だ」と述べた。日本の防衛義務を負う米国の負担が一方的だとして、安倍晋三首相に「変えなければならないと伝えた」という。
京都新聞2019/7/1京都
海上自衛隊舞鶴地方総監部は1日、先輩隊員の私物にいたずらをしたとして、護衛艦「ひゅうが」の20代女性海士隊員2人をそれぞれ停職15日と5日の懲戒処分にしたと発表した。総監部によると、2人は昨年秋に、先輩隊員のシャンプーに研磨剤を混入させた。
京都新聞2019/7/1京都
欧米の考え方や規範を押し付けるのは多様性の否定であり、食料安全保障や環境の面でも問題がある。(日本政府として)IWCにオブザーバーとして残り、積極的に議論していくつもりだ」−商業捕鯨再開は国際法違反との指摘がある。
河北新報2019/7/1宮城
米中貿易戦争で経済が混迷・分断する中、小さいながら会社を経営する私は、ラグビーの素晴らしいプレーを通じてこのノーサイドの精神を、世界中の人々の心に浸透させてほしいと願っている。世界のノーサイトを目指して。
河北新報2019/7/1宮城
同世代の人が戦争の忌まわしい過去を知る機会にしてほしい」と来場を呼び掛けている。入場無料。
河北新報2019/7/1宮城
海上自衛隊OBらでつくるボランティアガイドグループ「桜と錨の会」(15人)は、佐世保鎮守府開庁と佐世保港開港130年を記念して市が企画したバスツアーのガイドを担当する。代表の樋口八洲太郎さん(76)は「海軍と佐世保の歴史を知ってもらい、平和について考えてほしい」と話す。
長崎新聞2019/7/1長崎
トランプ米大統領が日米安全保障条約の見直しを公然と要求した。この際、沖縄の過重な基地負担を含めて、いびつな「同盟」の在り方そのものを見直してもらいたい。日米安保条約は1951年に調印され、60年に全面改定された。
琉球新報2019/7/1沖縄
島の戦争を描いた舞台「木の上の軍隊」(故井上ひさしさん原案)が県内で初上演された日だ。来場予定の島民も多く、最終便の再開で何とか間に合った▼物語は、敗戦を知らずに2年間、木の上に隠れた故佐次田秀順さんらの体験を基にしている。
琉球新報2019/7/1沖縄
宮森小学校米軍ジェット機墜落事故で当時小学5年生で放送部だった漢那宗雄さん(70)は、部長の照屋菊江さん=同6年=の追悼のため、慰霊祭に毎年通い続けている。「何もできなかった」と悔やむ漢那さん。脳梗塞による後遺症で足を引きずりながらも参列し、犠牲者に祈りをささげた。
琉球新報2019/7/1沖縄
【うるま】児童ら18人が犠牲になったうるま市石川(旧石川市)の宮森小学校米軍ジェット機墜落事故から30日で60年を迎えた。この日、同校では午前9時半から遺族会と石川・宮森630会主催の60年慰霊祭が開かれた。
琉球新報2019/7/1沖縄
...米軍の戦闘機が墜落し住宅や宮森小学校を破壊、18人が犠牲になった戦後最悪の米軍機事故から60年。11人の幼い命が失われた学びやで営まれた追悼慰霊祭では、事故への怒りと、悲しみの声があふれた。(中部報道部・宮城一彰、大城志織、平島夏実、勝浦大輔)事故当時宮森小2年生で、同窓生代表あいさつに立った島袋力...
沖縄タイムス2019/7/1沖縄
6月29日の政策発表で、日米安全保障条約の認識について問われた高良氏は「廃止すべきだ」と答えたが、会見終了前に「将来的な話で、すぐ破棄はできない」と訂正した。同席した玉城デニー知事をはじめ、オール沖縄には日米安保体制を認め、反辺野古で一致する保守層や経済界の支援層もある。
琉球新報2019/7/1沖縄
石垣島への陸上自衛隊配備に関して基地建設中止を求める決議案は、賛成12、反対15の賛成少数で否決した。県民投票の結果尊重を求める意見書は、県民投票の結果や県知事選の結果を挙げ「県民の辺野古埋め立て反対の意思は明らかだ。
琉球新報2019/7/1沖縄
沖縄県渡嘉敷村の前島で航空自衛隊が「永久承諾」とする取り決めを根拠に災害派遣訓練などを実施していた問題で30日、村、空自・陸自、前島郷友会が那覇市内で会合を開き、前島の訓練使用について議論した。訓練再開や前島使用について結論は出なかった。
琉球新報2019/7/1沖縄
日本の文化や歴史を学ぼうとポーランドから来日したラファウ・ヤノフスキーさん(27)、アンナ・トゥーレックさん(27)、アンナ・クハルスカさん(26)は30日、宮森小学校米軍ジェット機墜落事故の慰霊祭に参加した。
琉球新報2019/7/1沖縄
石川市に米軍のジェット機が墜落したらしい―。そんなうわさがさざ波のように伝わってきた。学生新聞会に所属していた私は、1カ月後ぐらいに現場となった宮森小学校に行った。
琉球新報2019/7/1沖縄
30日午前、宮森小学校米軍ジェット機墜落事故の慰霊祭が青空の下で開かれた。当時の在校生や遺族ら400人余が参列し、犠牲者18人の名前が刻まれた「仲よし地蔵」に花を手向けた。親子連れの姿も多く、遺族らの「悲劇を繰り返してはいけない」との思いを次世代へつなぐべく、思いを新たにした。
琉球新報2019/7/1沖縄
7月4日の参院選公示を前に、国民民主党佐賀県連はこれまで態度を明確にしていなかった佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画に関し、反対する方針を初めて打ち出す。近く文書にまとめる。自民党との対立軸。
佐賀新聞2019/7/1佐賀
国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所は1日、大津市際川1丁目の陸上自衛隊大津駐屯地から油が琵琶湖に流出した、と発表した。環境への影響はないという。同事務所と同駐屯地によると、1日午前7時ごろ、駐屯地内を小型車両が走行中、後部座席の給油タンクが倒れ、車外に漏れ出した軽油約10リットルの一部が配水管などを伝って琵琶湖に流れ出た。
京都新聞2019/7/1滋賀
重さ1トンを超えるという大神輿は、太平洋戦争などで担がれなくなったが、2002年に復活し、祭りの目玉の一つとなっていた。大神輿は1・93メートル四方で1904年に造られた。今年の当番町を務める氏子町内の「春日町二丁目」青年会によると担ぎ手は減少傾向にあり、今回は確保が難しいとして中止を決めた。
下野新聞2019/7/1栃木
2019年度の自衛官候補生課程教育修了行事が30日、東根市の陸上自衛隊神町駐屯地で行われ、約3カ月間、陸自第20普通科連隊で基礎的訓練に励んだ候補生74人が修了証書を受け取り、自衛官としてさらなる成長を誓った。
山形新聞2019/7/1山形
米軍岩国基地を抱える岩国市で30日、日米両国の市民が飲食物や遊休品の雑貨などを販売する「岩国フレンドシップフリーマーケット」があり、大勢の人たちが買い物を楽しみながら交流を深めた。米軍岩国基地や市などが基地関係者と市民との交流などを目的に2018年秋に初めて開き3回目。
山口新聞2019/7/1山口