2019年7月12日 辺野古、佐世保、札幌南、鹿児島、東中野、せんだい

2019年7月12日の24件のメディア記事を解析しました。この日マスコミで報じられた内容には、市議会、せんだい、佐世保、イベント、スタンス、売り上げ、不可欠、プログラム、鹿児島、高校生、輔主将、ビジョン、結び付き、札幌南、県議会、みょう、グランプリ、辺野古、陸揚げ、東中野、ぐんま、相乗り、などの表現をみつけることができました。24の記事へのリンクを参考までに書いておきますね。
逃走の際、米軍関係者が使う「Yナンバー」の車を運転しており、三沢署は男が米軍関係者の可能性が高いとみて、事後強盗未遂容疑で捜査している。
東奥日報2019/7/12青森
航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの墜落事故を受け11日、青森県三沢市議会の基地対策特別委員会が開かれた。中止している同型12機の飛行訓練再開について、機体整備点検と隊員の教育・訓練等の徹底などを求める要請文を、小桧山吉紀市長と舩見亮悦議長の連名で今月中にも岩屋毅防衛相に提出することを決めた。
東奥日報2019/7/12青森
「平和を守る」として(1)国民が戦争に加担しなくとも済むよう、憲法「改定」に反対(2)改憲発議そのものをさせず、平和憲法の理念を守るため全力を尽くす。「高齢者と、支える人たちの待遇を改善し、安心を守る」として医療と介護を改革。
東京新聞2019/7/12群馬
札幌南署は12日、強盗の疑いで、札幌市南区南沢1の3、陸上自衛隊札幌駐屯地所属の3等陸曹永桶敬明容疑者(33)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は同日午前0時50分ごろ、同市南区南35西10の路上で、運賃を支払わずにタクシーを降り、追い掛けてきた男性運転手(43)を押し倒すなどして、運賃の支払いを免れた疑い。
北海道新聞2019/7/12北海道
陸上自衛隊は11日、鹿児島市の鹿児島新港で、今春開設した奄美駐屯地(奄美市名瀬大熊)へ向け、民間フェリーを使い隊員と自衛隊車両を輸送する訓練を実施し公開した。民間交通機関などを使う「協同転地演習」の一環。
南日本新聞2019/7/12鹿児島
毎年冬に開かれる、佐世保を母港とする海上自衛隊の護衛艦などで提供するカレーの味を競う人気イベント「GC1グランプリ」について、今年の開催が危ぶまれている。主催する「きらきらフェスティバル」実行委員会は「内容を変えてでも開きたい」と模索している。
長崎新聞2019/7/12長崎
国民と立憲民主は安全保障政策について「安保法制の廃止」「日米同盟を基軸とした防衛力整備」を主張。国民は「未来志向の憲法を議論する」とし、立民は「安全保障環境を直視し、領土・領海・領空を守る」としている。
長崎新聞2019/7/12長崎
戦争もあった昭和、多くの災害に見舞われた平成を乗り越えて、野球ができる環境を整えてくれた人たちがいる。厳しくも温かく指導してくれた監督、試合でミスしても「次、頑張れ」と励ましてくれた先輩、共に支えあったチームメート…。
長崎新聞2019/7/12長崎
海上自衛隊の護衛艦「みょうこう」が12日、新潟県聖籠町の新潟東港東埠頭(ふとう)に入港し、歓迎式が開かれた。新潟開港150周年記念事業の一環で、13~15日に一般公開される。港を身近に感じてもらおうと、新潟市などでつくる同事業実行委員会が海上自衛隊に協力を依頼。
新潟日報2019/7/12新潟
参院選の主要テーマ六つを掘り下げる「ズーム争点」の最終回は外交・安全保障。米国と中国、イランの対立などで緊張が高まる国際情勢は、県民の暮らしや地域経済にも影響を与えている。日本は世界の国々との関係をどうしていくべきか。
大分合同新聞2019/7/12大分
21日投開票の参院選は憲法改正の是非や消費税増税、年金問題が主要争点になる中、沖縄選挙区では米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設の是非が主要争点だ。沖縄選挙区に出馬している4氏の新基地建設に関する立場をまとめた。
琉球新報2019/7/12沖縄
県内の米軍関係者が自家用の「Yナンバー」車を使用して有償で客を送迎する違法な「白タク」行為をしていることが11日、分かった。在沖米海兵隊は、事実を把握しているかとの本紙の取材に「ソーシャルメディア上のグループが自動車の相乗りサービスを促進していることは把握している」と説明した。
琉球新報2019/7/12沖縄
米軍基地は、事件・事故や騒音、水質汚濁問題などの抜本的な対策を引き続き求める。返還跡地の活用はアジア規模の視点で可能性を吟味。離島は定住条件の整備を積極的に展開し、観光振興や農林水産業の振興に取り組むほか「海洋産業の拠点を離島に設置するなど新たな産業の振興を検討する」と総括。
沖縄タイムス2019/7/12沖縄
有機フッ素化合物による水質汚染で沖縄防衛局が嘉手納基地への立ち入り調査を要請したが、米軍は許可せず、防衛局が断念していたことが情報開示請求で明らかになった。県なども立ち入り調査を国へ要請しているが、国でさえこのありさまだ。
琉球新報2019/7/12沖縄
与那国島は近年、陸上自衛隊の配備に関連して報じられることが多い。だが人や経済のつながりも安全保障の方策の一つだ。実験を機に、国境を超えた結び付きがさらに深まるといい。
琉球新報2019/7/12沖縄
沖縄県議会(新里米吉議長)は11日、6月定例会最終本会議で、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡って知事が提出した、訴訟提起に関する議案2件を賛成多数で可決した。県議会の議決を得たことで訴訟が可能となった。
琉球新報2019/7/12沖縄
米軍基地が集中し、多数の軍人や軍属が住む沖縄。本島中部の繁華街では、白タクとみられる車両が入れ代わり立ち代わり米軍関係者らしき客を運ぶ光景が見られる。規模はどれくらいなのか。
沖縄タイムス2019/7/12沖縄
新たな米軍基地の建設が進む沖縄県名護市の米軍キャンプ・シュワブ沿岸では12日午前、「K8」「K9」の両護岸から土砂が陸揚げされた。大浦湾内では2隻の運搬船が、それぞれ台船に土砂を移し替える作業も確認できた。
沖縄タイムス2019/7/12沖縄
【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、沖縄防衛局は12日午前、海上輸送した土砂を米軍キャンプ・シュワブ沿岸のK8、K9護岸の2カ所から陸揚げし、基地内へ土砂を運んだ。
琉球新報2019/7/12沖縄
戦争のない世界への願いを込めた平和コンサートが27日午後2時から、小城市の牛津公民館で開かれる。九州を中心に活動する歌手宮地章子さんが、ピアノの伴奏に合わせて清らかな歌声を響かせ、昨年の高校生平和大使が街頭活動などの取り組みを報告する。
佐賀新聞2019/7/12佐賀
海上自衛隊の護衛艦「せんだい」が12日、唐津市東大島町の唐津東港に入港し、乗組員たちが虹の松原で清掃活動に汗を流した。14日に開かれる海のカーニバルや九州花火大会に合わせた寄港で、花火の打ち上げの際には船体に飾り付けた約600個の電灯を点灯させる「電灯艦飾」で彩りを添える。
佐賀新聞2019/7/12佐賀
ホームレスの男性は九州の炭鉱町に生まれ、父の住む返還前の沖縄で米軍基地に勤務。その後上京して建設会社を営み、バブル期には都庁やレインボーブリッジなど東京の代表的建造物の建設に孫請けとして携わった、と男性は語る。
東京新聞2019/7/12東京
「戦争しない国であり続けてほしい。犠牲になるのはいつも社会的弱者だから」との思いを一票に託す。視覚障害者の中には「慣れない場所に行くのを怖がって、投票を諦める人もいる」という。
東京新聞2019/7/12東京
防衛省の「第1回プロフェッショナル・エアマンシップ・プログラム」(8~11日)の一環で、東南アジア諸国連合(ASEAN)全加盟国の空軍士官ら12人が11日、境港市小篠津町の航空自衛隊美保基地を訪れ、。
日本海新聞2019/7/12鳥取