2019年8月15日(1) 多度津、加古川、太平洋戦争、辺野古、伊勢崎、ヒロシマ、小比類巻

2019年8月15日の66件の報道各社の記事などを確認しました。この日に見つかった報道の言葉は、パネル、天皇陛下、木更津、相模原、傷痍軍人、猪名川、ひったくり、子ども、同級生、黙とう、ヒロシマ、ランプ、特攻隊、鎮魂歌、小比類巻、同窓生、加古川、暮らし、航空機、焼夷弾、当たり、千人針、きょう、靖国神社、太平洋戦争、伊勢崎、キャンプ、日章旗、図書館、辺野古、乗り物、パイロット、押し花、ボランティア、多度津、という字句が使われていました。66個のコンテンツURLを記録しました。(全66件のうち、1ページ目50件)
平和について考える集いが終戦記念日の15日、秋田市千秋矢留町のやどめ学童クラブで開かれた。
秋田魁新報2019/8/15秋田
太平洋戦争末期、青森県南地方でも空襲による戦禍があった。1945(昭和20)年、7月と8月に2度にわたって米軍機による攻撃を受けた「三沢空襲」もその一つ。現在の三沢市にあった旧日本海軍の三沢航空基地が狙われ、特攻直前の海軍の攻撃機が炎上し、約30人の軍人や民間人が犠牲になったとされる。
デーリー東北2019/8/15青森
太平洋戦争で木更津市から出征した男性の日章旗(縦七十センチ、横九十センチ)が神奈川県に住む遺族らに返還された。米兵が大切に保管していたもので、戦後七十四年を経ての「帰郷」となった。男性は木更津市木更津に住んでいた故吉田一郎さん。
東京新聞2019/8/15千葉
主催する市は「戦争を知らない世代も地域の歴史を学ぶいい機会になる」と来場を呼び掛けている。入場無料。岐阜市を拠点に活動する「劇団はぐるま」が演じる。
岐阜新聞2019/8/15岐阜
戦争体験者の高齢化が進み、生の声を記録する機会は失われていくばかりだ。20代の記者3人が戦争遺児や自身の祖父、元兵士を取材し、貴重な証言に耳を傾けた。◇◇◇◎太田・戦争を語り継ぐ会会員・木村久子さん(82)「戦争は誰もが傷付く」「絶対に起こしちゃいけないよ」。
上毛新聞2019/8/15群馬
群馬県の伊勢崎空襲をはじめとする戦争の歴史を後世に伝える「第11回佐波・伊勢崎 戦争と平和展」が14日、伊勢崎市ふくしプラザで始まった。不発の焼夷(しょうい)弾や空襲後の市街地の写真など、関連資料約200点を紹介する。
上毛新聞2019/8/15群馬
きょうの「終戦の日」を前日に控えた14日、室蘭市祝津町の道の駅みたら室蘭では、市内に点在する太平洋戦争時の戦跡の写真を通して、戦争の悲惨さと平和の尊さを多くの市民や観光客らに伝えるパネル展が始まった。20日まで。
室蘭民報2019/8/15北海道
海洋土木作業で活躍する起重機船「第十八すがわら号」と海上自衛隊大湊地方隊(青森県むつ市)の多用途支援艦「すおう」の2隻の船や、ドクターヘリも来場する予定で、飲食を販売するキッチンカー22台もやってくる。
北海道新聞2019/8/15北海道
戦後生まれの天皇陛下は「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願う」と語った。上皇さまは先の大戦への「深い反省」を、戦後70年の2015年から昨年まで4年連続で表明していた。
北海道新聞2019/8/15北海道
【旭川】旭川市の路上でひったくりが相次いだ事件で、旭川中央署は15日、窃盗の疑いで、旭川市春光町、陸上自衛隊旭川駐屯地所属の3等陸曹榊枝俊一容疑者(33)を逮捕した。逮捕容疑は7月28日午後2時40分ごろ、同市永山2の16の市道を自転車で走っていた近くの無職女性(76)から、自転車で追い抜きざまに現金数千円が入った手提げバッグを盗んだ疑い。
北海道新聞2019/8/15北海道
戦争体験者の高齢化が進む中、「戦争を知らない世代」は平和の尊さや、ありがたみをあらためてかみしめた。札幌市中央区の街頭では、北海道平和婦人会など77団体でつくる「さっぽろ平和行動実行委員会」のメンバー90人が、防空ずきんやもんぺなどを身に着け、戦時中の召集令状「赤紙」のコピー約千枚を通行人に配った。
北海道新聞2019/8/15北海道
太平洋戦争末期の1945年にインドネシアのビアク島ウンガンドで戦死した福井県大野市出身の石田五十三(いそぞう)さん=当時(31)=が所持していた日章旗が74年ぶりに米国のNPO法人などを通じ返還されたことを8月14日、遺族が明らかにした。
福井新聞2019/8/15福井
大平洋戦争中の1944(昭和19)年10月、フィリピンの戦いで、爆弾もろとも敵艦へ体当たりする特攻が始まった。戦闘機「紫電」のパイロットで、当時特攻機の護衛を務めた岡田良(りょう)さん(92)=兵庫県三木市=は、未来ある若者が敵艦に向かい命を散らすのを見てきた。
神戸新聞2019/8/15兵庫
神社の禰宜松崎正俊さん(75)が「日清戦争の戦没者を祭った碑です」と教えてくれた。この碑の前で2014年から毎年8月、旧日本海軍の重巡洋艦「加古」の犠牲者を弔う慰霊祭が行われている。今年は市民ら約60人が参列した。
神戸新聞2019/8/15兵庫
太平洋戦争が始まり、戦況が悪化するなか、1944(昭和19)年、14歳で「海軍飛行予科練習生」に志願した。その後、合格通知を受け、台湾北西部の新竹へ。そこで上官が「日本には君らの乗る飛行機は一機もない」と告げた。
神戸新聞2019/8/15兵庫
「彼らはエンジンの音が(米軍機の)グラマンとは全然違って、米国に勝てると思っていた、と語った。徹夜を重ね、加西で最高の飛行機を造っていたことを広く知ってほしかった」と振り返る。2002年3月、上谷さんら保存会は、紫電改にまつわる記録を冊子にまとめた。
神戸新聞2019/8/15兵庫
戦争を知らない若い世代も消えぬ悲しみに触れ、「私たちが語り継いでいかなければ」と平和への思いを強くした。式典には兵庫県からも81人が参加。神戸市須磨区の松尾季歩(きほ)さん(15)=県立農業高校1年、季実(きみ)さん(12)=同市立鷹取中学1年=姉妹は、戦死した曽祖父安國又成(やすくにまたなり)さんと大叔父平(たいら)さんに思いをはせた。
神戸新聞2019/8/15兵庫
きょう15日で太平洋戦争の終戦から74年となる。戦争の遺構は兵庫県三田市内でも、ひっそりと各地に残っていると聞いて、市内を巡った。空襲で被弾した半鐘、特攻兵士が残した大樹…。
神戸新聞2019/8/15兵庫
終戦から74年となった15日、兵庫県内でも戦没者遺族や戦争経験者らが、犠牲になった人々を悼み、不戦への誓いを新たにした。めまぐるしく動く国際情勢を見据えつつ、「平和」の意味を問い掛け、若い世代へその思いを託した。
神戸新聞2019/8/15兵庫
同町は戦地で亡くなった人が多く、同会館の横にある「忠魂碑」には戦争で命を落とした382人の名が刻まれている。
神戸新聞2019/8/15兵庫
日立製作所などの軍需工場が多く立地していた日立市は太平洋戦争末期、米軍から大規模な空襲や艦砲射撃を受け、千五百人を超える犠牲者を出し、街並みが破壊された。十五日は戦後七十四年の終戦記念日。命をつないだ市内在住の六人に当時の体験を聞いた。
東京新聞2019/8/15茨城
太平洋戦争のさなか、古河市(当時の岡郷(おかごう)村)に設置された「古河地方航空機乗員養成所」。審査を通過した全国の若者が厳しい訓練を積んだことを知る人は地元でも少なくなった。同養成所は、民間機のパイロット育成を主としながら、陸軍の予備兵員を養成する目的を併せ持つ。
茨城新聞2019/8/15茨城
輪島市出身の男性が日中戦争で旧満州に出征した際に現地で作った押し花のスクラップ帳を、おいに当たる七尾市中島町藤瀬の田谷樹さん(50)が今年引き継いだ。「伯父はなぜ戦地で草花と向き合い、引き揚げ時にも持ち続けたのか」。
北國新聞2019/8/15石川
 石川県戦没者追悼平和祈願祭は15日、金沢市の石川護国神社で営まれ、遺族や関係者約190人が戊辰(ぼしん)戦争以降の戦没者4万4832柱と殉職自衛官17柱をしのび、令和の時代も戦争のない世の中が続くことをあらためて願った。
北國新聞2019/8/15石川
児童が戦争体験者から話を聞く講話会が、丸亀市土器町のクリントピア丸亀で開かれた。
四国新聞2019/8/15香川
戦時下の暮らしに関する品々や兵士の所持品などを集めた「戦争資料展」が、多度津町家中の町立資料館で開かれている。
四国新聞2019/8/15香川
戦時下の暮らしに関する品々や兵士の所持品などを集めた「戦争資料展」が、香川県多度津町家中の町立資料館で開かれている。
四国新聞2019/8/15香川
戦争が悪い。戦争をしてはならないんです』と言える」と伊達さん。「被爆から七十四回目の夏が来た。
東京新聞2019/8/15神奈川
また、十五日は「ふたつの胡桃(くるみ)」、十六日は「ぼくの防空壕(ごう)」という共に太平洋戦争をテーマにしたアニメ映画を上映する。いずれも午後二時から。入場無料、先着百二十人。
東京新聞2019/8/15神奈川
旧日本陸軍士官学校だった在日米陸軍キャンプ座間(座間、相模原市)の歩みから戦争と平和について考える企画展が、相模原市南区の相武台公民館で開かれている。
神奈川新聞2019/8/15神奈川
庶民は戦争の気配を感じていたはずだが、暗い雰囲気は街中にそれほどない。郊外に次々と家が建ち、店は大売り出しを行う。暮らし向きがいい家にはお手伝いさんもいた。
高知新聞2019/8/15高知
被爆に限らず、戦争の記憶を継承していくことは難しくなる一方だ。それを象徴していたのが今年5月、北方領土へのビザなし交流訪問団に同行していた35歳の国会議員が、戦争で島を取り返すことの賛否に言及した問題だ。
京都新聞2019/8/15京都
京都府宮津市教育委員会は太平洋戦争終結間際にあった宮津空襲の体験者たちの証言をDVDにまとめた。空襲があった7月30日から同市浜町の市立図書館で視聴できるようになっており、市教委社会教育課は「8月は親戚が集まる時期。
京都新聞2019/8/15京都
新元号の考案者とされる万葉学者で、戦争経験世代である国際日本文化研究センター名誉教授の中西進さん(89)=京都市西京区=に、新著「令(うるわ)しく平和に生きるために」(潮新書)に込めた平和への思いを聞いた。
京都新聞2019/8/15京都
初めて参列する佐沼高1年小野寺柊香さん(15)は「戦争は学校の授業でしか聞いたことがない。平和について考えるきっかけにしたい」と誓った。県内からの参列者の平均年齢は71歳。
河北新報2019/8/15宮城
だが、東北の戦争体験者に刻まれた記憶が色あせることはない。平和の祈りを次代につなぐために、戦禍を語る言葉は年を追って重みを増している。(5回続き)(1)インパール作戦生還栗原後藤信一さん(105)「山道は、足の踏み場も無いくらい白骨が続く」「(遺体の)鼻や口はハエで真っ黒に」。
河北新報2019/8/15宮城
ナチズムの成立と抵抗者の思想を研究してきた宮田さんは「戦争への懸念が高まる現代、精神的な柱になる平和への思想を提示したかった」と狙いを語る。ボンヘッファーは30年代、世界の教会指導者による会議で軍拡競争の阻止や兵役の拒否を訴えて注目された。
河北新報2019/8/15宮城
仙台市宮城野区の市歴史民俗資料館で、企画展「戦争と庶民のくらし5」が開かれている。同館が所蔵する戊辰戦争時の砲弾や、市民らから寄贈された第2次世界大戦に関する資料282点から、戦時下の仙台の様子や人々の苦悩を振り返る。
河北新報2019/8/15宮城
長野市柳原に住む県旅行業協会事務局長小山英治さん(64)の市内の実家で、太平洋戦争中に発行された本紙前身の「中部日本新聞」が見つかった。内容は戦争一色。顔写真入りで県内出身の戦没者を紹介し、市民を戦争に駆り立てる「必勝食生活」「貯蓄戦線異状なし」といった見出しも。
中日新聞2019/8/15長野
日中戦争や太平洋戦争で負傷し後遺症や障害が残った元軍人らでつくる「県傷痍(しょうい)軍人会」が今年3月、高齢化と会員減少を理由に解散した。2013年に全国組織の日本傷痍軍人会が解散した後も、地方組織で唯一、活動していた。
長崎新聞2019/8/15長崎
戦争体験を通して、こだわるようになったというランプがモチーフの作品などを集めた。斎藤さんは1919年生まれ。東京美術学校(現東京芸術大)で日本画を学び、日本画院展で複数回にわたって入選した。
新潟日報2019/8/15新潟
中津市・永添運動公園近くの畑の片隅に、側面5カ所に四角い穴が開けられた異様な形のコンクリート構造物が残っている。
西日本新聞2019/8/15大分
15日に日本武道館(東京都千代田区)で開かれた政府主催の全国戦没者追悼式には、岡山県内から18~88歳の遺族82人が参列し、戦争の犠牲となった肉親の死を悼むとともに、恒久平和を願った。
山陽新聞2019/8/15岡山
田本さんの兄・清さん(享年18)は鉄血勤皇隊の一員で、1945年3月28日に米軍の銃撃を受け、同校初の犠牲者となった。「兄や皆さんの死を無駄にはさせません」。田本さんは慰霊碑を前に歌い、そう誓うつもりだ。
琉球新報2019/8/15沖縄
2008年に沖縄市で発生した米軍人2人によるタクシー強盗致傷事件で被害者側は14日、遅延損害金(支払い完了までに発生する利息)を含めた損害賠償金二千数百万円を支払うよう国に求める訴訟を那覇地裁に起こした。
琉球新報2019/8/15沖縄
米軍基地が集中し、それに対し沖縄県としての民意が示されても権力で踏みにじられる。沖縄以外に住む方々には、これが自分たちに向けられている乱暴狼(ろう)藉(ぜき)だという共通認識がなかなか持てない状況がある」―東京選挙区では沖縄の創価学会員を擁立した。
琉球新報2019/8/15沖縄
戦争の悲劇を改めて心に刻み、不戦の誓いを新たにしたい。惨禍の記憶は決して風化させてはならない。日中戦争から敗戦までの日本人の戦没者は310万人に上る。
琉球新報2019/8/15沖縄
市街地の約8割が焼け野原となり、1488人が犠牲になった▼終戦の翌年に長岡復興祭を開催、その翌年に戦争中に禁止された花火を再開したが、戦中の爆撃を思い起こさせると反対の声も上がったという。花火大会の前日1日には慰霊と復興への感謝、恒久平和を願い、白一色の尺玉3発を打ち上げる▼どーんと大きく咲いて、ぱらぱらと散っていく。
琉球新報2019/8/15沖縄
...戦争で亡くなった親族の遺骨が戻っていない遺族は多い。帰ってきた骨つぼにあったのは砂だったという人も少なくない。沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」代表の具志堅隆松さん(65)らボランティア約10人が終戦記念日の15日、東京都の靖国神社や千鳥ケ淵戦没者墓苑周辺で、戦地で収集された遺骨と遺族のDNA...
琉球新報2019/8/15沖縄
その上で「再び愚かな戦争を起こさないためにも、沖縄戦を風化させることなく後輩に語り継ぐ責務を全うする」と力強く語り、反戦と平和の希求を誓った。平和の詩を読んだ嘉手納中2年の宮平萌香さん(13)は「平和」と「戦争」で対局する世界のどちらが幸せかを問い掛け、笑顔やきれいな空と海、心の豊かさがあふれる平和が「やっぱり一番」だと訴えた。
琉球新報2019/8/15沖縄