2019年9月25日 白虎隊、トリイ、佐世保、嘉手納、多治見、ウルグアイ

2019年9月25日の22件のメディアの記事を観察しました。新聞各社の報道では、レストラン、交安啓、多治見、オスプレイ、ウルグアイ、置き去り、博物館、トリイ、白虎隊、たすき、佐世保、フックランディング、ねぶた、嘉手納、といった表現が見出しに使われていました。22件の記事へのリンクをスクラップしました。
カラー化した戦争や災害の様子を捉えた写真を基にした対話から体験者の記憶を呼び覚ますなどして、記憶の継承を図っている。相馬さんは渡辺教授の協力を得て昨年夏、カラー化した青森空襲(1945年)前後の写真を市内で展示。
河北新報2019/9/25青森
アニメ機動戦士ガンダムに登場するモビルスーツが反射材のたすきを着けて横断歩道を渡るジオラマや、パトランプが光る機動警察パトレイバーのロボット、県警ヘリ「らいちょう」カラーのオスプレイ、多治見署のパトカーと、細部に工夫を凝らしたプラモデルが並び、訪れた市民が興味深そうに見入っている。
岐阜新聞2019/9/25岐阜
【千歳】航空自衛隊千歳基地(千歳市)を拠点に実施されている空自とオーストラリア空軍による日豪共同訓練の記念式典が25日、同基地であり、丸茂吉成航空幕僚長と豪空軍本部長のメル・ハプフェルド中将が共同声明を発表した。
北海道新聞2019/9/25北海道
白虎隊士墓前秋季祭典は二十四日、会津若松市の飯盛山で営まれ、参列者が戊辰戦争で散った隊士らの霊を慰めた。約百人が出席した。主催する会津弔霊義会の芳賀公平理事長が「平穏に生きる私たちは、多くの先人。
福島民報2019/9/25福島
...戦争終結から75年となる2020年、沖縄戦を描いた映画「島守(しまもり)の塔」を製作すると、神戸新聞社をはじめ3県の地方紙などによる製作委員会が24日、発表した。住民と苦難を共にした神戸市須磨区出身の島田叡(あきら)・元沖縄県知事(1901~45年)と、栃木県宇都宮市出身の荒井退造・元警察部長(19...
神戸新聞2019/9/25兵庫
キックオフ前に犠牲者に黙とうがささげられ、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が上空を飛行し会場に歓声が響いた。試合は大熱戦となり、ウルグアイが30―27でフィジーに競り勝った。1978〜84年度に日本選手権で7連覇した新日鉄釜石(現釜石シーウェイブス)の本拠地で「ラグビーの街」として知られる釜石市では、関連死を含めて千人以上の死者・行方不明者が出た。
河北新報2019/9/25岩手
長崎県佐世保市は24日、防衛省が2020年度の政府予算の概算要求で、佐世保弾薬補給所(前畑弾薬庫)の移転・返還に絡み、移転先となる針尾島弾薬集積所の工事用道路の調査と基本設計に関する経費約1億9500万円を計上したことを、市議会基地対策特別委員会で報告した。
長崎新聞2019/9/25長崎
島田氏は米軍上陸直前の1945年1月、沖縄県知事となり、沖縄戦の混乱の中、県庁が解散するまで県民保護や食糧確保に尽くした。荒井氏は43年、県警察部長に就任し、島田氏と行動を共にした。45年6月、2人は糸満市摩文仁で消息を絶った。
琉球新報2019/9/25沖縄
2016年12月に沖縄県名護市安部沿岸に米海兵隊のMV22オスプレイが墜落、大破した事故で、中城海上保安部は24日、当時搭乗していた機長を氏名不詳のまま航空危険行為処罰法違反容疑で那覇地検に書類送検した。
沖縄タイムス2019/9/25沖縄
複合施設の役割については「あらゆる戦争を想定した断続的作戦や訓練、部隊展開の支援をすること」だとしている。政府の入札公示サイトによると建設事業は3月25日付で、豊見城市に支店を構える大手電気工事会社(本社は福岡市)が18億9000万円で落札。
琉球新報2019/9/25沖縄
沖縄戦を記録する上で付いて回る注意点である▼沖縄市が「沖縄市史第5巻・戦争編」を発刊した。奥付によると発刊日は9月7日。日米両軍が旧越来村森根で降伏調印式に臨んだ日である。
琉球新報2019/9/25沖縄
米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが2016年12月、沖縄県名護市安部の沿岸部に墜落大破した事故で中城海上保安部は24日、航空危険行為処罰法違反の容疑で、氏名不詳のままオスプレイを操縦していた機長を那覇地検に書類送検した。
琉球新報2019/9/25沖縄
【中部】南側滑走路の補修工事に伴い北側1本での運用が続いている米軍嘉手納基地で25日午後、同基地所属のF15戦闘機が緊急着陸するトラブルがあった。それに伴い約30分にわたり滑走路が閉鎖。宜野湾市によると午後2時18分、普天間飛行場にF15が着陸した。
沖縄タイムス2019/9/25沖縄
【東京】防衛省の伊藤茂樹報道官は24日の記者会見で「詳細は海上保安庁に尋ねてほしいが、(同庁が)米側と必要な協議を行い米側の協力も得つつ所要の捜査を実施した」と述べ、書類送検に至るまでに米側から捜査協力を得られたとの認識を示した。
沖縄タイムス2019/9/25沖縄
沖縄県名護市安部で2016年12月に起きたオスプレイ墜落事故で、中城海上保安部が航空危険行為処罰法違反の疑いで、被疑者不詳のまま書類送検したことに、県幹部らは「日本側の捜査が尽くされたとは言えない」「国内法を適用できるように日米地位協定を改定すべきだ」といった不満の声を上げた。
沖縄タイムス2019/9/25沖縄
【名護】沖縄県名護市安部で2016年12月に発生した米海兵隊輸送機MV22オスプレイの墜落事故で、中城海上保安部が氏名不詳のまま容疑者の機長を書類送検したことについて、安部の住民は「原因究明や再発防止にならない」と疑問視し、米軍機事故の捜査を日米地位協定が阻む現状に「政府は米国の言いなりだ」などと憤った。
琉球新報2019/9/25沖縄
沖縄県名護市安部でのオスプレイ墜落事故は2016年12月13日午後9時半ごろ発生した。安部集落から約800メートルの海岸に墜落したが、米軍や防衛省は「名護市の東海岸沖合に不時着水した事故」と説明してきた。
沖縄タイムス2019/9/25沖縄
2016年12月に沖縄県名護市安部で起きたオスプレイ墜落事故で、中城海上保安部は時効が迫る中、航空危険行為処罰法違反容疑で被疑者不詳のまま書類送検した。これまでの米軍機事故と同様、日本側の捜査が及ばなかったことに、地元では疑問の声が上がった。
沖縄タイムス2019/9/25沖縄
...和国訪問〉(日程は変わることがあります)。
佐賀新聞2019/9/25佐賀
航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)は24日、無断欠勤したとして、同基地中部航空警戒管制団基地業務群所属、20代の男性3等空曹を懲戒免職処分にしたと発表した。同基地によると、3等空曹は基地内の寮に居住していた。
埼玉新聞2019/9/25埼玉
さらに、40年代、戦争の激化によっていったんは廃止に追い込まれた食堂車だが、高度経済成長期には繁栄のピークを迎える。展示は、模型や写真、実際に使われていた食器や椅子などでその様子を伝えている。展示の最後には、新しい“走るレストラン”周遊型クルーズトレイン「四季島」の厨房(ちゅうぼう)の様子を映像や音で感じさせるコーナーも。
埼玉新聞2019/9/25埼玉
広島の原爆投下直後の惨状を伝える「ひろしま」の上映会では、市内の語り部「くにたち原爆・戦争体験伝承者」による講話もある。実行委メンバーの関博弥(ひろみつ)さん(44)は「映画館は見ず知らずの人と作品を見て語り合える場所。
東京新聞2019/9/25東京