2019年9月18日 辺野古、宜野湾、石垣島、オスプレイ、金沢駐屯地、伊江島

2019年9月18日の29件の報道各社の記事などを観察しました。収集した新聞各社の報道を読むと、きょう、辺野古、いかだ、オスプレイ、サンマ、おわび、宜野湾、県議会、デシベル、絵はがき、取り消し、三味線、石垣島、市町村、市議会、有識者、伊江島、金沢駐屯地、などの文字をみつけることができました。29の記事へのリンクを参考までに書いておきます。
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備する計画を巡り、秋田市議会総務委員会は18日、計画撤回の決議を求めた請願、陳情を「継続審査」とした。
秋田魁新報2019/9/18秋田
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備する計画を巡り、反対の意思を示す動きが秋田県内の市町村議会に広がっている。17日現在、4議会が陳情・請願を採択。採択す。
秋田魁新報2019/9/18秋田
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備する計画を巡り、秋田市議会は18日、9月定例会総務委員会で、計画撤回の決議を求めた請願、陳情を「継続審査」とした。
秋田魁新報2019/9/18秋田
...陸上自衛隊の入浴支援(10〜22時、19日以降は13時から)、憩の家(10時半〜20時半、18日は13時〜)、県消防学校(10時〜16時、20日まで)、市老人福祉センター(10〜16時)、加茂ゴルフクラブ(9〜12時)、米原ゴルフクラブ(9時半〜17時、30日まで)、市原ゴルフクラブ(10〜17時、...
東京新聞2019/9/18千葉
海上自衛隊は1管本部の災害派遣要請を受け、17日夜から18日朝にかけて、同船が発見された付近の海域を航空機で捜索。1管本部も同日午前6時ごろから航空機で乗組員を捜すとともに、えりもが慶栄丸まで約50メートルの距離に近づいたが、波が高く、潜水士による捜索は正午までに行われていない。
北海道新聞2019/9/18北海道
賢二さんによると、国内では1900(明治33)年から絵はがきの製造が始まり、日露戦争(04~05年)の勝利を記念する絵はがきは一大ブームとなり、全国に取扱店ができたという。当時、カメラで写真撮影を楽しめたのは一握りで、賢二さんは「記念や土産として残しておこうと、広く買い求められたようです」と説明する。
神戸新聞2019/9/18兵庫
賢二さんによると、国内では1900(明治33)年から絵はがきの製造が始まり、日露戦争(04~05年)の勝利を記念する絵はがきは一大ブームとなり、全国に取扱店ができたという。当時、カメラで写真撮影を楽しめたのは一握りで、賢二さんは「記念や土産として残しておこうと、広く買い求められたようです」と説明する。
神戸新聞2019/9/18兵庫
佐世保市の陸上自衛隊相浦駐屯地を活動拠点とする水陸機動団の発足1年を記念した日本酒が、佐世保市相浦町のむらなか酒店で販売されている。売り上げの一部を水陸機動団の応援資金に充てる。記。
西日本新聞2019/9/18長崎
池辺さんは「戦争を繰り返さないためには、戦時中の日本の被害だけでなく、何をしてきたかも継承しないといけない」と訴えた。コンサートは10月27日午後2時から、新潟市中央区の市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)で開く。
新潟日報2019/9/18新潟
【石垣】石垣市議会(平良秀之議長)は17日の市議会9月定例会最終本会議で、市平得大俣への陸上自衛隊配備計画を取り上げたNHKの情報番組「あさイチ」に事実と異なる内容があったとして、NHKに訂正などを求める抗議決議を与党の賛成多数で可決した。
琉球新報2019/9/18沖縄
沖縄県の石垣市議会(平良秀之議長)は17日の9月本会議で、8月26日のNHK番組の中で石垣島への陸上自衛隊配備予定地が取り上げられた際、事実と異なる内容が放送されたとして、訂正などを求める抗議決議を与党11、野党8の賛成多数で可決した。
沖縄タイムス2019/9/18沖縄
...米軍車両にけん引された長さ約10メートルのボートが本部港に着いたが、市民ら約100人がゲート前に座り込み、搬入を阻んだ。車両は午後4時40分に同港から撤退した。在沖米海兵隊は本紙の取材に対し、「本部港を使わない場合、救助用ボートはキャンプ・シュワブから(より移動距離の長い)嘉手納マリーナ経由で伊江島...
沖縄タイムス2019/9/18沖縄
米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡り、沖縄県が7月に国を相手に提起した「関与取り消し訴訟」の第1回口頭弁論が18日午後2時半から、福岡高裁那覇支部で開かれる。玉城デニー知事が法廷で意見陳述する。
琉球新報2019/9/18沖縄
米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡り、沖縄県の埋め立て承認撤回を取り消した国土交通相の裁決の取り消しを求め、県が国を相手に7月に提起した「関与取り消し訴訟」の第1回口頭弁論が18日午後、福岡高裁那覇支部(大久保正道裁判長)で開かれた。
琉球新報2019/9/18沖縄
正午までに米軍車両は確認されていない。本部町崎本部の本部港入り口には午前11時ごろに最大で約50人が集まり「ボートを追い返したぞ」「港の軍事利用をやめろ」とシュプレヒコールを上げ、デモ行進した。海兵隊は本部港を17日に使用することを通告、同日午前にボートを同港から出港させようと現地まで搬送したが、反対する市民らが阻止したため港の使用を中止した。
沖縄タイムス2019/9/18沖縄
【石垣】石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画を取り上げたNHKの情報番組「あさイチ」で事実と異なる内容があったとして石垣市議会が17日に抗議決議を可決したことを受け、NHKは18日の同番組で「誤解を招かないように配慮すべきであり、説明が足りなかった」と釈明した。
琉球新報2019/9/18沖縄
沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場に所属するCH53E大型輸送ヘリが8月下旬に沖縄本島東海岸沖で窓を落下させた事故で、宜野湾市議会(上地安之議長)は18日の9月定例会で、抗議決議と意見書の両案を全会一致で可決した。
沖縄タイムス2019/9/18沖縄
沖縄県議会(新里米吉議長)は18日に開会した9月定例会本会議で、米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリが窓を落下させた事故に対する抗議決議と意見書の両案を全会一致で可決した。学校や住宅など民間地上空での米軍機の飛行中止や、日米地位協定を改定し日本の航空法を適用することなどを求めている。
沖縄タイムス2019/9/18沖縄
◆前泊博盛 沖縄国際大教授(安全保障論)日米地位協定5条は米軍が緊急時に空港や港を使用する場合に着陸料や使用料を減免することを含めた内容で、使用を許すための内容ではない。地位協定の拡大解釈だ。一つの事例を許せば米軍の民間港の使用は拡大する。
沖縄タイムス2019/9/18沖縄
県内九つの大学・高等専門学校の代表者は17日、県庁の記者クラブで会見し、大学等教育機関の敷地や周辺上空での米軍機の飛行禁止を求め、日米両政府に連名で要請文を送付したと発表した。日本政府には8月9日付、米政府には同月23日付で送付した。
琉球新報2019/9/18沖縄
【中部】米軍嘉手納基地で16、17の両日、同基地所属F15C戦闘機による夜間訓練があった。嘉手納町基地渉外課の騒音測定によると、同町屋良の道の駅かでなで17日午後6時41分、最大102・3デシベル(速報値)の騒音が発生した。
琉球新報2019/9/18沖縄
沖縄県石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画を取り上げたNHK番組で事実と異なる内容が放送されたとして、石垣市議会(平良秀之議長)が17日に訂正などを求める抗議決議案を可決したことを受け、NHKは18日朝の放送の中で「水源地全体の映像を使うなどより配慮すべきだった」として釈明した。
沖縄タイムス2019/9/18沖縄
【本部】在沖米海兵隊は17日、訓練のために使用を予定していた本部町の本部港に米軍船舶「オープンウォーターセーフティーボート」1隻を港前まで運搬したが、市民や港湾労働者らの抗議を受け、この日の使用を断念した。
琉球新報2019/9/18沖縄
【本部】在沖米海兵隊は17日、訓練のために使用を予定していた本部町の本部港に米軍船舶「オープンウォーターセーフティーボート」1隻を港前まで運搬したが、市民や港湾労働者らの抗議を受け、この日の使用を断念した。
琉球新報2019/9/18沖縄
自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画で、佐賀県有明海漁協(15支所)の西南部地区5支所の役員が10月1日、防衛省関係者と会談する予定であることが17日、分かった。防衛省が計画の概要を改めて説明するとみられる。
佐賀新聞2019/9/18佐賀
徴用工判決、レーダー照射、輸出管理厳格化、GSOMIA破棄など、歴史問題から経済・安全保障問題へと摩擦が拡大している。韓国での日本製品不買・渡航自粛運動は韓国の小売業界、九州の観光業界を苦しめている。日本のテレビではインバウンドはこの機会に韓国依存から脱却すべきだと主張するコメンテーターもいるが、これは東京からの一面的な見方だ。
佐賀新聞2019/9/18佐賀
三保グラウンドには「ダービーは戦争だ」「結果が全て」などと記された横断幕が掲げられ、篠田監督は「テンションが上がった。サポーターの期待にプレーで応えたい」と力を込める。勝てば5年ぶりの8強入りとなり、対磐田は公式戦初の5連勝となる。
静岡新聞2019/9/18静岡
池田屋事件や戊辰戦争での数々の戦いを描き、幕末から明治にかけ、時代の転換期に命懸けで生きた土方の人生に迫る。(井上幸一)「伝統と革新」を掲げる上妻さんは、ジャズ、ロック、ダンス音楽など邦楽以外のジャンルと精力的にセッションを続けてきた。
東京新聞2019/9/18東京
陸上自衛隊金沢駐屯地の第14普通科連隊は17日、立山での噴火災害に備え、実際に登山して地形などを確かめる徒歩機動訓練を実施した。 隊員約70人は重さ約20キロの装備を背負って弘法を出発、弥陀ケ原や天狗平を巡って避難場所や噴火の影響が及ぶ範囲を確認した。
北國新聞2019/9/18富山