2019年9月14日 魚梁瀬、伊江島、辺野古、二階堂、ヤマザキ、九八郎、鶴ケ城

2019年9月14日の13件のマスコミ報道をチェックしました。この日確認した報道では、ヤマザキ、二階堂、鶴ケ城、辺野古、営林署、魚梁瀬、九八郎、伊江島、オスプレイ、まつり、などのコトバをみつけることができました。13個のコンテンツURLを記録しておきます。
わからんちゃんの上に大老人ゆえの惚(ぼ)けで、日本国の今の課題は、憲法の規定する「戦争放棄」の人類史上でも貴重なそれをどう大切にするのか、少子化による人口減にどんな戦略を持つのかの二つが重いと考える。
秋田魁新報2019/9/14秋田
会津若松市戊辰百五十周年記念事業実行委員会が市内の鶴ケ城公園三ノ丸に建立を計画していた戊辰戦争百五十周年の記念碑は、市の秋の一大事業「会津まつり」に合わせ、二十三日に除幕される。
福島民報2019/9/14福島
台風15号の影響で土砂崩れや倒木が起きた鎌倉市二階堂で13日、陸上自衛隊による土砂や倒木の撤去作業が終了した。道路が徒歩で通行可能になり、東京電力によると、停電も12日夜に復旧した。市によると。
神奈川新聞2019/9/14神奈川
日本人の青壮年は戦争に取られ、地元女性を含めた人々が建設を担った。「各地に存在し、高知の発展を支えた林鉄は、こうした人々あってこそ」と堀尾さん。「言葉に尽くせぬ宝。
高知新聞2019/9/14高知
日本人の青壮年は戦争に取られ、地元女性を含めた人々が建設を担った。「各地に存在し、高知の発展を支えた林鉄は、こうした人々あってこそ」と堀尾さん。「言葉に尽くせぬ宝。
高知新聞2019/9/14高知
「戦争と原爆の遺構めぐり」がこのほど、長崎市内であった。約10人が参加。原爆で家族を亡くした上に差別にも苦しめられた中村由一さん(76)の体験談に耳を傾けた。
長崎新聞2019/9/14長崎
県基地対策課は13日、在沖米海兵隊から米軍船舶「オープンウォーターセーフティーボート」が17、21日の両日に本部港を使用するとの通告があったと発表した。県は使用の自粛を米海兵隊や沖縄防衛局に求めたが、米側は「伊江島補助飛行場での訓練のため必要だ」と応じない意向を示したという。
琉球新報2019/9/14沖縄
玉城知事は米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設について「私が選ばれた知事選や2月の県民投票で民意は示されており、そのことを踏まえて県との対話に真摯(しんし)に応じていただきたい」と求めた。これに対し衛藤氏は「基地負担軽減は内閣を挙げて頑張ることだ。
琉球新報2019/9/14沖縄
初の政府入りとなった岩田氏は「国家の根幹に関わる防衛政務官となり、職責の重さを感じている」と話し、佐賀空港への自衛隊オスプレイ配備計画についても「地元の理解を得たい」と述べた。防衛分野では、オスプレイ配備計画や神埼市千代田町での自衛隊ヘリ墜落事故など、佐賀県に直接関係している課題がある。
佐賀新聞2019/9/14佐賀
戦争で左腕を失いながら丹精込めて作り上げた74点の大作と、デザイン帳などを展示している。岡山県出身の武内は大原美術館(岡山県倉敷市)の初代館長・武内潔真の次男に生まれた。復員後に作陶を始め、民芸運動の大家と交流しながら、ペルシャや西洋などの文様や様式を積極的に取り入れた作品を発表した。
山陰中央新報2019/9/14島根
戦争で左腕を失いながら丹精込めて作り上げた74点の大作と、デザイン帳などを展示している。岡山県出身の武内は大原美術館(岡山県倉敷市)の初代館長・武内潔真の次男に生まれた。復員後に作陶を始め、民芸運動の大家と交流しながら、ペルシャや西洋などの文様や様式を積極的に取り入れた作品を発表した。
山陰中央新報2019/9/14島根
太平洋戦争末期、南砺市福光に疎開していた板画家棟方志功(一九〇三〜七五年)をしのぶ愛染忌(あいぜんき)の法要が命日の十三日、同市福光の棟方志功資料館で営まれ、四十五年以上に及ぶ棟方のファンという漫画家ヤマザキマリさん(イタリア在住)が初めて参列し、焼香した。
中日新聞2019/9/14富山
防衛省が宇宙監視システムのレーダー整備を計画する山陽小野田市埴生の海上自衛隊山陽受信所跡地で13日、敷地造成の準備工事が始まった。来年3月までに造成工事などを終えてレーダー局舎の整備工事に入り、2023年度の運用開始を予定している。
山口新聞2019/9/14山口