2019年9月12日 嘉手納、辺野古、宮古島

2019年9月12日の23件の記事を確認しました。この日確認した報道では、ドロップス、辺野古、宮古島、スパイ、離着陸、嘉手納、あらわ、むちゃくちゃ、八幡宮、新幹線、穴埋め、キャラ、などのフレーズをみつけることができました。23件の記事URLは以下の通り。
河野太郎防衛相は11日夜の記者会見で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備計画に関し、「(防衛省の不手際で地元に)不信を抱かせることがあった。
秋田魁新報2019/9/12秋田
秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備候補地に浮上してから3人目の防衛相。候補。
秋田魁新報2019/9/12秋田
第二次世界大戦末期、沖縄戦の組織的な抵抗が事実上、終結した後も十代半ばの少年たちを動員して続けられた裏の戦争をあぶり出すドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」の上映会が二十一日、松戸市民劇場で開かれる。
東京新聞2019/9/12千葉
...海上自衛隊館山航空基地(午後1時~午後7時)、館山市老人福祉センター(正午~午後4時)、市営25m温水プール(シャワーのみ、午後1時~午後5時)、セントラルスポーツクラブ館山(平日午前9時~午後11時※月曜定休土曜日午前10時~午後9時日曜日午前10時~午後5時)◇携帯電話充電(午後5時まで)=市役...
千葉日報2019/9/12千葉
沖縄県の玉城デニー知事がこのほど、神戸新聞のインタビューに応じ、在日米軍基地の負担軽減や普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設問題について「国民全体が『自分ごと』として考える機会を持ってほしい」と訴え、日米地位協定の抜本的見直しや辺野古移設の工事中止を求めた。
神戸新聞2019/9/12兵庫
戦争や自然災害の被害からも免れ、この地域だけで、計9つの重要文化財(国指定)と重要有形民俗文化財(同)が集積する、まさしく“重文銀座”だ。まずは、「丹生の山田」の総鎮守社である六條八幡宮(神戸市北区山田町中)と、聖徳太子が建立したと伝わる無動寺(同区福地)、隣接する若王子神社(同)を訪ねた。
神戸新聞2019/9/12兵庫
戦争や自然災害の被害からも免れ、この地域だけで、計9つの重要文化財(国指定)と重要有形民俗文化財(同)が集積する、まさしく“重文銀座”だ。まずは、「丹生の山田」の総鎮守社である六條八幡宮(神戸市北区山田町中)と、聖徳太子が建立したと伝わる無動寺(同区福地)、隣接する若王子神社(同)を訪ねた。
神戸新聞2019/9/12兵庫
16日に航空自衛隊小松基地で開かれる航空祭の会場に、アクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」とF15戦闘機に似せてラッピングされた2台の高級スポーツカーが登場する。航空祭を盛り上げようと、小松青年会議所(JC)が企画したもので、全国の乗り物ファンを呼び込む。
北國新聞2019/9/12石川
担当は国家安全保障。首相、官房長官、外相、防衛相らで構成する国家安全保障会議(NSC)に出席するほか、防衛や消防、海上保安など安全保障政策の企画・立案に携わり、首相を補佐する。木原氏は「安全保障はこれまで取り組んできた政策の柱で、身が引き締まる思いだ」と話した。
熊本日日新聞2019/9/12熊本
中国に貿易戦争を仕掛け、イラン核合意などから一方的に離脱して国際協調に背を向ける米トランプ政権に対し、安倍政権は手をこまねいているかのようだ。貿易交渉や武器購入でも米国に押しきられているようにみえる。北方領土を巡るロシアとの交渉は進展が見通せない。
京都新聞2019/9/12京都
北斗の拳は、核戦争後の崩壊した世界を舞台に、北斗神拳の伝承者ケンシロウが、次々と立ちはだかる強敵と戦いを重ねていく物語。その中で登場する雑魚キャラは、脇役ながらも個性にあふれ、存在感十分に物語を引き立てる。
中日新聞2019/9/12長野
判決は、またも米軍機の運用を「第三者行為論」で退けた。判決後、那覇市内で会見した弁護団の神谷誠人弁護士(58)は「沖縄における司法は砕け落ち、地に落ちた」と批判。「判決を言い渡す態度も、主文だけを読み捨て、後ろ足で砂をかけるように逃げ去った」と裁判所の対応に怒り、資料の束に置いた左拳を握りしめた。
琉球新報2019/9/12沖縄
沖縄防衛局は11日、米軍機の離着陸に関する報道各社からの問い合わせを巡り、原則は当日中だった回答を、一部の例外を除き応じない方針に変更したことを明らかにした。11日は本紙の問い合わせに「米軍の個別運用に関する回答は差し控える」と答えた。
沖縄タイムス2019/9/12沖縄
米軍基地と隣り合わせの生活を余儀なくされている住民の被害に真正面から向き合った判決とは言い難い。米空軍嘉手納基地周辺に暮らす約2万2千人が、米軍機の夜間・早朝の飛行差し止めなどを求めた第3次嘉手納爆音差し止め訴訟の控訴審判決で、福岡高裁那覇支部が飛行差し止め請求を棄却したのである。
琉球新報2019/9/12沖縄
【東京】河野太郎防衛相は11日の会見で、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設について「唯一の解決策」だと説明し、従来の政府方針を堅持する考えを示した。一方、日米地位協定に関しては、防衛省の所管外だとして答えなかった。
琉球新報2019/9/12沖縄
判決は、またも米軍機の運用を「第三者行為論」で退けた。判決後、那覇市内で会見した弁護団の神谷誠人弁護士(58)は「沖縄における司法は砕け落ち、地に落ちた」と批判。「判決を言い渡す態度も、主文だけを読み捨て、後ろ足で砂をかけるように逃げ去った」と裁判所の対応に怒り、資料の束に置いた左拳を握りしめた。
琉球新報2019/9/12沖縄
ホフマン氏は、トランプ大統領が以前から、同盟国の米軍駐留経費の負担増を望んでいると表明している点に触れ、エスパー国防長官も同盟国と協議を進めてきたと指摘。欧州とアジア太平洋地域で軍事能力を向上させる必要があると強調した上で、「(同盟国が)自国の米軍基地施設費の増加を期待するなら、同盟国が(予算転用の穴埋めを)検討するのは理にかなうのではないか」と期待を示した。
沖縄タイムス2019/9/12沖縄
一方、米軍キャンプ・シュワブゲート前では約80人が集まって埋め立てに抗議。同日午後0時50分ごろまでに2回目の資材搬入が終わり、ダンプカーや生コン車など約75台が基地内に入った。
沖縄タイムス2019/9/12沖縄
過去に陸上自衛隊配備に反対する市民団体の要請で、市が全員の名前と住所の提出を求める市長名の行政文書を送り、問題になった事案を挙げ「今回の訴訟も行政の長としてやってはいけないこと。市民をどう喝するためで、議会は当然、議案を否決すべきだ」と強調した。
沖縄タイムス2019/9/12沖縄
一方、河野太郎防衛相は11日の就任会見で、自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画に関し「現地の県や市、漁協の方々に説明していくことになると認識している。詳しいことは調べます」と話した。佐賀県を訪問する考えがあるか問われると、「どこかの段階で行きたいとは思っている」と述べるにとどめた。
佐賀新聞2019/9/12佐賀
11日の内閣改造では、佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画や国営諫早湾干拓事業の開門問題など、佐賀県に関わる国策課題を担当する大臣の顔ぶれが新しくなり、関係者の間では期待する声や国の姿勢への不信感が相半ばした。
佐賀新聞2019/9/12佐賀
戦争に起因して障害を負った経験から「平和の祈り」をテーマにした祥子さんと、動物や自然をモチーフにした芳明さんの作品計約50点を展示している。15日まで。祥子さんは小学2年時、上級生のいじめに遭って右脚を骨折。
佐賀新聞2019/9/12佐賀
しかし、夫は太平洋戦争で出征してしまう。東京大空襲で店は全焼し、2人の子供と帰郷した。終戦後、父と母が相次いで他界。
下野新聞2019/9/12栃木