2019年8月8日 隅田川、ペルシャ湾、自衛隊、久留米、美千代、由利子

2019年8月8日の28件の記事をチェックしました。可能な限りみたところ、ポイント、美千代、久留米、由利子、やけど、ペルシャ湾、天主堂、エンジン、自衛隊、飛行場、見直し、中学生、焼け野原、隅田川、十字架、などなどの語句が目に止まりました。28の記事へのリンクを参考までに書いておきます。
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡る防衛省との再協議が控える中、秋田市への配備を目指す政権与党の公認候補を堂々と推す政治的バランス感覚はどうだったのか。配備反対を訴え当選した寺田静氏(44)との関係構築を含め、県政トップの今後の立ち回りに注目が集まる。
河北新報2019/8/8秋田
例年10万人近くが訪れる三沢基地航空祭(航空自衛隊三沢基地主催、米軍三沢基地共催)で、昨年まで会場と青森県三沢市内の自家用車向け臨時駐車場3カ所を結んでいたシャトルバスの運行が、今年は休止となることが7日分かった。
東奥日報2019/8/8青森
今回、初めて太平洋戦争末期に同市沖で座礁して沈没した青函連絡船「第九青函丸」の資料を展示。犠牲者13人をしのび、本来の任務を果たせなかった船の悲劇を伝えている。「第九青函丸」は1945年2月15日完成。
千葉日報2019/8/8千葉
海上自衛隊の哨戒機や艦船の活動を軸に、有志連合に参加せず日本独自での派遣も検討する。米側に貢献をアピールし、イランへの刺激を避ける狙いだ。米側の想定する有志連合の活動範囲は、ホルムズ海峡、ペルシャ湾、オマーン湾とバベルマンデブ海峡とされる。
北海道新聞2019/8/8北海道
ともにかつて在籍した陸上自衛隊の同期。異色の経歴を持つ2人は市会に新風を吹き込み、「若者が政治に積極的に参加する足がかりになれば」と口をそろえる。中山氏は「勝山の存続と発展」「世代交代」を掲げ、763票を獲得した。
福井新聞2019/8/8福井
終戦4日前の1945年8月11日、米軍機約150機の大編隊による久留米空襲の戦災体験を後年、一冊のノートにつづった女性の手記を遺族が見つけた。死者214人、焼。
西日本新聞2019/8/8福岡
太平洋戦争末期の沖縄戦の激戦地、沖縄県沖縄市の中学生が7日、筑前町の大刀洗平和記念館を訪れ、同町の中学生と平和をテーマに交流した。
西日本新聞2019/8/8福岡
陸自郡山駐屯地の部隊再編計画を巡り、郡山市と市議会、郡山商工会議所は7日、防衛省に対し、防災体制や地域経済に影響が及ぶとして、規模の縮小をできる限り抑えるように計画の見直しを要望した。東北防衛局は郡山駐屯地について、定員を約1260人から約480人削減し約780人に見直す計画を示している。
福島民友新聞2019/8/8福島
実物大模型の傍らで、あの戦争の記憶を伝える。整備台は縦約230センチ、横約180センチ、高さ約80センチ。戦時中、同飛行場跡にあった川西航空機の鶉野組立工場で、エンジン部分を整備する際などに使われていた。
神戸新聞2019/8/8兵庫
実物大模型の傍らで、あの戦争の記憶を伝える。整備台は縦約230センチ、横約180センチ、高さ約80センチ。戦時中、同飛行場跡にあった川西航空機の鶉野組立工場で、エンジン部分を整備する際などに使われていた。
神戸新聞2019/8/8兵庫
 初日はマーチングバンドのパレードを皮切りに、陸上自衛隊金沢駐屯地の行進や、チアダンス、能登よさこいなどが披露される。香林坊交差点付近では石川の太鼓の演奏、片町ゾーンでは消防や警察などの「いのちを守る車」の展示を行う。
北國新聞2019/8/8石川
太平洋戦争の戦没者の遺族らの高齢化も進んでいる。残された時間はそう長くはない。遺骨収集を「国の責務」と法律で規定した以上、政府は収集と遺族への返還を加速する必要がある。
高知新聞2019/8/8高知
毛皮や食肉としての利用、狂犬病の流行防止のため、戦争末期にはペットの供出が各地で行われたとされる。女性は幼心に焼き付いた異様な雰囲気を鮮明に覚えており、「命を粗末にする戦争は残酷」と憤る。手紙は木津川市役所で6日から始まる「平和パネル展」で紹介する。
京都新聞2019/8/8京都
5年の松尾美空さん(10)は「戦争や核兵器のない明るい世界にしたい」と千羽鶴を見詰めた。本多さんはこれまで、被爆体験を人前で語ったことがない。「自分にはできる自信がない」と言う。
長崎新聞2019/8/8長崎
終戦後の1945年10月に長崎に進駐した米軍人ウォルター・フック氏(2010年、97歳で死去)が見つけ、親交のあった当時の山口愛次郎カトリック長崎司教から譲り受けたとされる。フック氏が1982年、同センター(75年開設)に寄贈。
長崎新聞2019/8/8長崎
旧浦上天主堂にあった被爆十字架が、原爆を投下した米国側からカトリック浦上教会(長崎市本尾町)に返還された7日、高見三明カトリック長崎大司教は「戦争の悲惨さだけでなく、罪悪を克服して生きる勇気と希望を与えてくれる」と語った。
長崎新聞2019/8/8長崎
もしあなたの周りに戦争や原爆を経験した人がいれば、寄り添って体験談に耳を傾けてほしい。身近な人が被爆者で既に亡くなったという人は、祈念館に足を運んでみてほしい。あなたの大事な人に何があったのか、私のように少しでも分かるかもしれない。
長崎新聞2019/8/8長崎
フランスでは、フィリップ4世の孫のエドワード3世が37年に百年戦争を始める。ペストで多くの人が死に、ヨーロッパでは「生きている間に遊ぼう」という思想ができ、ボッカチオのデカメロンが生まれた。後のルネサンスにつながる。
大分合同新聞2019/8/8大分
沖縄自民党の立場で村民の生命を基本に思考する「沖縄の保守」を体現する言葉だろう▼米軍基地の存在を容認してきた保守側であっても、基地から派生する事件・事故などの被害には異議を申し立ててきた。今ある基地被害は過去から地続きでつながっている▼米軍の運用の壁に自治権が発揮できないのは、残念ながら今も変わらない。
琉球新報2019/8/8沖縄
翁長氏は那覇市長時代の2009年12月、米軍普天間飛行場の返還・移設問題に関連して「沖縄は保革両陣営が対立させられてきたが、時には敬意を表しながら手を握るのも当たり前だ」と琉球新報のインタビューに答えていた。
琉球新報2019/8/8沖縄
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設については、7日に那覇地裁に新たな訴訟を提起したことを伝えたとし、「これからも安らかに見守ってくださいと報告した」と語った。【琉球新報電子版】。
琉球新報2019/8/8沖縄
それでも新川美千代さん=浦添市沢岻=は2004年8月13日、米軍のCH53D大型輸送ヘリが墜落したと知って沖縄国際大学に向かっていた。ピリピリと広がる痛み。「自分は炭鉱のカナリアと同じだな」と思った。
沖縄タイムス2019/8/8沖縄
原爆が落ちなければ、戦争がなければ、皆元気だったはずなのに」。穏やかに見えた表情が徐々にこわばる。45年8月9日午前11時2分、長崎市浦上町(現緑町)の工場で新造船の部品を製造している時だった。
沖縄タイムス2019/8/8沖縄
調理を担当する石井貴之さん(35)は「すいとんを食べたことがない人にも食べてもらい、戦争について一緒に考えるきっかけになれば」と話した。同期間中は、食堂の入り口横で戦時下の食事や、配給されていた食料例などを紹介するパネル展示も行われる。
大阪日日新聞2019/8/8大阪
感想文には「戦争は二度としてはいけない。あとの世代にも語り継いでいきたい」とも記されている。永井博士の精神が次代を担う中学生に脈々と受け継がれる意義は深い。
山陰中央新報2019/8/8島根
(井上幸一)戦争で亡くなった人の慰霊のため終戦の翌年に始まった行事は、コンクリート護岸の建設で一九六五年を最後に中断。親水テラスが整備された二〇〇五年に復活した。昨年から墨田区、同区観光協会も主催者に加わって規模を拡大。
東京新聞2019/8/8東京
和歌山県田辺市龍神村安井の龍神中学校は6日、1年生を対象にした平和学習を学校近くの龍神市民センターで開いた。
紀伊民報2019/8/8和歌山