2019年7月16日 自民党、戊辰戦争、民主党、共産党、辺野古、公明党

2019年7月16日の14件の報道を精査しました。新聞各社の報道では、民主党、仕組み、暮らし、たらい、イベント、戊辰戦争、シネマ、當間盛、アイリス、スタンプ、子育て、共産党、自民党、辺野古、公明党、といった字句が見出しに使われていました。14件の記事へのリンクをスクラップします。
「ソローキンの見た桜」は、日露戦争時代が舞台。日本で初めて収容所が設けられた松山市で、ロシア兵捕虜とその看護にあたっていた日本人看護師の恋を描く。益田プロデューサーは監督選びについて、「監督を日本人にするかロシア人にするか悩んだが、両国のことが分かる人がよかった。
北海道新聞2019/7/16北海道
戊辰戦争の激戦地となった小峰城(白河市)、鶴ケ城(会津若松市)、霞ケ城(二本松市)の三城を巡る「ふくしま三城巡りスタンプラリー」が13日、各城で始まった。同日は鶴ケ城でPRイベントが開かれ、関係者が観光客にスタンプラリーへの参加を呼び掛けた。
福島民友新聞2019/7/16福島
戊辰戦争の激戦地となった小峰城(白河市)、鶴ケ城(会津若松市)、霞ケ城(二本松市)の三城を巡る「ふくしま三城巡りスタンプラリー」が13日、各城で始まった。同日は鶴ケ城でPRイベントが開かれ、関係者が観光客にスタンプラリーへの参加を呼び掛けた。
福島民友新聞2019/7/16福島
「景気や雇用」が19%で続き「子育て支援」が10%、「消費税率の引き上げ」が8%、「憲法改正」が7%、「外交や安全保障」が5%。老後資金2000万円問題で注目が高まった公的年金について有権者は重視しているようだ。
福島民友新聞2019/7/16福島
当選ラインは32万6千~33万票だが、玉城デニー知事が獲得した票を得るのが目標だ」―米軍普天間飛行場の返還・移設問題の解決策は。「普天間飛行場が持つ機能で空中給油機の移転など既に機能の一部は移転している。
琉球新報2019/7/16沖縄
比例は県内で5万票を目標にしている」―米軍普天間飛行場の返還・移設問題の解決策は。「普天間だけでなく、沖縄全体の基地負担を軽減しないといけない。党として馬毛島への訓練移転を提案している。
琉球新報2019/7/16沖縄
県内で12万票の得票が目標だ」―米軍普天間飛行場返還・移設問題の解決策は。「日米両政府による県内たらい回し政策は破綻した。新基地建設は軟弱地盤の設計変更など国内でも経験したことのない異次元の公共工事で完成も見通せない。
琉球新報2019/7/16沖縄
比例では県内で12万票を目標にしている」―米軍普天間飛行場返還・移設問題の解決策は。「長い間、賛成か反対かで県民を分断してきた。基地問題は互いの主張を言い続けるだけでは解決は難しい。
琉球新報2019/7/16沖縄
県内でも米軍基地に住む外国人の影響や海外からの観光客の増加などで、ビーガンの認知度が高まりつつある。米国出身のダンテさんは、畜産工場で食肉処理の実態を知り、人が動物を虐待をしていると考え、19歳でビーガンになることを決意。
沖縄タイムス2019/7/16沖縄
支持確保に向けて全力で取り組む」―米軍普天間飛行場返還・移設問題の解決策は。「工事が進む名護市辺野古に移設するのが最も現実的なアプローチだ。今後も一層の基地負担軽減に向けて嘉手納以南の基地返還を少しでも早く実現するよう取り組む」―安里候補は辺野古移設賛否を明確にしていない。
琉球新報2019/7/16沖縄
支持確保に向けて全力で取り組む」―米軍普天間飛行場返還・移設問題の解決策は。「工事が進む名護市辺野古に移設するのが最も現実的なアプローチだ。今後も一層の基地負担軽減に向けて嘉手納以南の基地返還を少しでも早く実現するよう取り組む」―安里候補は辺野古移設賛否を明確にしていない。
琉球新報2019/7/16沖縄
米軍が撮影した沖縄戦の記録映像に収められ、沖縄戦を取り上げた映像作品でも映し出されてきた「震える少女」。戦後74年を経て名乗り出た浦崎(旧姓・賀数)末子さん(81)について報じた本紙記事が、浦崎さんと10代の若者を結び付けた。
琉球新報2019/7/16沖縄
沖縄の民意をしっかりと政府に突き付ける意味で、知事選や県民投票の得票数が一つの参考になる」―米軍普天間飛行場の返還・移設問題の解決策は。「辺野古埋め立て工事は中止すべきだ。県民投票で民意は明らかになった。
琉球新報2019/7/16沖縄
比例は結党以来、最初の参院選のため想定は難しいが、前回衆院選の得票数を超える10万票を目指したい」―米軍普天間飛行場の返還・移設問題の解決策は。「新基地建設は強行的であり県民の理解は得られていない。さらに安定的な日米関係の阻害要因にもなっている。
琉球新報2019/7/16沖縄