2019年6月27日 佐世保、喜多方、パルコ、木更津、西海岸、ひろみ、伊丹空港

2019年6月27日の24件のメディアの記事などをチェックしました。スクラップしたマスコミの記事などに目を通したところ、佐世保、戦々恐々、手りゅう弾、日章旗、伊丹空港、有権者、大統領、シティ、公民館、天満宮、ライバル、きょう、投開票、パルコ、コレクション、オスプレイ、県議会、離着陸、ひろみ、パンダ、一騎打ち、木更津、西海岸、喜多方、というワードが使われていました。24個のコンテンツURLを記録しておきます。
秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が候補地となっている地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、秋田県議会6月定例会は26日の総務企画委員会で、配備反対の意思表示を佐竹敬久知事と県議会に求める請願5件のうち1件を不採択、4件を継続審査とした。
河北新報2019/6/27秋田
防衛省の調査報告書に事実と異なるずさんなデータが記されていた問題は、本紙報道に続き、全国紙や通信社、在京テレビ各局が相次いで取り上げた。
秋田魁新報2019/6/27秋田
太平洋戦争で戦死した秋田県本荘町(現秋田県由利本荘市)出身の元日本兵小笠原宜一さん=当時(24)=が出征時に携えた日章旗が25日、米国在住のダニー・レイツさんから秋田県遺族連合会を通じ、妹のさきさん(89)に返還された。
河北新報2019/6/27秋田
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備する計画を巡り、県議会の最大会派・自民党(26人)は26日の総務企画委員会に、候補地選定を「ゼロベースで再検討」するよ。
秋田魁新報2019/6/27秋田
6月県議会は27日、本会議を開き、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備する防衛省の計画を巡り、候補地選定について「ゼロベースで再検討」するよう国に求める最。
秋田魁新報2019/6/27秋田
陸上自衛隊の輸送機オスプレイの木更津駐屯地への暫定配備方針を巡り、木更津市は26日、市民全体を対象とした住民説明会を8月3日に開催すると定例記者会見で発表した。現在、駐屯地周辺の住民を対象とした非公開による説明会が開催中で、これを踏まえ、より詳細な説明を防衛省に求めた上で予定しているという。
千葉日報2019/6/27千葉
平和憲法に基づく安全保障政策の実現を目指し、集団的自衛権行使を一部容認した閣議決定撤回と安保関連法廃止を求めた。経済格差が広がる中、「社会を底上げする経済政策」への転換を主張。最低賃金を引き上げ、消費税増税に反対する。
北海道新聞2019/6/27北海道
県警を通じて陸上自衛隊に確認したところ、爆発の可能性はないとして同日午後5時50分ごろ、規制を解除した。同署が手りゅう弾を回収した。塩川小によると、同署から連絡を受けた当時、校内に特設合唱部の児童約30人が残っていたが、教師が付き添って下校したという。
福島民友新聞2019/6/27福島
大阪(伊丹)空港で25日、発着が認められていない午後9時以降に米軍機2機が離着陸していたことが27日、分かった。周辺自治体の関係者によると、28日に開幕するG20大阪サミットのために飛来した輸送機とみられるという。
神戸新聞2019/6/27兵庫
海上自衛隊舞鶴地方総監部は27日、海自舞鶴飛行場に着陸した館山航空基地(千葉県館山市)所属の哨戒ヘリコプターSH60Jのメインローター(主回転翼)から、部品1点が紛失したと発表した。飛行中に落下した可能性があるが、これまでに被害の報告はないとしている。
京都新聞2019/6/27京都
秋田選挙区では地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」に関し防衛省の調査ミスが浮上。中泉松司氏(40)は「防衛省の対応は言語道断。現状では配備の可否を判断できない。
河北新報2019/6/27宮城
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の秋田市への配備計画を巡り、防衛省の失態が相次いだため、市幹部は「政権の意向が働くのだろうか」と警戒する。一方、仙台は近代中国の文豪、魯迅(1881〜1936年)が留学で一時期を過ごすなど中国との縁は決して浅くない。
河北新報2019/6/27宮城
木曽町民らでつくる同町九条の会は二十五日、町内在住の戦争体験者の話をまとめた「戦争体験記4(ローマ数字の4)」を発行した。二〇一四年八月に次ぐ第四集。体験者から話を聞き、冊子を編集した同会事務局の小松功さん(68)=木曽町福島=は「戦争を知らない若い世代に、戦争によって青春を奪われた人たちの声を届けたい」と話している。
中日新聞2019/6/27長野
佐世保の戦争被害と平和の尊さを広く知ってもらおうと、市が毎年開催している。28日ま。
西日本新聞2019/6/27長崎
原爆や戦争の惨状をパネルや体験記などで伝える「原爆と戦争展」が26日、長崎市魚の町の市民会館展示ホールで始まった。約350点の展示の中で、15日に亡くなった被爆者の川口和男さん(90)が原爆投下直後の長崎などを描いた絵画8点が目を引いている。
長崎新聞2019/6/27長崎
米軍牧港補給地区(キャンプ・キンザー)の返還後は周辺の開発も進み、住宅地の造成などで人口の増加も見込まれる。パルコシティは西海岸の中核となる商業施設へと発展する可能性を秘めている。パルコシティの内覧会であいさつに立った浦添市の松本哲治市長は「質の高いリゾート開発の一翼を担ってくれるはずだ」と期待を寄せた。
琉球新報2019/6/27沖縄
トランプ米大統領が日米安全保障条約を破棄する考えを側近に漏らしていたと米ブルームバーグ通信が報じた。米軍普天間飛行場の移設についても「(米軍の)土地の収奪だ」として、日本政府に金銭的補償を求める考えを示していたという。
琉球新報2019/6/27沖縄
米軍は23日の後も掃討戦を続け、7月2日に沖縄作戦の終了を宣言した。沖縄での日本の降伏調印式は9月7日に越来村(現在の嘉手納基地)であった▼だが実際は23日以降も、壕や山に逃げ込んだ日本軍は住民を巻き込んだまま戦闘を続けた。
琉球新報2019/6/27沖縄
那覇市から訪れた50代女性は「普天間さんが歌うウチナーグチのわらべ歌をかき消す米軍機の音が、今の沖縄を表しているようだった」と話した。(7月5日付芸能面で写真特集)。
琉球新報2019/6/27沖縄
米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に伴う新基地建設の是非や経済振興策などが主要な争点となる見込み。全国的には憲法改正や消費税増税の是非で論戦が展開される見通しだ。県関係の比例代表では、社民から前県議の仲村未央氏(47)、自民から前衆院議員の比嘉奈津美氏(60)、共産から中部地区委員会副委員長の島袋恵祐氏(32)が出馬を予定する。
琉球新報2019/6/27沖縄
14年の知事選で保革を超えた超党派の「オール沖縄」を掲げた翁長県政が誕生して以降、県内政局は流動化し、従来の革新共闘に経済界や保守系政治家の一部が合流した「オール沖縄」陣営と、米軍普天間飛行場の辺野古移設を推進する自公政権が全面対決する構図となっている。
琉球新報2019/6/27沖縄
市田さんは「民族衣装は、戦争や虐殺などをくぐり抜けて守ってきた民族の歴史。手仕事の面白さを見てほしい」と話していた。会期中は随時、市田さんによるギャラリートークを行っている。
大阪日日新聞2019/6/27大阪
大絵馬は西南戦争(1877年)や、太宰府天満宮と思われる神社、夫婦岩(場所は不明)をテーマにした3枚で、境内の「絵馬堂」に掲げられていた。地域の祭りなどでステージとしても使われる絵馬堂には窓ガラスなどがなく、絵馬は風雨にさらされ、原画は消えかかった状態だった。
佐賀新聞2019/6/27佐賀
「国会周辺で反対派のデモが続く中でも(2015年に)安全保障関連法案は成立した。少数意見は取り入れられないのだろうか」と「安倍1強」が続く国政へのもどかしさを吐露。参院選に「期待することは特にない」としつつ「投票には行くつもり。
下野新聞2019/6/27栃木