2019年3月27日 辺野古、ゴラン高原、嘉手納、座間味、相模原

2019年3月27日の27件のメディア記事などをチェックしました。この日確認した報道では、ミサイル、嘉手納、イベント、相模原、みだら、ゴラン高原、教科書、県議会、踊り子、カンニング、座間味、市議会、小学校、辺野古、という熟語などが使われていました。27の記事へのリンクを参考までに書いておきました。
陸上自衛隊秋田駐屯地は25日、18歳未満の少女と酒を飲み、みだらな行為をしたとして、同駐屯地の第21普通科連隊の男性1等陸士(20)を停職30日の懲戒処分にしたと発表した。駐屯地によると2018年8月10日、秋田市の飲食店で少女と飲酒後、ホテルでみだらな行為をした。
河北新報2019/3/27秋田
県生活と健康を守る会連合会(県生連)は26日、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)の配備を目指す政府の計画に反対するよう県に求める2243筆の署名。
秋田魁新報2019/3/27秋田
秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が候補地となっている地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、佐竹敬久秋田県知事と穂積志秋田市長は26日、防衛省で原田憲治防衛副大臣と会談した。知事らは「住民の懸念や不安が解消されず、議会を含めて地元の理解が進んでいない」として計画を強行せず、丁寧に対応するよう申し入れた。
河北新報2019/3/27秋田
菅義偉官房長官は27日の参院予算委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先である名護市辺野古の埋め立て予定区域で発覚した軟弱地盤の存在について、1月18日に防衛省の担当局長から報告を受けていたと説明した。
北海道新聞2019/3/27北海道
市長という激務にも、戦争で生活に苦労した両親への思いから「私のつらさなんて、何でもない」と笑う。座右の銘は「至誠一貫」。「一つのことを曲げずに積み上げていくことが大事」と語る。
東京新聞2019/3/27神奈川
海上自衛隊は27日、部隊の試験でカンニング行為をしたとして、横須賀基地業務隊の20代の男性海士長を減給1カ月(10分の1)の懲戒処分にした。
神奈川新聞2019/3/27神奈川
イスラエルが1967年の第3次中東戦争でシリアから奪い、占領を続けるゴラン高原を巡り、トランプ氏がイスラエルの主権を承認する文書に署名した。国際社会は占領を認めていない。トランプ氏は2017年にもイスラエルとパレスチナが帰属を争うエルサレムをイスラエルの首都と認定し、テルアビブの米大使館の移転を強行した。
高知新聞2019/3/27高知
陸上自衛隊崎辺分屯地が26日、長崎県佐世保市崎辺町に開設した。離島防衛を主任務とする水陸機動団の隷下部隊、戦闘上陸大隊を中心に置かれ、水陸両用車の操縦訓練や空包の射撃訓練をする。機能強化のため機動団はこの日、約300人増強され、約2400人になった。
長崎新聞2019/3/27長崎
【嘉手納】沖縄県の米軍嘉手納基地内にあるF15戦闘機の駐機場近くで建設工事が進められていた施設について、同基地の第18航空団は26日、外来戦闘機専用のひさし付き駐機場であることを明らかにした。建設現場には元々、外来戦闘機が一時的に駐留するための野外駐機施設が整備されていたが、ひさしや雨風を防ぐ屋根はなかった。
琉球新報2019/3/27沖縄
米軍は1945年3月26日、座間味村阿嘉島に上陸し、沖縄戦の地上戦が始まった。平和之塔には「集団自決」(強制集団死)の犠牲者を含む村民647人、日本軍人376人、朝鮮人軍夫や教員ら177人の計1200人がまつられている。
琉球新報2019/3/27沖縄
沖縄の米軍基地については、移設問題や米兵による事件を挙げ、「大きな課題」と書いた教科書もあった。一方で、歴史認識を巡っては疑義が生じかねない記述も見られた。沖縄戦と米軍基地問題は、高学年の社会全6点で触れられた。
沖縄タイムス2019/3/27沖縄
沖縄の自己決定権や米軍基地問題について発信している人々は「辺野古新基地建設に通じる」「日本の植民地主義は140年前から続いている」などと訴えている。基地問題を独自の動画で全国に発信しているユーチューバーの多嘉山侑三さん(34)は「政府の都合で沖縄を利用し、人々をないがしろにしている点で現在の辺野古新基地建設と通じている」と指摘する。
琉球新報2019/3/27沖縄
「岡の上の野原に自然部落が出来たので岡野と称えるようになった」という▼住吉は米軍に土地を奪われた住民が移り住んだ地で「旧名称のまま住吉区と唱える」ことになった。いずれも沖縄戦によって生まれた地であり、集落であった▼「真和志市誌」発刊時の市長は翁長助静氏。
琉球新報2019/3/27沖縄
【宮古島】南西諸島の陸上自衛隊配備計画を巡り、宮古島市上野野原に新設された宮古島駐屯地に26日、宮古警備隊約380人が編成された。1972年の沖縄の日本復帰後、自衛隊施設新設は2016年3月の陸自与那国駐屯地(沿岸監視160人)に続いて2度目。
琉球新報2019/3/27沖縄
最大の争点である米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設については、早期の危険性除去に向けて「容認」する姿勢を改めて示した。島尻氏は辺野古移設について「普天間の危険性を一刻も早く除去するために苦渋の選択ではあるが容認せざるを得ない」と述べた。
琉球新報2019/3/27沖縄
日米地位協定の改定に関しては「公明党が掲げている5項目と同じ意見だ」と述べ、米軍関係者による凶悪犯罪の際の起訴前身柄引き渡しの明記などを求める考えを明らかにした。
沖縄タイムス2019/3/27沖縄
その上で、①埋め立て工事を直ちに中止し、新たな米軍基地建設を断念すること②普天間飛行場の運用を直ちに停止し閉鎖・撤去すること―を求めた。
沖縄タイムス2019/3/27沖縄
...p、~30日)▼安富歩と与那覇大智のトイレボリューション再び(今帰仁村歴史文化センター、~30日)▼戦争体験を未来につなぐ(ひめゆり平和祈念資料館、~31日)▼埋文コレクション・太夫人形(県立埋蔵文化財センター、~31日)▼渡邊慧おりがみ展(山と水の生活博物館、~31日)▼前田國男展(浦添市美術館、~31日)▼茅原南龍卒寿記念書展(県立博物館・美術館、~31日)▼公文識名・松川・城北書写教室成果発...
沖縄タイムス2019/3/27沖縄
辺野古に通うのは「基地があると戦争にもつながる。戦争のない世界にしたい」との思いから。しかし本土では「しょうがないと思う人も多い。
琉球新報2019/3/27沖縄
沖縄県宮古島市上野野原(のばる)の陸上自衛隊宮古島駐屯地に、敵が上陸した場合に宮古警備隊が抗戦するための中距離多目的誘導弾(ミサイル)が保管される計画があることが26日、分かった。配備を容認している野原、千代田の両部落会は駐屯地に(1)ミサイルを保管しない(2)ヘリパッドを置かないこと-を防衛省に求めてきた。
沖縄タイムス2019/3/27沖縄
【名護】名護市議会(大城秀樹議長)は26日の3月定例会最終本会議で、辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票の結果を尊重し、埋め立て工事の中止、新たな米軍基地建設の断念を求める意見書を、13対11(退席1)の賛成多数で可決した。
琉球新報2019/3/27沖縄
防衛省は26日、沖縄県宮古島市上野野原(のばる)のゴルフ場「千代田カントリークラブ」跡地に整備した陸上自衛隊宮古島駐屯地に、宮古警備隊を新設した。同日、鹿児島県奄美市にも同部隊と地対空・地対艦ミサイル部隊の計3部隊を新たに設置。
沖縄タイムス2019/3/27沖縄
九州・沖縄を管轄する西部方面後方支援隊は26日、大規模な災害対応、補給支援の即応性を高めようと、補給大隊と弾薬大隊の2部隊を陸上自衛隊目達原駐屯地(神埼郡吉野ヶ里町)に新たに編成した。
佐賀新聞2019/3/27佐賀
日中戦争最中の三九(昭和十四)年に現在の官房長官に相当する内閣書記官長、風見章(一八八六〜一九六一年)の支援を受けて全国を行脚し、戦争に対する世論を調査。「国民は戦争に賛成していない」と当時の近衛文麿首相に報告していたことも分かった。
中日新聞2019/3/27富山
■研究会が新資料発表戦時下最大の言論弾圧事件「泊・横浜事件」で逮捕された泊町(現朝日町)出身の政治学者、細川嘉六(1888~1962年)が事件や米騒動について自らの体験を語った資料が見つかった。
北日本新聞2019/3/27富山
米軍岩国基地(岩国市)への空母艦載機の移転完了から30日で1年となるのを前に、福田良彦市長は26日の記者会見で、1年間の基地周辺の騒音を検証し早期に公表する考えを示した。
中国新聞2019/3/27山口
...レッジ、サニカ、山日YBSグループ、三和リース、ジーベック、シーマ電子、ジインズ、JAフルーツ山梨、防衛省自衛隊、システムインナカゴミ、ジットグループ、下部ホテル、昭和測量、セコム山梨、タップ、中部食品、都留信用組合、DCMくろがねや、テンヨ武田グループ、東京エレクトロンテクノロジーソリューションズ、東京海上日動火災保険、内藤ハウスグループ、日医工山梨グループ、日産プリンス山梨販売、日新トラベルサ...
山梨日日新聞2019/3/27山梨