2019年3月20日 辺野古、ロシア、芥川賞、普天間、袖ケ浦、宜野湾

2019年3月20日の18件のメディア記事を収集しました。この日に見た紙面やネットでは、普天間、取り下げ、ジュゴン、辺野古、宜野湾、芥川賞、大学生、コンビニ、先送り、日章旗、袖ケ浦、見直し、ロシア、などの文字をみつけることができました。18件の記事URLは以下の通り。
これを契機に戦争が二度と起こらないよう皆さんと祈りたい」と願った。
千葉日報2019/3/20千葉
陸上自衛隊福島駐屯地は19日、酒気帯び状態でオートバイを無免許で運転したとして、第11施設群の男性1等陸士(20)を停職4カ月の懲戒処分とした。同駐屯地によると、男性1等陸士は依願退職の意向を示しているという。
福島民友新聞2019/3/20福島
海上自衛隊は20日、厚木基地(大和、綾瀬市)の基地隊に勤務する50代の3等海佐をコンビニで食料品を盗んだとして停職15日の懲戒処分にしたと発表した。
神奈川新聞2019/3/20神奈川
防衛省は配備候補地の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)、むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)の両周辺地域で説明会を繰り返したが、住民理解は進んでいない。一方で地上イージス2基の取得経費が一部予算計上され、年度内に配備地としての適否を判断する調査が終わる。
河北新報2019/3/20宮城
西日本は陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)が候補地とされる。地元で反発が強まる中、最初に動いたのは阿武町だった。昨年9月、花田町長が自治体トップとして初めて反対を表明した。
河北新報2019/3/20宮城
戦争で多くの友を亡くしており、その憲法学には平和への思いが強くにじんでいる。伊那北高の斉藤則章校長は昨年、全校集会で本紙の連載を紹介。相次いだ自然災害も絡め「命とは何か。
信濃毎日新聞2019/3/20長野
「禁じられた遊び」はルネ・クレマン監督作で、戦争孤児になった少女と農家の少年の純真な交流を描く。戦闘シーンをほとんど描かずに反戦の訴えを詩的につづっており、ベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したほか、「キネマ旬報」ベストテン外国映画部門第一位にも選ばれた。
中日新聞2019/3/20長野
同大使館は文書で、核兵器の目的は大規模な通常兵器戦争を防ぐことで、核兵器の潜在的な破壊を考えると「核兵器は使用されてはいけない」との見解を示した。一方、米国がINFを破棄しようとしているのにアピール文には米ロ両国に責任があるかのように書かれていると主張し、アピール文に「同意できない」とした。
長崎新聞2019/3/20長崎
沖縄県名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票の宜野湾市の投票結果について、米軍普天間飛行場を抱える宜野湾市の松川正則市長は15日、「反対数は全体の有権者(投票資格者数)の3分の1で、少し少ないと感じている」と述べた。
沖縄タイムス2019/3/20沖縄
岩屋毅防衛相は19日の記者会見で、名護市辺野古の新基地建設工事の中止などを求めた県民大会が開かれたことに対し、辺野古を進めなければ米軍普天間飛行場が「間違いなく固定化する」とし、工事を進める必要性を強調した。
沖縄タイムス2019/3/20沖縄
米軍普天間飛行場の移設に伴う沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局はジュゴンの調査を工事着手前から調査し、3頭を確認していた。海上工事着手後、これまでに2頭の行方が分からなくなっており、今回死んだのは2019年2月まで唯一確認されていた1頭だった。
琉球新報2019/3/20沖縄
...米軍に長時間拘束され海上保安官に緊急逮捕された目取真さんが、国に損害賠償を求めた訴訟。逮捕の違法性認定を勝ち取り、新基地建設に反対する思いを新たにした。判決によると、目取真さんは辺野古沖の臨時制限区域内の浅瀬で拘束された後、2時間程度の時間をかけて米軍キャンプ・シュワブ内に連行され、ぬれたウエットス...
琉球新報2019/3/20沖縄
目取真さんは2016年4月1日、米軍キャンプ・シュワブ周辺をカヌーで抗議活動中、立ち入り禁止の臨時制限区域に入ったとして米軍に拘束された。8時間にわたり基地内に留め置かれた揚げ句、海上保安庁・中城海上保安部によって緊急逮捕されている。
琉球新報2019/3/20沖縄
辺野古を巡る問題の方針決定には、これまで官邸の意向が大きく影響してきただけに、防衛省関係者は「予定通りになるかは断言できない」と語った。(山口哲人、當山幸都)。
琉球新報2019/3/20沖縄
尾方良輔さん(佐賀大文化教育学部4年)の祖父は、よく戦争について話してくれたそうだ。その影響か世界の歴史や貧困状態など社会情勢に興味を持ち、進学する際に国際文化課程を選択した。国際的な何かを学びたいというだけだったが、2年生の夏休みに小学校でのボランティアに参加したことが大きく影響し、児童教育にかじを切った。
佐賀新聞2019/3/20佐賀
米軍横田基地(東京都福生市など)の工事残土を所沢通信基地(所沢市)へ搬入するための仮設ゲートの設置工事が十九日、所沢通信基地南西部の敷地内で始まった。現地には市民ら約八十人が集合。「土砂搬入反対」などと書かれたプラカードやチラシを掲げ、「汚染の可能性のある土砂を押しつけるな」「政府と防衛省は市民の声を伝えて」などと声を上げた。
東京新聞2019/3/20埼玉
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の陸上自衛隊むつみ演習場(萩市)への配備計画を巡り、同市の藤道健二市長は19日の記者会見で、受け入れの是非について「住民アンケートで民意を確認しない」との考えを示した。
中国新聞2019/3/20山口
米軍岩国基地の利用者に分かりやすくし、顧客の拡大につなげる。
中国新聞2019/3/20山口