2019年2月2日 辺野古、オスプレイ、佐世保

2019年2月2日の18件の報道各社の記事を精査しました。収集した新聞各社の報道を読むと、オスプレイ、市議会、辺野古、受験生、アゲアゲ、見通し、市街地、きょう、佐世保、不参加、子ども、気持ち、というワードが使われていました。18件の記事URLは以下の通りです。
(長屋文太)小松基地空上げは、小松産の塩こうじ、酒かすに鶏肉を漬け込み、米粉で揚げる航空自衛隊小松基地が考案したご当地メニューの唐揚げ。店では、昨年十月から国産鶏肉を使い、小松産大麦みそにも漬け込んだ空上げを販売している。
中日新聞2019/2/2石川
合意した政策は(1)10月の消費税増税中止(2)憲法改正の阻止(3)米軍普天間飛行場の辺野古移設反対(4)農業者戸別所得補償制度と種子法の復活−など。東日本大震災関連では、原発ゼロ社会の実現と被災者生活再建支援金の引き上げを盛り込んだ。
河北新報2019/2/2岩手
市は26年に米軍上瀬谷通信施設の跡地(同市瀬谷、旭区)での花博開催を目指しているが、専任職員は現在、いない。「招致活動から実行まで、かなりのパワーを必要とする」(林文子市長)ことから、「国際園芸博覧会招致推進室」を新たに設けて12人を配置、室長に理事級を充てる。
神奈川新聞2019/2/2神奈川
「NONUKES」の他は▽笹岡高志「山からの伝言」(良材ネットワーク)▽永野美智子「秦の昔話」(リーブル出版室)▽藤原義一「戦争のころ高知で」。特別賞は文・市原麟一郎さん、絵・狩野富貴子さん「にんじゃもへえ」(高知新聞総合印刷)。
高知新聞2019/2/2高知
「NONUKES」の他は▽笹岡高志「山からの伝言」(良材ネットワーク)▽永野美智子「秦の昔話」(リーブル出版室)▽藤原義一「戦争のころ高知で」。特別賞は文・市原麟一郎さん、絵・狩野富貴子さん「にんじゃもへえ」(高知新聞総合印刷)。
高知新聞2019/2/2高知
米海兵隊の輸送機オスプレイが2日午後、陸上自衛隊との合同訓練に参加するため、三重県伊勢市小俣町の陸自明野駐屯地に飛来する。4機程度が飛来する見通し。県が1日、東海防衛支局から報告を受けて発表した。
伊勢新聞2019/2/2三重
県は一日、米軍輸送機オスプレイ四機が、二日午後に伊勢市の陸上自衛隊明野駐屯地に飛来すると、防衛省から連絡があったと発表した。機体は四日から滋賀県高島市の陸自饗庭野(あいばの)演習場で実施する日米合同訓練に参加し、明野駐屯地はその間の整備拠点となる。
中日新聞2019/2/2三重
海上自衛隊や米海軍など軍港のイメージが強いが、休息を取る練習船の船員は市街地や駅に近い利便性の高さに魅力を感じている。国際クルーズ客船やフェリーを含め、多様な船舶が集まる港へと変わりつつある。1月29日、佐世保港の新みなと岸壁に大型帆船の練習船「海王丸」が優雅な姿を見せた。
長崎新聞2019/2/2長崎
月刊誌「噂の真相」の編集長を務め、沖縄の米軍基地問題でも積極的に発言してきた岡留安則さんが1月31日、右上葉肺がんのため那覇市内の病院で死去した。71歳だった。2016年に脳梗塞を発症し、その後は肺がんで闘病中だった。
沖縄タイムス2019/2/2沖縄
石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票条例案を市議会が否決した。条例案の中身に踏み込んだ議論はなされず、「住民が蚊帳の外の外の外に置かれた」(市住民投票を求める会の金城龍太郎代表)まま、1万4263人の願いは置き去りにされた。
琉球新報2019/2/2沖縄
米軍新基地建設に伴う辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票が全41市町村で実施されることになったことを受け、「辺野古」県民投票の会代表の元山仁士郎さんが1日、県庁記者クラブで会見し、全県実施を歓迎した。元山さんは、新たに「どちらでもない」の選択肢が加わり実施される県民投票に向け「どちらでもないという意思はどちらでもないでしかない。
琉球新報2019/2/2沖縄
14日告示、24日投開票の日程が目前に迫る中、米軍普天間基地の辺野古移設を巡る政策論議がようやく本格化する。辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票の全県実施が1日確定し、今後の焦点は投票率に移る。
琉球新報2019/2/2沖縄
沖縄県石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票を巡り、市議会(平良秀之議長)は1日の臨時議会で、住民投票条例案を可否同数の議長裁決で否決した。配備計画への明確な民意が示されることのないまま、配備に向けた動きが進むことになる。
琉球新報2019/2/2沖縄
石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画を巡り、市議会(平良秀之議長)は1日の臨時会で、同計画の賛否を問う住民投票条例案を可否同数(退席1)の議長裁決で否決した。採決は当初予定されなかったが、配備予定地の一部で造成工事を控える3月までに、県民投票と同日実施を目指した野党側が採決を求め、与党が審議不十分として否決した。
沖縄タイムス2019/2/2沖縄
戦後生まれが戦争を知らない世代に悲惨な沖縄戦の記憶を継承する新たな節目になる。時代にあった継承の仕方を模索していく」とあいさつした。動画を制作した映画監督の宮平貴子さん(39)は「展示とは違う資料館の平和な雰囲気を撮影し、子どもの幸せを願う親の気持ちをイメージしている」と話した。
琉球新報2019/2/2沖縄
米軍普天間飛行場の移設に伴う沖縄県名護市辺野古の埋め立ての賛否を問う県民投票を巡り、沖縄市、宜野湾市、石垣市で1日、投開票事務を実施することが正式に決まり、県民投票は24日に全41市町村で一斉に投開票されることが確定した。
琉球新報2019/2/2沖縄
「私には米国人の血が流れてるから米国に物が言える」…共産党出馬の翁長知事が訪米しても政府関係者の誰にも会えなかったし、沖縄の米軍基地の中にすら入れなかったのに、ハーフってだけで米国に堂々と意見できるとか、いい加減にしなさい〉ツイートとともに玉城デニー候補(当時、現知事)が支援者らに囲まれ演説する動画も添えられていた。
沖縄タイムス2019/2/2沖縄
岩屋毅防衛相は1日の閣議後会見で、神埼市千代田町の民家に陸上自衛隊目達原駐屯地のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故から5日で1年になるのを前に、「更に追加して(事故原因を)調査する必要があり、今、続けているところだ。
佐賀新聞2019/2/2佐賀