2019年1月27日 辺野古、さいたま、普天間

2019年1月27日の8件の新聞記事を解析しました。この日に見た紙面やネットでは、イベント、レンタル、辺野古、飛行場、普天間、さいたま、のような熟語などが使われていました。8個のコンテンツURLを記録しておきますね。
もし両軍が衝突していたら、戊辰戦争の最後は箱館ではなく石巻だったかもしれない。元石巻市教育長で郷土史家の阿部和夫さん(80)=石巻市芸術文化振興財団理事長=は「決戦が行われれば、街が焦土と化した恐れもある。
河北新報2019/1/27宮城
韓国海軍の駆逐艦による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題などで日韓関係が急速に悪化する中、「残念な事案が続いているが、日・米・韓の関係は地域の安全保障上、極めて重要。防衛当局間の協力関係は維持、継続させていきたい」と述べ、日韓双方に冷静な対応が必要との認識を示した。
大分合同新聞2019/1/27大分
岩屋毅防衛相は26日、別府市の陸上自衛隊別府駐屯地(山田憲和司令)を視察した。約800人の隊員を前に「別府駐屯地は北部九州防衛・警備の要、中核だ。わが国と国民を守る自衛隊の役割はこれまで以上に大きくなっている。
大分合同新聞2019/1/27大分
...)■アート・展覧会なつかしの教科書展(県立図書館)▼松竹梅の紅型衣裳(那覇市歴史博物館、~30日)▼戦争と人々のくらし(県平和祈念資料館、~31日)▼琉球のイケメンユニットの旅(首里城公園、~31日)▼沖縄の空港展(県庁、~2月1日)▼発掘されたお金展(浦添市歴史にふれる館、~2月22日)▼沖縄県民の戦争被害と次代への継承(八重山平和祈念館、~2月24日)▼ぎのわんの字展~宇地泊編(宜野湾市立博物...
沖縄タイムス2019/1/27沖縄
【辺野古問題取材班】名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票を巡り、新基地建設に反対する団体が26日、辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前でキックオフ集会を開いた。集会には主催した「新基地建設反対県民投票連絡会」の発表で3千人(主催者発表)が参加。
琉球新報2019/1/27沖縄
【宜野湾】25日未明、米軍普天間飛行場から炎と黒煙が上がる様子が確認された。目撃者によると、15分の間隔で大きなオレンジ色の火柱や黒煙が立ち上っていたという。同飛行場内で実施された消防の消火訓練の一環だが、目撃者からは「炎、煙の規模が異常」と不安の声が上がった。
琉球新報2019/1/27沖縄
余命宣告を受けながら、完成させた大林監督の「戦争三部作」の最後を飾る集大成。自分の命さえ自由にならない日米開戦前夜を生きる若者たちのすさまじい青春群像劇が、圧倒的な映像力で描かれている。2016年に唐津市内一円で撮影され、唐津くんちの曳山が全面協力するなど市民エキストラも数多く出演。
佐賀新聞2019/1/27佐賀
英仏百年戦争の激戦・アジンコートの戦いに臨む人々の群像劇。主演の松坂桃李さん(30)が若きイングランド王ヘンリー五世を演じる。吉田さんは説明役(コーラス)で出演。
埼玉新聞2019/1/27埼玉