2018年12月30日 辺野古、戊辰戦争、健次郎、フランス、五十嵐

2018年12月30日の15件の新聞記事などを観察しました。この日確認した報道では、埋め立て、まとめ、健次郎、裏付け、戊辰戦争、ポスト、マティス、辺野古、五十嵐、歯止め、御朱印、フランス、ゆかり、メモリアル、亡き人、経済学部、スマイル、子ども、などのことばが散見されました。15件の記事URLは以下の通り。
150年前の戊辰戦争で使用されたとみられる不発弾1発が、秋田県大館市で見つかった。同市は新政府側についた秋田軍と旧幕府側の南部軍の激戦地。節目の年に見つかった貴重な資料との見方がある一方で、爆発しかねない当時の砲弾がまだ残っている可能性があるとして専門家は注意を呼び掛けている。
秋田魁新報2018/12/30秋田
「神社の社殿を戊辰戦争で失われる前の姿に復興したい」。会津藩祖・保科正之を祭る猪苗代町の土津(はにつ)神社は31日から、ご神木を使った御朱印帳を初穂料と引き換えに手渡す。社殿の復興費などに充てる予定で、禰宜(ねぎ)の宮沢重嗣さん(33)は戊辰150年の節目に、復興プロジェクトをスタートさせる。
福島民友新聞2018/12/30福島
「神社の社殿を戊辰戦争で失われる前の姿に復興したい」。会津藩祖・保科正之を祭る猪苗代町の土津(はにつ)神社は31日から、ご神木を使った御朱印帳を初穂料と引き換えに手渡す。社殿の復興費などに充てる予定で、禰宜(ねぎ)の宮沢重嗣さん(33)は戊辰150年の節目に、復興プロジェクトをスタートさせる。
福島民友新聞2018/12/30福島
山川は会津藩出身で、戊辰戦争後は長州藩参謀奥平謙輔の保護を受けて勉学の道に入り東京帝大総長を務めたほか、京都帝大や九州帝大でも総長を務めた。山川らを奥平のいる新潟まで連れて行ったのが真龍寺第10世河井善順だった。
福島民友新聞2018/12/30福島
病気、事故、自殺、そして戦争。震災に限らず、目の前から消えた最愛の人に向かって便りをしたためたり、話し掛けたりする人々が絶えない。<私は震災にあった者ではありません。
河北新報2018/12/30岩手
小野小3年の楢原ねねさん(9)は「戦争がない平和な世界になってほしいと思って描いた」。同町子ども会の高瀬栄一郎会長(41)は「正月文化を体験してもらえた。豪雨もあったが、子どもたちが感じていることを知ることができた」と話した。
大分合同新聞2018/12/30大分
ただ、工事は当初計画より遅れが生じ、仲井真氏と安倍晋三首相が約束した米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止は期限となる来年2月の実現は不透明。辺野古反対の民意が県内世論の多数を占め続ける中で、5年前の承認時に想定された状況と異なっている。
沖縄タイムス2018/12/30沖縄
どちらも戦争で焦土と化した沖縄を憂い、復興を願う内容だ。山内家には複数の「ひやみかち節」の楽譜が保存されているが、年代が分かる最古の楽譜は52年のものだ。これからも平良が53年にこの琉歌を詠んだという説は誤りだといえる。
琉球新報2018/12/30沖縄
新基地建設の理由を「抑止力の維持」と説明する政府に対し、「米軍再編で2025年から海兵隊を中心に沖縄の兵力をグアムなどへ分散する。現状の兵力6千人が、800人になる。抑止力維持というのは、再編計画と合わない」と疑問を投げ掛けた。
沖縄タイムス2018/12/30沖縄
...文化庁映画賞の文化記録映画部門大賞に「まぶいぐみ~ニューカレドニア引き裂かれた移民史~」、優秀賞に「米軍が最も恐れた男その名は、カメジロー」(10月)。手話コメディー劇団アラマンダがよしもと沖縄花月で旗揚げ公演(8月)、演芸集団FECが旗揚げ25周年祭(11月)「おきなわ芸術文化の箱」と青森市の劇団「渡辺源四郎商店」による「ハイサイせば~Hello-Goodbye~」上演(2月)、「利賀演劇人コン...
沖縄タイムス2018/12/30沖縄
会見では、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の是非を最大の争点に掲げ、知事選で示された辺野古反対の民意を原動力にしたい考えを示した。(1面に関連)会見では、今後の米軍再編により、辺野古移設の根拠の一つとなっている「抑止力の維持」は現実的ではないとの持論を展開し、名護市を抱える3区の候補者として新基地建設反対の姿勢を明確にした。
琉球新報2018/12/30沖縄
トランプ大統領は19日、内戦が続くシリアから米軍を完全撤収させることを決定。その翌日には、トランプ氏の方針に反対するマティス国防長官が辞任することが決まった。米政治・経済の不透明性などを背景に株価は乱高下。
琉球新報2018/12/30沖縄
自給率が下がり、食料安全保障上、非常に問題になる」と指摘。「決まった以上は『国内農業に影響を与えない』という政府が言うことを担保してもらうしかない。もし守られないようであれば、対策を求めていかなければならない」と語った。
佐賀新聞2018/12/30佐賀
10代で終戦を迎え、戦争の悲惨さを身をもって体験した。九州大で助手を経て、佐賀大では経済学部教授、同学部長も務め、アジア諸国と共同研究を進める基盤を作った。最終講義では「歴史の真実を見極める目を持って」と語り、関東軍731部隊の生体実験を糾弾した森村誠一さんの「悪魔の飽食」の詩をもとにした合唱組曲を、佐賀で歌う実行委員長も務めた。
佐賀新聞2018/12/30佐賀
戊辰戦争の露と消えた吉田の遺産は、150年を経て地域経済を支え続ける。(文・酒井原雄平写真・岩野一英)[天童将棋駒]山形県将棋駒協同組合(天童市)によると、2017年度の将棋駒関連商品の生産額は2億7400万円。
河北新報2018/12/30山形