2019年9月29日 普天間、農水省、上武大、嘉手納、クシャ、国防総省

2019年9月29日の13件のメディアの記事などを精査しました。この日に見つかった報道の言葉は、クシャ、モニュメント、つまみ食い、飛行場、オスプレイ、農水省、上がり、普天間、嘉手納、国防総省、離着陸、上武大、元請け、という熟語などが使われていました。13個のコンテンツURLを記録しました。
県職員や災害派遣を要請した陸上自衛隊員ら延べ3810人を動員した。作業中に県職員5人が体調不良を訴えたり、軽いけがを負ったりした。
岐阜新聞2019/9/29岐阜
太平洋戦争時に米軍機の機銃掃射によるとみられる貫通穴があり、群馬県伊勢崎市、埼玉県深谷市の両市民が保存を求めてきた旧上武大橋で、橋の一部を使ったモニュメントの仕上げ作業が28日、深谷市側で行われた。両市の小学生や保護者ら約50人が塗装作業に取り組み、戦禍の記憶を伝え続けることを誓った。
上毛新聞2019/9/29群馬
同事務所は午前6時40分から約35分間、滑走路2本をいずれも閉鎖したが、隣接する航空自衛隊千歳基地の滑走路を使用したため、運航に影響はなかった。空港事務所によると、職員が滑走路の中央付近にある緑地帯でシカ2頭が歩いているのを目撃。
北海道新聞2019/9/29北海道
中央政界で著名な椎名氏親子は、選挙区では運輸相などを務めた小沢佐重喜氏(1898〜1968年)、自民党幹事長だった長男小沢一郎衆院議員(岩手3区)と、親子2代にわたって「水沢戦争」と呼ばれる戦いを繰り広げた。
河北新報2019/9/29岩手
下平さんは、被爆後に病に苦しんで自殺した妹に触れ「人間らしく生きることも死ぬこともできないのが戦争。こういうことは私たちで十分だ」と述べ、平和な世界の実現を願った。田中共同代表は世界の核軍縮の動きが停滞しているとして「緊急アピール」を発表。
長崎新聞2019/9/29長崎
河野太郎防衛相は29日、就任後初めて沖縄県を訪れ、米軍普天間飛行場の移設先となっている名護市の渡具知武豊市長や辺野古沿岸部に近い辺野古、久志、豊原の3区長と面談した。河野氏は「政府としては普天間飛行場の危険除去を一日も早く進めなければならないと考えている。
琉球新報2019/9/29沖縄
【嘉手納】米軍横田基地(東京都)に配備されているCV22オスプレイが嘉手納基地へ飛来する際、防衛省の出先機関側から都に事前の情報提供がある一方、嘉手納町にはないことが28日までに分かった。沖縄防衛局は沖縄タイムスの取材に対し「防衛省内部での情報のやりとりについてお答えは差し控える」としている。
沖縄タイムス2019/9/29沖縄
嘉手納署は29日、酒を飲んで車を運転したとして米軍嘉手納基地空軍所属で国防総省教育活動広報員の男(56)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。調べに「上司に聞いてから回答する」と供述しているという。
沖縄タイムス2019/9/29沖縄
【中部】米軍普天間飛行場に米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが配備されて10月1日で7年、米軍横田基地(東京都)に米空軍のCV22オスプレイが配備されて1年となる。米軍機の飛行が制限されている深夜早朝(午後10時~翌午前6時)の時間帯をみると、2017年度は離着陸した全機種のうちMVが占めたのは29・8%。
沖縄タイムス2019/9/29沖縄
現在は公共事業から米軍基地関連、民間工事までを請け負うが、末端である現場は好況の恩恵が行き届いていないことを指摘する。好況とされる県経済の背景にあるのは増加する観光客に向けた民間ホテル建設や公共事業など、好調な建設関連需要のはずだが、社長の表情は厳しい。
琉球新報2019/9/29沖縄
...知事は知事選や国政選挙、今年2月の県民投票で示された「新基地反対の民意は揺るぎないものだ」と強調し、米軍普天間飛行場の早期返還・閉鎖と辺野古新基地建設断念を求め、「対話」による解決を訴えた。河野防衛相は「日米同盟の抑止力を維持しながら普天間飛行場を全面返還するための方策として辺野古移設を政府として一日も早くやらないといけない」と述べるなど従来の政府方針を堅持する考えを示し、両者の会談は平行線に終わ...
琉球新報2019/9/29沖縄
(27日付)■社会神埼陸自ヘリ事故、防衛省が最終報告神埼市千代田町で昨年2月、陸上自衛隊目達原駐屯地(神埼郡吉野ヶ里町)所属のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故で、防衛省は27日、主回転翼を固定する金属製ボルトの破断原因に関する調査結果と再発防止策を、佐賀県と関係3市町に伝えた。
佐賀新聞2019/9/29佐賀
米軍岩国基地の児童らを招いた国際交流会が28日、岩国市通津の通津小学校であり、同校と基地の親子、近くの通津中学校の生徒ら計約100人がギョーザ作りや折り染めを体験した。小学校と基地の距離が約10キロと近いため、「距離以上に親しい関係を築こう」と宮井信明校長の発案で2015年に始めた交流会は19回目。
山口新聞2019/9/29山口