2018年10月29日 辺野古、田野畑、千代田、茅ケ崎、オスプレイ、自衛隊、鹿児島湾

2018年10月29日の19件のメディアの記事などを観察しました。一通りチェックした感じでは、鹿児島湾、田野畑、新発田、辺野古、オスプレイ、見直し、ゆかり、自衛隊、茅ケ崎、千代田、イベントシュワブ、ファン、タンク、きょう、といった単語が見出しに使われていました。19件の記事へのリンクをスクラップします。
地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入を進める防衛省は29日、候補地である秋田市の陸上自衛隊新屋演習場で現地調査を始める。同省は6月に調査実施の意向を示してから、配備を巡っては安全面で適切な対策を講じるなどと繰り返し説明してきた。
河北新報2018/10/29秋田
イージス・アショアの配備候補地、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場周辺では計画に反対する意見が広がっている。演習場に最も近い新屋勝平地区振興会(人口約1万3000)は、7月25日の臨時理事会で「住宅密集地に迎撃ミサイル基地を配備することは許されない」などと反対を決議。
河北新報2018/10/29秋田
防衛省は29日、迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)の配備候補地としている秋田市の陸上自衛隊新屋演習場で適地調査を開始した。地質、測量、電波環境の各種調査を年度末までに終え、結果を基に配備できるかどうかを来年4月以降に判断する見通し。
秋田魁新報2018/10/29秋田
全国の会津好きが集まった「会津ファンクラブ」の交流イベント「第3回会津ファンの集い」が27日、会津若松市で開かれ、戊辰戦争ゆかりの地を巡るツアーや交流会を通して、会津の歴史や文化を堪能した。同クラブは、会津若松観光ビューロー(新城猪之吉理事長)が運営し、2013(平成25)年に発足、現在は約2500人の会員がいる。
福島民友新聞2018/10/29福島
田野畑村机の机自治会(下机勝則自治会長)は28日、「田野畑・机の戊辰戦争150年プロジェクト」の一環で、同村の長距離自然歩道「みちのく潮風トレイル」を歩き、地域の魅力を探った。机浜番屋群などの観光資源の価値や、戊辰戦争で旧幕府軍の軍艦が逃げ込んだとされる歴史を住民自ら学んだ。
岩手日報2018/10/29岩手
訓練には海上保安制度70周年を記念し、海上自衛隊ヘリや県警船艇も参加した。同市武2丁目の笹川育美さん(34)は「迫力があり、ヘリコプターを使った救助は精度の高さに驚いた」と話した。
南日本新聞2018/10/29鹿児島
先の戦争で旧日本軍の「慰安婦」にさせられた女性たちの証言や闘いを記録映像で描いている。上映会は、市民による実行委員会が「日本やアジアの歴史を知り、多角的に学べる場になれば」と企画。市と市教委は「市民による文化、社会教育活動の振興を支援する」という考えに基づき後援した。
神奈川新聞2018/10/29神奈川
防災訓練には住民でつくる自主防災クラブや陸上自衛隊、消防など17団体が参加。柳原さんの講演のほか、倒れたブロック塀の下敷きになった人の救助や炊き出し、避難所開設といった訓練があった。町によると、自主防災クラブの結成率は全世帯のうち3割弱にとどまる。
西日本新聞2018/10/29熊本
日本の都市部のお祭りは、太平洋戦争によってほとんどがなくなりました。空襲でお祭りの道具も焼かれ、多くの人を失いました。戦後の日本では、各市や町、商店街が予算を付けて、官主体のお祭りを行ってきましたが、1990年代になるとバブル崩壊もあって衰退していきました。
河北新報2018/10/29宮城
太平洋戦争などで亡くなった500余柱の冥福を祈った。長与町殉国慰霊奉賛会(会長・吉田慎一町長)が開いた。遺族や町民らが献花し、黙とう。
長崎新聞2018/10/29長崎
陸上自衛隊新発田駐屯地は29日、同僚隊員の財布から現金を盗んだとして...。
新潟日報2018/10/29新潟
...蔵文化財センター、~11月25日)▼御後絵と琉球絵画(首里城公園、~11月29日)▼骨からわかる古代人の食べ物(浦添市歴史にふれる館、~11月30日)▼企画展「伊良波ゆかりの組踊『雪払』」(豊見城市歴史民俗資料展示室、~12月2日)▼守れ!琉球の宝(首里城公園、~12月13日)▼沖縄の日本軍慰安所と米軍の性暴力パネル展(沖縄愛楽園交流会館、~12月15日)▼儀間比呂志の世界(県立博物館・美術館、~1月6日)。
沖縄タイムス2018/10/29沖縄
...陸上自衛隊と年に2回実施する「日米合同演習フォレスト・ライト」に参加している。米海兵隊は12日、キャンプ・コートニーで第3海兵師団の戦闘強襲大隊の解散式を実施した。米海兵隊当局は、本紙の取材に対し、「第4海兵連隊に統合された海兵隊員約1000人のうち、多くは除隊またはカリフォルニアやノースカロライナ...
沖縄タイムス2018/10/29沖縄
社会問題を題材に、東京や大阪を拠点にして公演する劇団「月桃の花」歌舞団が十二月二日、福島の原発事故や沖縄のオスプレイ問題を題材にしたミュージカル「ガマ人間あらわる」を、大津市園城寺町の市伝統芸能会館で上演する。
中日新聞2018/10/29滋賀
浜松市中区の萩丘幼稚園の園児がこのほど、西区の航空自衛隊浜松基地を訪れ、練習機「T―4」の機外燃料タンクに絵を描いた。タンクは11月25日に同基地で開催される「エアフェスタ浜松2018」で展示する。園児約100人は普段T―4が置かれている格納庫で4グループに分かれ、多彩な塗料でタンクの表面にチューリップや星、ウサギなど思い思いのデザインを表現。
静岡新聞2018/10/29静岡
名護市辺野古で米軍普天間飛行場移設に反対する人々や、九五年の少女暴行事件で実刑判決を受けた元米兵へのインタビューもある。前沢さんは群馬県館林市生まれ。足利高を経て、慶応大文学部卒業。
東京新聞2018/10/29栃木
輸送機オスプレイなど安倍政権で急増した米国製の高額兵器導入が、大きな要因となっている。兵器の輸入拡大に伴い、毎年の後年度負担の支払いも増加しており、防衛費の大幅増につながっている。(「税を追う」取材班)日本は近年、米国政府の「対外有償軍事援助(FMS)」に基づき、兵器を多く輸入している。
東京新聞2018/10/29東京
旧米軍立川基地の滑走路拡張計画から農地を守ろうと砂川町(現立川市)の住民が立ち上がった「砂川闘争」により、米軍が計画を断念して今年で50年。かつての拡張予定地を巡る課題を考える講演会が11月4日、立川市砂川町の砂川学習館で開かれる。
東京新聞2018/10/29東京
ベトナム戦争とイラク戦争にそれぞれ従軍した元米兵二人が、都内で記者会見や講演をし、戦場の実態を語った。「日本は憲法九条を変えれば軍事化にブレーキが利かなくなり、米軍の指揮下に組み込まれた戦争で、他国住民の虐殺に加担もしかねない」と警鐘も鳴らした。
東京新聞2018/10/29東京