2018年9月22日 普天間、宜野湾、官兵衛、しげる、わらび座

2018年9月22日の25件のメディア記事をチェックしました。ザッピングしたところ、宜野湾、駆け引き、見通し、わらび座、ネット、イベントオスプレイ、官兵衛、普天間、しげる、海水浴、立候補、県知事、実体験、などの表現をみつけることができました。25個のコンテンツURLを記録しておきますね。
秋田県仙北市の劇団わらび座は11月25日から、戊辰戦争の際に秋田で戦死した大村藩(長崎県)の少年藩士を描いたミュージカル「俺(おい)はサムライ・ドラマー!~浜田謹吾ものがたり~」を上演する。制作発表会見が21日、県庁で行われ、脚本・演出担当の栗城宏さんが「戦場に向かう浜田には、私たちが大切にすべき『人を思いやる心』があったと思う。
秋田魁新報2018/9/22秋田
幕末の会津藩士で、西南戦争の際に熊本県で討ち死にした佐川官兵衛を顕彰している熊本佐川官兵衛顕彰会の興梠(こおろぎ)二雄(つぐお)会長ら10人が21日、会津を訪れた。一昨年の熊本地震で熊本の顕彰碑が壊れた際、会津佐川官兵衛顕彰会などの協力で新たな胸像が建立された経緯があり、戊辰150年の節目とお礼の意味を込めた。
福島民友新聞2018/9/22福島
幕末の会津藩士で、西南戦争の際に熊本県で討ち死にした佐川官兵衛を顕彰している熊本佐川官兵衛顕彰会の興梠(こおろぎ)二雄(つぐお)会長ら10人が21日、会津を訪れた。一昨年の熊本地震で熊本の顕彰碑が壊れた際、会津佐川官兵衛顕彰会などの協力で新たな胸像が建立された経緯があり、戊辰150年の節目とお礼の意味を込めた。
福島民友新聞2018/9/22福島
戊辰戦争から百五十年の節目にちなむ福島民報社による歴史講演会が、十月二十一日午後一時から郡山市の郡山女子大芸術館で開かれる。昨年から県内各地で開いている歴史出前講座の一つ。講師に郷土史家で「シリーズ藩物語守山藩」執筆者の遠藤教之氏、郡山女子大短期大学部地域創成学科講師の佐藤愛未氏を招く。
福島民報2018/9/22福島
防衛省が示している部隊改編を巡り、郡山市と同市議会、郡山商工会議所は21日、同省に対し、隊員が削減される見通しの郡山駐屯地(郡山市)の規模を存続するよう要望した。要望書では、隊員の約9割が県内出身者で雇用機会の確保に大きく貢献している。
福島民友新聞2018/9/22福島
山内館長は「原の暗殺後に陸軍の暴走が始まり、日本は太平洋戦争への道を歩んだ。原が生きていれば歴史は変わっていたかもしれない」と結んだ。
岩手日報2018/9/22岩手
太平洋戦争に召集された経験に基づく作品「総員玉砕せよ!」や南方熊楠、平賀源内らの評伝からは人生哲学が感じられる。11月25日まで。有料。
京都新聞2018/9/22京都
航空自衛隊笠取山分屯基地と津市消防本部、伊賀市消防本部は二十一日、災害時に協力して対応する協定を結んだ。津市榊原町の同基地で初めての合同訓練があり、自衛隊員と消防隊員計四十二人が参加した。津市消防本部はこれまでも笠取山分屯基地、伊賀市消防本部とそれぞれ連携協定を結んでいたが、効率的な災害対応のため三者で協定を結んだ。
中日新聞2018/9/22三重
県被爆者手帳友の会の井原東洋一会長(82)は「長崎から平和に向かう取り組みを広げ、核も戦争もない世界を子どもたちに引き継ぎたい」と話した。
長崎新聞2018/9/22長崎
一番重視する政策で「基地問題」を挙げた人が41人と最も多く、市の中心部にある米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の是非が市長選の争点になるかという問いに「なると思う」と答えた人は過半数の61人に上った。アンケートは19~20日に市役所前や沖縄国際大学、市子育て支援センターなどで実施。
沖縄タイムス2018/9/22沖縄
米軍基地の集中、経済振興、福祉、教育…。沖縄が抱える問題は山積している。ネガティブ・キャンペーンでは政策論争は深まらない。
琉球新報2018/9/22沖縄
昨年12月に米軍ヘリ窓落下事故が発生した宜野湾市立普天間第二小学校(桃原修校長)と同校PTA、市教育委員会、沖縄防衛局は21日までに、防衛局が校内に配置している監視員と誘導員を10月1日から解除することを決めた。
琉球新報2018/9/22沖縄
知事選最大の争点である米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設については、自民党公認候補として、うるま市区から出馬する伊波かおり氏は「普天間飛行場の早期返還を望む」、石垣市区から出馬する自民党公認の大浜一郎氏は「司法判断の結果による」と回答し、両氏が支持する佐喜真淳知事選候補と同様に、新基地建設の是非は明確にしていない。
琉球新報2018/9/22沖縄
米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、実施されれば1996年以来となる県民投票に向けた県議会での議論が始まった。署名集めに賛同してきた県政与党が多数を占めるため条例案は可決される公算だが、県民投票の盛り上がりを占う上で移設を容認する自民党などの対応が焦点となる。
琉球新報2018/9/22沖縄
両氏とも米軍普天間飛行場の返還・移設問題を最重要課題に位置付け、激しい前哨戦を繰り広げている。選挙戦では米軍基地の跡地利用法や地域活性化、待機児童問題、教育政策なども主な争点になる。県知事選と同日選のため、松川氏は前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)、仲西氏は前衆院議員の玉城デニー氏(58)と、それぞれ知事選候補とセット戦術を展開している。
琉球新報2018/9/22沖縄
取材中、低空飛行の米軍機が頭上を通り過ぎた。女性は空を見上げて顔をしかめ、「避難する場所があっても、飛行機はいつも飛んでいる。最悪な状況は変わりない」と訴えた。
琉球新報2018/9/22沖縄
基地関係では米軍普天間飛行場について、返還合意から20年となった翌日、16年4月13日に「20年という時間はもう戻りません…。20年返還できなかった原因は…?…」と投稿した。辺野古新基地建設の埋め立て承認取り消しを巡っては、国が県を相手に提起した不作為の違法確認訴訟の最高裁判決で県が敗訴したことへの見解を提示。
琉球新報2018/9/22沖縄
最大の争点である米軍普天間飛行場の移設問題では、早期の閉鎖、返還の主張は一致したが、名護市辺野古への移設については見解が分かれた。経済振興や子育て分野などでは独自の政策を掲げた。辺野古移設について、松川氏は「国防、外交は国の専権事項であり、地方公共団体の首長で解決するのは厳しい。
琉球新報2018/9/22沖縄
...湿地センター、~24日)▼考古学から見た首里(壺屋焼物博物館、~27日)▼金城哲夫展・生誕80周年記念(南風原町立中央公民館、~27日)▼大昆虫展(宜野湾市立博物館、~30日)▼90年代沖縄アイドル展(おんがく村、~30日)▼オープン記念企画展・ゲート通り(沖縄市ヒストリートII、~10月28日)▼戦争と人々のくらし(県平和祈念資料館、~1月31日)。
沖縄タイムス2018/9/22沖縄
鳥栖市議会(定数22)と三養基郡基山町議会(定数13)は21日、佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を山口祥義知事が受け入れたことに反対する意見書案を審議し、いずれも賛成少数で否決した。意見書案はいずれも、防衛相との合意に関して「県民や漁民に寄り添うと言ってきた山口知事が国に従う態度をとったことは、4年前の知事選の公約に反する」と指摘した。
佐賀新聞2018/9/22佐賀
佐賀空港への自衛隊オスプレイの配備計画を巡る米軍利用の可能性について、佐賀市の秀島敏行市長は21日、「防衛省は米軍利用を取り下げたが、(利用の)否定はしていないと解釈している」と懸念を示した。市議会一般質問で白倉和子議員の質問に答えた。
佐賀新聞2018/9/22佐賀
自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備促進も盛り込まれている。21日の県議会本会議終了後、県連幹部ら12人が山口知事を訪ね、留守会長が要望書を手渡した。概要を説明した坂口祐樹政調会長は「道路などのハード整備は継続的な要望が多くなっている。
佐賀新聞2018/9/22佐賀
-佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画について佐賀県の山口祥義知事が8月24日、受け入れを表明した際、柳川市は事前協議がなかったとして抗議した。佐賀空港の東4キロに位置する柳川市は民間機の飛行経路で、自衛隊オスプレイは悪天候時の想定飛行経路になっている。
佐賀新聞2018/9/22佐賀
浜田市国分町の石見海浜公園海水浴場でこのほど、米軍岩国基地(岩国市)に所属する海兵隊員と島根県立大浜田キャンパスの学生、地元住民が清掃活動をした。同基地の関係者が多く訪れる縁から交流促進を図ろうと、同公園管理センターが初めて企画した。
中国新聞2018/9/22島根
陸上自衛隊第6師団(司令部・東根市神町駐屯地)の第6通信大隊は21日、遅刻した50代の男性1等陸曹を戒告の懲戒処分とした。同駐屯地広報班によると、1等陸曹は今年5月31日に始業時間になっても出勤しなかった。
山形新聞2018/9/22山形