2018年9月17日 会津若松、苫小牧

2018年9月17日の13件の新聞記事を精査しました。可能な限りみたところ、ライフライン、苫小牧、会津若松、殉節弔、のようなワードが使われていました。13個のコンテンツURLを記録しておきます。
穂別高は18日から授業再開◇入浴支援樹海温泉はくあ、富内生きがいセンター、ほべつの湯、道の駅「むかわ四季の館」横の駐車場(陸上自衛隊が開設)◇罹災証明書受け付け中。発行は25日からの予定◇無料の災害時用公衆電話穂別中屋内体育館、穂別町民センター、道の駅むかわ四季の館、富内生きがいセンター【日高町】◇断水・給水断水は全戸で解消(一部で漏水の復旧作業中)。
北海道新聞2018/9/17北海道
学生時代は太平洋戦争のまっただ中。勉強は手つかずだった。出会ったころ、チヨ子さんは字が読めず、手話もできなかった。
福井新聞2018/9/17福井
池田さんは陸上自衛隊に勤務していた1971年から民謡などでの慰問を始めた。80代で手品の勉強のために米国を旅行するなど熱を入れ続けてきた。「今日は8割くらいのできばえ。
西日本新聞2018/9/17福岡
池田さんは陸上自衛隊に勤務していた1971年から民謡などでの慰問を始めた。80代で手品の勉強のために米国を旅行するなど熱を入れ続けてきた。「今日は8割くらいのできばえ。
西日本新聞2018/9/17福岡
戊辰戦争で会津に転戦し、命を落とした長岡藩(新潟県)の藩士らの霊を慰める「長岡藩士殉節弔霊祭」は16日までに、会津若松市の本光寺で営まれた。参列者は戊辰150年の節目に、義を貫いた藩士らに思いを寄せた。
福島民友新聞2018/9/17福島
陸上自衛隊金沢駐屯地の創立68周年記念行事は16日、金沢市の同駐屯地で行われ、隊員は国防や被災地支援などの任務に精進する誓いを新たにした。 隊員約300人が参加した観閲行進では、守山駐屯地(愛知県)第10音楽隊を先頭に、徒歩部隊や戦車、装甲車の車両部隊が整然と列をなした。
北國新聞2018/9/17石川
防衛省九州防衛局は16日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の大型輸送ヘリコプター「CH53E」1機が15日午後4時40分ごろ、長崎空港に緊急着陸していたことを明らかにした。民間機への影響はなかったという。
長崎新聞2018/9/17長崎
事件は1948年4月3日、米軍政下で左派勢力の一部が武装蜂起したのを機に警察や軍が住民を虐殺。左派も非協力的な住民を処刑した。虐殺は同年8月の韓国成立後も続き、54年までに島民の1割に当たる3万人以上が犠牲になったとされる。
長崎新聞2018/9/17長崎
「沖縄の米軍基地には軍事的合理性がある」という「神話」の化けの皮が、またはがれた。石破茂元防衛相が自身のホームページで、沖縄に基地が集中した理由について、本土の反基地運動を恐れたためとの趣旨の発言をしていた。
琉球新報2018/9/17沖縄
俳句や名言をまとめた「友蔵の友」(フジテレビ出版)を読むと次世代への思いがあふれる▼「こんなに速く走ったのは空襲から逃げた時以来じゃ」と語る友蔵は戦争体験者。世界大戦を憂い、願う。「まる子がばあちゃんになっても、ずっと平和な世界が続くといいのう」▼本紙連載がじゅまるファミリーの亀吉おじぃとチルーおばぁは沖縄戦を体験した。
琉球新報2018/9/17沖縄
明治維新期の顕彰は地元でも行われ、武雄市は戊辰戦争の縁で「秋田竿燈(かんとう)まつり」を招いた。10月20日の「さが維新まつり」には唐津の浜崎祇園山笠などが参加する。「佐賀市の祭り」でなく「佐賀県の祭り」になるように盛り上げていく。
佐賀新聞2018/9/17佐賀
また最新の軍備と軍隊を持ちながら戊辰戦争勃発直後に動かなかった直正について、各登壇者が推論を述べた。井沢さんは「内戦をしている場合ではないという意識が強かったのでは」。鈴木さんも「海外からの脅威に対応するための軍備増強であり、国内で使うのは本意ではなかった」と賛同。
佐賀新聞2018/9/17佐賀
竹内さんは昨年、沖縄の戦跡や米軍基地周辺を巡るツアーに二度参加。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で行われた移設反対集会などを目の当たりにして「沖縄戦から現在まで、沖縄では戦争が続いている」と感じたという。
東京新聞2018/9/17東京