2018年9月14日 辺野古、宜野湾、谷津田、関東大震災、喜多方、自衛隊

2018年9月14日の33件のメディアの記事などを収集しました。新聞各社の報道では、コメント、県知事、いつか、オスプレイ、みんな、恩返し、辺野古、喜多方、イオン、関東大震災、フェス、地域おこし、うろこ、埋め立て、宜野湾、浮具撤、自衛隊、谷津田、掲示板、といったキーワードが記事にありました。33の記事へのリンクを参考までに書いておきます。
秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を候補地とする地上イージス配備計画を巡り、穂積志市長は13日、防衛省が現地調査の結果、新屋を「適地」と判断した場合でも、市独自に検証する考えを明らかにした。市議会9月定例会の一般質問で「(防衛省の判断が)合理的かどうかを市が検討、検証する」と答えた。
秋田魁新報2018/9/14秋田
防衛省は13日、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)の配備候補地としている秋田市の陸上自衛隊新屋演習場、山口県の陸自むつみ演習場で行うレーダーの電波影響調査の一般競争入札を再公告した。
秋田魁新報2018/9/14秋田
航空自衛隊加茂分屯基地第33警戒隊(秋田県男鹿市男鹿中)と男鹿市、市商工会(加藤義光会長)、市観光協会(武内信彦会長)は14日、同基地が開発したオリジナルの鶏の唐揚げ「しょっつる空上げ」の普及を目指す協定を結んだ。
秋田魁新報2018/9/14秋田
両県によると、天候不良で陸上自衛隊のヘリコプターによる移動が困難なためという。
中国新聞2018/9/14広島
...中本靖也(立力)12時30分713時813時30分914時1014時30分1115時12=上村直洋(航空自衛隊小松基地)【競泳】敦賀市総合運動公園プール時刻種別種目9時30分成年女子400メートル自由形予選=桑幡真弓(福井県スポーツ協会)成年男子400メートル自由形予選=尾崎隆太(福井県スポーツ協会)10時4分少年女子B100メートル自由形予選=長田真衣(森田中)少年男子B100メートル自由形予選...
福井新聞2018/9/14福井
同市出身で19歳の時から9年間、戦争で中国などへの出兵を経験した。相馬に戻り、地域の土地改良換地士として約40年間、ほ場整備など相馬全域で土地改良事業に携わったことは谷津田さんの誇りだ。兼業農家として続けてきたコメや野菜作りは今も現役。
福島民友新聞2018/9/14福島
戦争を体験し、絵が自由に描ける喜びをかみしめた。50代で病を患い、闘病を経て再び筆を握るように。人生の機微に触れた40点が並ぶ。
神戸新聞2018/9/14兵庫
水害と地震が伴う複合災害を想定し、陸上自衛隊勝田駐屯地(ひたちなか市勝倉)は13日、救助訓練を実施した。隊員約120人が参加、浸水で取り残された救助者をボートで救出するなど、実践的な訓練が繰り広げられた。
茨城新聞2018/9/14茨城
小松市の航空自衛隊小松基地が、十七日に同基地で航空祭を開く。十三日には記念塗装機二機を公開し、当日のプログラムや見どころを発表した。航空祭は昨年は台風の影響で中止しており、アクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」などが、二年ぶりとなる祭典を盛り上げる。
中日新聞2018/9/14石川
17日に航空自衛隊小松基地で行われる航空祭の記念塗装機2機が13日、同基地で報道関係者に公開された。同基地の第303、306両飛行隊のF15戦闘機に、飛行隊のシンボルマークであるドラゴンのうろこをイメージしたデザインや、基地がある小松市が舞台の歌舞伎「勧進帳」に登場する弁慶などが描かれており、祭典を盛り上げる。
北國新聞2018/9/14石川
名護市辺野古への米軍基地移設阻止や日米地位協定の不平等を訴え「新たな日本の姿とアジア、太平洋の平和体制を築くという思いを岩手から届けよう」と呼び掛けた。佐々木朋和国民民主県連幹事長は「安倍政権は高圧的な態度で事を進めようとしている。
河北新報2018/9/14岩手
華僑が、大震災に加えて日清戦争(一八九四年)と日中戦争(一九三七〜四五年)があったにもかかわらず出国しなかった点にも着目。伊藤さんは「災害や政治的混乱があると外国人排斥運動が起こる傾向があるのに、横浜華僑は対象にならなかった。
東京新聞2018/9/14神奈川
米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非が争点だ。辺野古移設を進める安倍政権が推す前宜野湾市長の佐喜真淳(あつし)氏と、移設阻止に取り組んだ翁長氏の遺志を継ぐ自由党前衆院議員の玉城(たまき)デニー氏による事実上の一騎打ちで、沖縄を舞台にした国政与野党の対決の構図でもある。
高知新聞2018/9/14高知
北斗の拳は、暴力が支配する核戦争後の世界で、伝説の拳法を使う主人公ケンシロウが悪と戦う格闘漫画。「週刊少年ジャンプ」で1983〜88年に連載した。この日は作画担当の漫画家原哲夫さん、35周年記念の新曲を制作したギタリスト布袋寅泰さんも出席。
信濃毎日新聞2018/9/14長野
海上自衛隊第22航空群(大村市)配備のヘリコプターによる県内離島からの救急患者搬送が、1958年の開始から60年間で通算5千回を突破した。県の要請を受けて昼夜を問わず急行し、多くの命を救ってきた。急患搬送は、県知事の要請に基づき「災害派遣」として行われる。
長崎新聞2018/9/14長崎
米軍の猛攻で補給が断たれた43年秋ごろから、日本軍は飢餓やマラリア感染で衰弱していった。戦闘どころではない兵士も多かった、と伝わる。「父もむごい状況で死んだ。
大分合同新聞2018/9/14大分
佐伯市鶴谷町の市平和祈念館「やわらぎ」で、太平洋戦争で使用された旧日本軍の99式艦上爆撃機の尾翼部が展示されている。同館で長年保管していた米軍機の部品を、米国へ返還した経緯を知った米国人コレクターが「恩返しをしたい」と寄贈。
大分合同新聞2018/9/14大分
佐伯市鶴谷町の市平和祈念館「やわらぎ」で、太平洋戦争で使用された旧日本軍の99式艦上爆撃機の尾翼部が展示されている。同館で長年保管していた米軍機の部品を、米国へ返還した経緯を知った米国人コレクターが「恩返しをしたい」と寄贈。
大分合同新聞2018/9/14大分
岡山桃太郎空港(岡山市北区日応寺)から陸上自衛隊のヘリコプターで倉敷市に移動した後、岡山県の伊原木隆太知事から被災状況の説明を受け、浸水した住宅街などを視察した。災害対応拠点となっていた真備総合公園体育館(同市真備町箭田)では、被災者や救助活動に当たった住民らに声を掛ける。
山陽新聞2018/9/14岡山
大会は在沖米軍人とカナダ国籍の選手らで結成する「沖縄スナイパーズ」のメンバーによって企画された。県内からの出場は沖縄スナイパーズ米軍、沖縄スナイパーズミックス、オール沖縄の3チームで、タイと韓国から地域のクラブチームが1チーム参加している。
琉球新報2018/9/14沖縄
米軍普天間飛行場の返還方法や名護市辺野古への新基地建設、経済振興、子育て支援などを主な争点に、30日の投開票まで17日間の選挙戦に突入した。知事選は、与野党が激しく対決する佐喜真氏と玉城氏の事実上の一騎打ちで、結果は新基地建設計画などに影響を与える可能性がある。
沖縄タイムス2018/9/14沖縄
知事選の結果が米軍普天間飛行場の移設計画に与える影響については「普天間飛行場の危険除去と返還という観点からしても、早期に辺野古への移設と普天間飛行場の返還を実現する考え方に変わりはない」とした。自民党などが推薦する佐喜真淳氏が第一声で辺野古移設の是非に触れなかったことについては「佐喜真候補がどのような発言をしたかは承知していない」と述べるにとどめた。
琉球新報2018/9/14沖縄
渡具知武豊市長が新基地建設に反対姿勢を示していないため、防衛省は再編交付金を2017年度と18年度分で約30億円交付した。これを受け市議会は6月議会で、給食費、保育料、医療費無償化に約20億円を計上した補正予算案を可決した。
琉球新報2018/9/14沖縄
米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設工事で無許可の岩礁破砕は違法だとして、沖縄県が国を相手に岩礁破砕の差し止めを求めた訴訟の控訴審第2回口頭弁論が13日、福岡高裁那覇支部(大久保正道裁判長)で開かれた。
琉球新報2018/9/14沖縄
大会は在沖米軍人とカナダ国籍の選手らで結成する「沖縄スナイパーズ」のメンバーによって企画された。県内からの出場は沖縄スナイパーズ米軍、沖縄スナイパーズミックス、オール沖縄の3チームで、タイと韓国から地域のクラブチームが1チーム参加している。
琉球新報2018/9/14沖縄
【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設先として新基地建設工事が進む名護市の大浦湾で13日、工事のために設置されていたフロート(浮具)のほとんどが撤去されていることが13日分かった。オレンジ色のフロートや黄色のオイルフェンス(汚濁防止膜)は確認されず、青々とした海が広がった。
琉球新報2018/9/14沖縄
原告側は国や日本軍が国民保護義務を怠り、被害回復の補償をせず放置したのは違法と訴えたが、2016年3月の一審判決は「戦時の旧憲法下で行われた国の戦争行為に対する賠償責任は認められない」などとして請求を棄却した。
琉球新報2018/9/14沖縄
米軍普天間飛行場の移設・返還問題や待機児童、市街地活性化など、市の課題をまとめた。(宜野湾市長選取材班)――――――――――――――――――――――――市の中心に位置する米軍普天間飛行場。日米両政府が全面返還を合意してから今年で22年が経過したが、約480ヘクタールの広大な飛行場は今も市の面積の約4分の1を占める。
琉球新報2018/9/14沖縄
山口祥義知事が自衛隊オスプレイの佐賀空港配備計画の受諾を表明した後、初めて開かれた神埼郡吉野ヶ里町の定例議会。一般質問が12日まで3日間あり、陸上自衛隊目達原駐屯地が立地する自治体として「一人ぐらいは関連する質問をするだろう」と思っていたが、登壇した9人全員が触れなかった。
佐賀新聞2018/9/14佐賀
長行は戊辰戦争では徳川家との盟約に従い、北海道まで旧幕府軍と行動。幕末期における2人の生きざまを紹介する。入場無料。
佐賀新聞2018/9/14佐賀
自衛隊オスプレイの佐賀空港配備計画を山口祥義知事が受け入れたことを巡り、佐賀市の秀島敏行市長は13日、自衛隊との共用を禁じる公害防止協定の見直しに踏み込んだ知事の姿勢に「約束事の重みをどう考えるのか…。
佐賀新聞2018/9/14佐賀
山口祥義知事が8月24日に受け入れを表明した自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港への配備計画。県民の暮らしや地域経済への影響は、国策への地方の向き合い方は—。駐屯地計画予定地の地元住民や経済界の代表らに。
佐賀新聞2018/9/14佐賀
今年は会津戦争終結150周年。会津藩奴隊による演舞や白虎隊演舞などの伝統芸能が披露され、会津の武将&姫なりきり写真撮影会、赤べこ絵付け体験なども行われる。会津若松市観光商工課の鈴木秀洋さんは「会津地方は温泉やおいしい食べ物も多く、ぜひフェアで会津の良さを知ってもらえれば」と話した。
埼玉新聞2018/9/14埼玉