2018年9月13日 オスプレイ、辺野古、戊辰戦争、大浦湾、シベリア、嘉手納、普天間

2018年9月13日の30件の記事を確認しました。ザッピングしたところ、サイト、差し止め、先送り、県知事、辺野古、シベリア、ライフライン、立候補者、届け出、歌舞伎、県議会、フェスコラム、一騎打ち、戊辰戦争、博物館、きょう、オスプレイ、大浦湾、コガワ、嘉手納、普天間、といった語句が記事にありました。30件の記事へのリンクをスクラップしました。
陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)が配備候補地の地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」で、東北防衛局は12日、現地で実施する地質調査と測量調査を担う業者を選ぶ一般競争入札を開札した。ともに候補地の陸自むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)での調査も、中国四国防衛局が同様の手続きを取った。
河北新報2018/9/13秋田
海上自衛隊航空集団司令官は13日、携帯電話の持ち込みが禁止されている当直室にスマートフォン(スマホ)を持ち込み不倫相手と2日間で計12時間以上、通話や通信をしていたとして、同隊第21航空群(館山市)の2等海尉男性(28)を減給6分の1(2カ月)の懲戒処分にした。
千葉日報2018/9/13千葉
■入浴支援国土交通省や陸上自衛隊などが入浴支援を行っている。13日の場所と時間は次の通り。▽苫小牧市の苫小牧東港フェリーターミナル横で大型油回収船「白山」(午前8時50分~午後2時受け付け、1時間程度の男女入れ替え制)、同市の苫小牧西港北埠(ふ)頭で民間船舶「はくおう」(午後3~10時)▽安平町の町民センター(午後1~10時)■災害ボランティア▽厚真町=家具の片付けや給水の運搬を行う。
北海道新聞2018/9/13北海道
...615時52分17=辻武志(ニチコン大野)16時20分18◎スキート8時第1ラウンド178時30分18=南田昌宏(南光設備)9時第2ラウンド19時30分210時310時30分411時511時30分6=中本靖也(立力)12時712時30分813時913時30分1014時1114時30分12=上村直洋(航空自衛隊小松基地)15時1315時30分14。
福井新聞2018/9/13福井
県が「戊辰戦争百五十年」に関連したイベントや観光の魅力をアピールしている。会津若松市や二本松市、白河市などの戊辰記念事業を紹介する観光パンフレットを配布している。赤べこ絵付け体験や特産品販売なども繰り広げている。
福島民報2018/9/13福島
災害や戦争による中断はあっても住民の熱意で伝えてきた。二十年前から柳橋地区全戸が保存会に入り、中学生も演目の一部を担っている。少子高齢化などの影響が懸念されるが、柔軟な発想と積極的な姿勢で古里の魅力を発信してもらいたい。
福島民報2018/9/13福島
新潟県、仙台市、福島県の3博物館共同企画「戊辰戦争150年」が、会津若松市の福島県立博物館で10月14日まで開かれている。新潟県立歴史博物館に続く開催。薩摩藩、長州藩中心の新政府軍から「朝敵」とされた会津藩や、会津藩を救おうとした東北、越後各藩の視点を軸に、約200点の史料を展示する。
河北新報2018/9/13福島
小松空港と航空自衛隊小松基地、建機大手のコマツなどが地元にあるため、「乗りもののまち」を発信してきた。メインイベントは、二十四日にこまつドームを主会場に開く「こまつ乗りもの動物園」。市や協力企業でつくる実行委員会主催。
中日新聞2018/9/13石川
シベリア出兵である▼ロシア革命(1917年)への干渉戦争だった。革命政権を駆逐して傀儡(かいらい)政権を立て、極東を影響下に置く。だが日本の狙いは外れ傀儡政権はすぐ崩壊した。
京都新聞2018/9/13京都
聖火は同20日に東松島市の航空自衛隊松島基地に到着する。展示場所は各県と組織委などが協議して決める。IOC調整委のジョン・コーツ委員長は記者会見で「被災地での取り組みを全面的に支援する」と語った。
河北新報2018/9/13宮城
聖火は同20日に東松島市の航空自衛隊松島基地に到着する。展示場所は各県と組織委などが協議して決める。IOC調整委のジョン・コーツ委員長は記者会見で「被災地での取り組みを全面的に支援する」と語った。
河北新報2018/9/13宮城
宮崎政経懇話会(宮崎日日新聞社、宮日文化情報センター主催)霧島地区と県北地区・延岡会場の9月例会は、防衛省元統合幕僚長の折木良一さん(68)=写真=が「日本の安全保障を考える~不透明な国際環境と高まる脅威」と題して講演する。
宮崎日日新聞2018/9/13宮崎
戦争初期は日本が占領していたが、度重なる米軍の攻撃で戦況は悪化。飢えや病に苦しみ、日本軍計3万3千人が犠牲になった。佐藤さんは7月21日~8月9日の20日間、日本戦没者遺骨収集推進協会(東京都)の活動に加わった。
大分合同新聞2018/9/13大分
名護市辺野古の新基地建設の是非を最大の争点に、米軍普天間飛行場の返還手法や経済振興、子どもの貧困問題、子育て支援などを巡り舌戦が繰り広げられる。これまで前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、県政与党が推す衆院議員の玉城デニー氏(54)の主要2氏が出馬表明しており、選挙戦は事実上、両氏による一騎打ちとなる見通しだ。
琉球新報2018/9/13沖縄
日米地位協定は、同じように米軍が駐留するドイツやイタリアに比べると著しく不利な内容だ。両氏とも協定の改定を求める姿勢を示した。米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設が名護市辺野古で進む中、建設に反対する県が、前知事による埋め立て承認を8月31日に撤回したばかりだ。
琉球新報2018/9/13沖縄
米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設に反対する「海外識者103人声明」に参画する日系カナダ人の詩人・小説家ジョイ・コガワさん(83)が11日、辺野古を訪れ、大浦湾海上から船で新基地建設現場を視察した。
琉球新報2018/9/13沖縄
翁長雄志前知事の急逝に伴う異例の超短期決戦で、米軍普天間飛行場の返還問題や振興策などを主要争点に、30日の投開票まで17日間の激しい選挙戦に突入する。佐喜真氏は米軍普天間飛行場の一日も早い返還や子育て支援の拡充、米軍基地返還跡地の利用促進などを掲げる。
沖縄タイムス2018/9/13沖縄
米軍普天間飛行場の返還問題や振興策などを主要争点に、激しい選挙戦に突入した。14日から期日前投票が始まる。佐喜真氏は普天間飛行場の一日も早い返還や子育て支援の拡充、米軍基地返還跡地の利用促進などを掲げる。
沖縄タイムス2018/9/13沖縄
【東京】石破茂元防衛相が、自身の公式サイトで、沖縄に米軍基地が集中している理由について、「(本土の)反基地闘争を恐れた日本とアメリカが、沖縄に多くの海兵隊の部隊を移したからだ」と説明している。政府はこれまで、沖縄に基地を置く理由に地理的優位性などを挙げているが、元防衛相が政治的要因を認めた形だ。
沖縄タイムス2018/9/13沖縄
行政経験の豊富さを自負し、市内にある米軍普天間飛行場の一日も早い返還を県や政府に強く求めてきた。翁長雄志氏へは「沖縄の過重な基地負担を全国に知らしめ、功績は非常に大きかった」と評価する一方で、国との関係が分断されたと批判する。
琉球新報2018/9/13沖縄
【嘉手納】ニュージーランドとオーストラリアの空軍機計2機が12日、米軍嘉手納基地に飛来した。北朝鮮による「瀬取り」を防止するため、国連軍地位協定に基づき警戒監視活動を展開する。4月下旬にもオーストラリアとカナダの哨戒機が飛来しており、周辺自治体は騒音増につながるとして飛来に反対している。
琉球新報2018/9/13沖縄
名護市辺野古の新基地建設の是非を最大の争点に、米軍普天間飛行場の返還手法や経済振興、子どもの貧困問題、子育て支援、医療、福祉などを巡って舌戦が繰り広げられる。今回の知事選の結果次第では、新基地建設の行方に大きな影響を与えるのは必至だ。
琉球新報2018/9/13沖縄
米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設工事で無許可の岩礁破砕は違法だとして、県が国を相手に岩礁破砕の差し止めを求めた訴訟の控訴審第2回口頭弁論が13日午後、福岡高裁那覇支部(大久保正道裁判長)で開かれた。
琉球新報2018/9/13沖縄
歳三の人生は、古里で過ごした「多摩期」、新選組ナンバー2として活躍した「鬼の副長期」、戊辰戦争を旧幕府と共に戦った「北への転戦期」の三つに分けられる。「転戦期」では、京都府の鳥羽伏見の戦いから栃木県、福島県へ向かい、北海道に渡った。
佐賀新聞2018/9/13佐賀
9月定例県議会は12日、一般質問最終日を迎え、自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画に関して、山口祥義知事は有識者の意見を聞く専門部会の設置について「防衛省以上にオスプレイの問題について理解している人がそんなにいるとは聞いていない」と否定的な見解を示した。
佐賀新聞2018/9/13佐賀
自衛隊との共用を否定した公害防止協定の変更に向けた佐賀県と県有明海漁協の本格協議は12日、越年する見通しになった。
佐賀新聞2018/9/13佐賀
自衛隊オスプレイの佐賀空港配備計画で、山口祥義知事の受け入れ表明後、初めての県議会一般質問。3日間で登壇した議員15人のうち8人がこの問題を取り上げた。着陸料名目で国が支払う100億円で漁業振興基。
佐賀新聞2018/9/13佐賀
自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画で、受け入れを表明している山口祥義知事は12日、自衛隊との共用を否定する公害防止協定の変更に向けた県有明海漁協との協議について、ノリ漁期を考慮し、当面先送りする考えを示した。
佐賀新聞2018/9/13佐賀
米軍岩国基地(岩国市)への空母艦載機の移転完了を受け、福田良彦市長は12日、市役所で佐藤正久外務副大臣と会談し、騒音対策や日米地位協定の抜本的見直しを求めた…。
中国新聞2018/9/13山口
3月に米軍岩国基地への空母艦載機移駐が完了したことを受け、佐藤正久外務副大臣は12日、岩国市と県庁を訪れた。福田良彦市長や村岡嗣政知事らと会談して移駐に対する理解と協力に感謝し、艦載機の騒音対策や米軍関係者の事件事故への対応、情報提供などについて意見交換した。
山口新聞2018/9/13山口