2018年9月5日 久米島、辺野古、普天間、民主党、自衛隊、木更津、苫小牧、鶴ケ城

2018年9月5日の33件のメディア記事を収集しました。この日に見た紙面やネットでは、木更津、飛行場、しらせ、久米島、県議会、普天間、埋め立て、きょう、辺野古、オスプレイ、県知事、鶴ケ城、高校生、苫小牧、民主党、自衛隊、ホバリングチェック、わいせつ、などの字句が散見されました。33件の記事URLは以下の通りです。
海上自衛隊の女性隊員にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの罪に問われた、海自大湊基地の護衛艦「まきなみ」の元3曹廣瀬賢和被告(33)=本籍・岐阜市=の判決公判が5日、青森地裁であり、木口麻衣裁判官は懲役2年6月(求刑同)、保護観察付きで執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。
デーリー東北2018/9/5青森
木更津市は4日、陸上自衛隊木更津駐屯地で実施中の米海兵隊MV22オスプレイの1機目の定期機体整備について、きょう5日に格納庫の外に出て、20日程度かけて各種装置の点検や地上滑走、ホバリングチェックを行う予定だと発表した。
千葉日報2018/9/5千葉
25年ぶりに苫小牧港に寄港する南極観測船「しらせ」(海上自衛隊提供)海上自衛隊所属の南極観測船「しらせ」(1万2650トン、宮崎好司艦長)が7日、25年ぶりに苫小牧港に寄港するのに伴い、8、9日に一般公開される。
北海道新聞2018/9/5北海道
改憲論議や安全保障法制への対応、共産党との距離感など政策・路線の溝も残る。だが、野党がバラバラでは参院選の展望も開けまい。遺恨を乗り越え、大きな目的を共有できるよう双方が努力すべきだ。
北海道新聞2018/9/5北海道
【函館】海上自衛隊函館基地隊は5日、秋田県内の高校の女子寮に侵入したとして、同基地隊第45掃海隊に所属する20代の男性海士長を、停職20日の懲戒処分にしたと発表した。同基地隊によると、海士長は昨年8月、帰省先の秋田県内の高校女子寮で、無施錠の1階窓から生徒の部屋に侵入した。
北海道新聞2018/9/5北海道
【千歳】航空自衛隊千歳基地(千歳)を拠点に、日本国内で初めて行う空自との日豪共同訓練に参加するオーストラリア空軍の先遣隊の一部が訓練日程初日の5日、民間機で新千歳空港に到着した。航空幕僚監部や千歳基地によると、今回到着したのは数人で、部隊の受け入れ準備や調整などを行う。
北海道新聞2018/9/5北海道
今回は戊辰戦争百五十周年の節目に合わせた。 贈呈式は四日、鶴ケ城の鉄門前で行われ、掲げられた紋幕を前に安藤社長が「会津まつりを盛り上げるきっかけになってほしい」と室井照平市長に目録を手渡した。室井市長は「大きな節目の年に寄贈していただきありがたい」と感謝した。
福島民報2018/9/5福島
太平洋戦争後、日本経済新聞の題字を揮毫。日展審査員を務めたほか、米国やドイツなど世界各国にも出展するなど前衛書の大家として功績を残した。ふすま4枚に貼られた漢詩は、昭和初期に「錦谷」と名乗った頃の貴重な作品。
神戸新聞2018/9/5兵庫
兵庫県三木市上の丸町、みき歴史資料館はこのほど、太平洋戦争末期に同市と加古川市、稲美町にまたがって陸軍が整備した「三木飛行場」に関する歴史講座を開いた。「三木飛行場を記憶する会」代表の宮田逸民さん(62)=三木市=が歴史ファンら約20人を前に、当時の写真や軍人の日記などを基に地元の歴史を語った。
神戸新聞2018/9/5兵庫
中国電力が上関原発の建設を計画する山口県祝島や、米軍新基地建設予定地である沖縄県名護市辺野古の海などで記録撮影。米国の水爆実験地となった太平洋の島国マーシャル諸島・ビキニ環礁にも度々訪れている。当日は、現地の写真とともに、汚染が続く海の現状を報告する。
神奈川新聞2018/9/5神奈川
米軍普天間基地(沖縄県)所属の新型輸送機オスプレイ(MV22)1機が5日、厚木基地(大和、綾瀬市)に飛来した。理由は明らかになっていない。県などによると、同機は普天間基地を離陸後、岩国基地(山口県)を経由し、同日午後3時40分ごろに厚木基地に着陸。
神奈川新聞2018/9/5神奈川
陸上自衛隊久居駐屯地(津市)は四日、同僚の財布から一万円を盗んだとして、第三三普通科連隊の男性三等陸曹(32)を懲戒免職とした。駐屯地によると、三等陸曹は昨年四月二十六日、無施錠の同僚隊員の机に保管されていた財布から一万円を抜き取った。
中日新聞2018/9/5三重
政府が導入を進める地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、防衛省は配備候補地とした陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)、同むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)の地元から強い反発を受けて、8月2日に予定した現地調査の開札手続きを延期した。
河北新報2018/9/5宮城
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の埋め立てについて、賛否を問う県民投票条例制定を求める「辺野古」県民投票の会(元山仁士郎代表)は5日午前、謝花喜一郎副知事に署名簿を提出し、条例制定を直接請求した。
琉球新報2018/9/5沖縄
【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設を巡り、沖縄県が埋め立て承認を撤回したのを受け、沖縄防衛局は工事の中止を決定し、4日、米軍キャンプ・シュワブ沖合で資機材の撤去を始めた。
琉球新報2018/9/5沖縄
「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表は5日、「辺野古米軍基地建設のための埋立の賛否を問う県民投票条例」制定を県知事職務代理者に直接請求する。翁長雄志知事が8月8日に死去したため、県知事職務代理者を務める富川盛武副知事が県民投票に関わる行政手続きを担う。
琉球新報2018/9/5沖縄
後藤氏は「米軍普天間飛行場を含め県内の米軍基地を沖縄から撤去させる。そのためには、独立以外のすべはない」と述べ、沖縄の独立を目指すとした。後藤氏は2016年10月の新潟県知事選に「普天間飛行場の佐渡市内への誘致」を公約に掲げ出馬し、落選した。
沖縄タイムス2018/9/5沖縄
沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局は4日、県による埋め立て承認の撤回を受け、米軍キャンプ・シュワブ沖でフロートや汚濁防止膜、汚濁防止枠の撤収を始めた。承認撤回後初の作業となるが、潜水調査や「K4」護岸上に有刺鉄線を設置する作業も確認されたため、新基地建設に反対する市民は「撤回により全ての工事が止まっていなくてはおかしい」と批判を強めた。
沖縄タイムス2018/9/5沖縄
最大の争点は、米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設の是非である。玉城氏は8月29日の出馬表明の際、「翁長知事の遺志である埋め立て承認撤回を全面的に支持していく。辺野古新基地建設阻止を貫徹する」と述べた。
琉球新報2018/9/5沖縄
末吉花鈴さん(同)は「今は戦争が起こりそうな雰囲気がある。憲法の平和主義を大切にしたい」、大城凪愛(なぎあ)さん(同)は「高齢の祖母は少ない年金で医療費をまかなっていて大変そうだ。医療費の見直しを考えてほしい」とそれぞれ要望した。
琉球新報2018/9/5沖縄
5日午後3時45分ごろ、久米島空港に着陸した機体は米軍所属のヘリコプターであることが分かった。現場に駆け付けた町職員らが確認した。米軍ヘリは緊急着陸したとみられる。
琉球新報2018/9/5沖縄
【久米島】久米島町役場に入った連絡によると、5日午後3時45分ごろ、久米島町の久米島空港に米軍ヘリが着陸したという。町によると事前連絡はなく、滑走路脇の草地に降りたという。那覇署によると、墜落。
沖縄タイムス2018/9/5沖縄
久米島町消防本部によると、9月5日午後3時45分ごろ、久米島空港に米軍のものとみられるヘリコプターが着陸したとの情報が、同空港管理事務所から寄せられた。緊急着陸の可能性もある。一部、着陸した機体は自衛隊機との情報もある。
琉球新報2018/9/5沖縄
【久米島】久米島町役場に入った連絡によると、5日午後3時45分ごろ、久米島町の久米島空港に米軍ヘリが着陸したという。町によると事前連絡はなく、滑走路脇の草地に降りたという。機体には「UH‐1Y」の文字があるという。
沖縄タイムス2018/9/5沖縄
【久米島】久米島町役場に入った連絡によると、5日午後3時45分ごろ、久米島町の久米島空港に米軍ヘリが着陸したという。町によると事前連絡はなく、滑走路脇の草地に降りたという。那覇署によると、墜落や不時着、炎上などといったものではなく、人的被害の情報は入っていない。
沖縄タイムス2018/9/5沖縄
9月定例県議会は4日開会し、山口祥義知事は佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を受け入れた経緯を説明した上で、県有明海漁協と結んでいる自衛隊との共用を否定した公害防止協定の見直しに向け「誠意を持って協議する」と述べた。
佐賀新聞2018/9/5佐賀
佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画で、佐賀県は4日、山口祥義知事が受け入れを表明するまでの確認事項をまとめた「論点整理」を公表した。環境保全や補償を話し合う協議会設置など防衛省との合意事項に加え、2017年5月に素案をまとめて以降に説明があった機体の安全性やコノシロ漁への影響に関する項目を追加した。
佐賀新聞2018/9/5佐賀
佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を審議する県議会の佐賀空港・新幹線問題等特別委員会(土井敏行委員長・12人)は4日、理事会を開き、委員会開催の是非について19日に改めて協議することを確認した。
佐賀新聞2018/9/5佐賀
佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を集中審議する佐賀空港・新幹線問題等特別委員会の9月議会中の開催が厳しい見通しだ。
佐賀新聞2018/9/5佐賀
陸上自衛隊北徳島分屯地(松茂町住吉)は4日、16歳の少女にみだらな行為をしたとして、陸自第14飛行隊男性3等陸尉(31)を停職4カ月の懲戒処分にしたと発表した。停職は4日から。3等陸尉は依願退職を申し出ており、9月末までに受理される予定。
徳島新聞2018/9/5徳島
だが、戦争中心の世の中になっても、都心から離れた三鷹で、芸術を追究すると決意していた太宰が、戦後の混乱を象徴する無頼派作家として、時代の最前線で脚光を浴びたのは幸せだったのか。安藤教授は「太宰の語りが安定する源は、中心に対し隔たりをつくり、異端であることだった。
東京新聞2018/9/5東京
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の陸上自衛隊むつみ演習場(萩市)への配備計画を巡り、地元首長たちが相次いで現地調査の受け入れを表明した。国は本年度中に調査を終え「適地」かどうかを判断する見通し。
中国新聞2018/9/5山口
萩市の藤道健二市長は4日、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、防衛省が配備候補地の陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)で行う適地調査を容認する意向を表明した。同省に市内への職員常駐などを要請する方針も示した。
山口新聞2018/9/5山口