2018年7月26日 横須賀、奥日光、多賀城、西日本

2018年7月26日の30件のメディアの記事を解析しました。にマスコミで報じられたニュースには、づくり、奥日光、オスプレイ、モデル、紙芝居、警知事、ゆかり、トラウトフィッシングフェスタ、きょう、多賀城、横須賀、手続き、小中学生、空き地、西日本、実体験、意気込み、ドラマ、などの熟語などをみつけることができました。30件の記事へのリンクをスクラップします。
山口県阿武町は計画撤回を求める町民の嘆願書を防衛省に提出した。同省は25日、地質調査などの一般競争入札手続きの開札日を延期すると発表した。
秋田魁新報2018/7/26秋田
地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の候補地に挙がる陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)に最も近い勝平地区の町内会などで組織する「新屋勝平地区振興会」は25日、臨時理事会を開き、「住宅密集地に施設は必要ない」との見解をまとめ、地区振興会として配備計画に反対することを決めた。
河北新報2018/7/26秋田
陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)などが配備候補地になっている迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡る現地調査の一般競争入札手続きについて、防衛省は25日、8月2日とした開札日を9月12日に延期した。
河北新報2018/7/26秋田
むつ市の航空自衛隊第42警戒群で提供される鶏の唐揚げを、同市内飲食店が新たなご当地グルメとして再現した「大湊空上げSora空っ(ソラからっ)!」の一般向け販売が26日、スタートする。これを前に、提供店舗などで組織する普及会(鳥山和之会長)が24日、店頭やイベントなどでプロモーション活動を行う「Sora空っ!アテンダント」として、ボランティア4人を登録。
デーリー東北2018/7/26青森
共産党上十三地区委員会(市川俊光委員長)と同党三沢市委員会(奥本菜保巳委員長)は25日、米空軍の輸送機CV22オスプレイ2機が24日、三沢基地へ2度目の飛来をしたことについて、クリストファー・W・ストルーヴィ米軍三沢基地司令官宛てと、小野寺五典防衛相宛ての抗議文を、三沢市の三沢防衛事務所に提出した。
東奥日報2018/7/26青森
1945年の松山空襲から73年を迎えた26日、松山市戦争犠牲者平和祈念追悼式が同市道後姫塚の市平和記念広場であった。
愛媛新聞2018/7/26愛媛
1945年の松山空襲から73年を迎えた26日、松山市戦争犠牲者平和祈念追悼式が同市道後姫塚の市平和記念広場であった。
愛媛新聞2018/7/26愛媛
戦争が始まり、16歳になった良介(坂東龍汰)は海軍兵学校へ。春子(芦田愛菜)は母の静子(田中裕子)に本当のきょうだいでないことを告げられる。兄に淡い恋心を抱いていた春子は喜び、良介に会うために瀬戸内海を渡るが…。
愛媛新聞2018/7/26愛媛
他に表彰を受けたのは特別賞の「福島双葉町の小学校と家族~その時、あの時~」(コールサック社)を著した小野田陽子さん(48)=会津若松市=、奨励賞の「双葉町東日本大震災記録誌」(双葉町発行、民報印刷)を編さんした双葉町、「新・福島県の蝶」(ワタコ出版)を記した渡辺浩さん(57)=石川町=、「白河大戦争」(栄光出版社)を著した白川悠紀(本名・植村美洋)さん(62)=白河市=。
福島民報2018/7/26福島
二百円以上募金をした人に、横須賀市のご当地グルメ「海軍カレー」か「海上自衛隊カレー」を一杯提供。募金は全額、被災地に寄付する。参加するのは、市内のカレー店でつくる「カレーの街よこすか事業者部会」加盟の三店。
東京新聞2018/7/26神奈川
太平洋戦争で戦争孤児になった京都市左京区の男性をモデルにした紙芝居を、伏見区の市民グループが作った。伏見区にあった戦争孤児らの一時保護所「伏見寮」での体験などを描き、関係者は「子どもたちに戦争の実相を伝えたい」と26日からの読み聞かせに向けて準備を進めている。
京都新聞2018/7/26京都
地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、配備候補地の陸上自衛隊むつみ演習場がある山口県阿武町は25日、計画撤回を求める住民の要望書を大野敬太郎防衛政務官に提出した。花田憲彦町長は「地元の不安、懸念が払拭(ふっしょく)されていない。
河北新報2018/7/26宮城
多賀城市には東北学院大工学部や陸上自衛隊多賀城駐屯地があり、企業の社宅も多い。市によると、住民基本台帳に基づく人口移動率は毎年13%強で、16、17年は宮城県内自治体で最も高い。地元意識が薄く「暮らしやすさ」を求める市民が多いのは確かだ。
河北新報2018/7/26宮城
太平洋戦争時に戦地での必需品だった軍用蚊帳の絵はがきや、大正時代の蚊帳の値段表、昭和初期の見本帳といった資料も並ぶ。またベッド用の蚊帳の実物も展示。からみ織で織られた麻の製品で、内部の椅子に座って蚊帳のある生活の体験もできる。
奈良新聞2018/7/26奈良
勝は、戊辰戦争中に旧幕府陸軍総裁として、新政府軍参謀の西郷隆盛と交渉を重ね、江戸城の無血開城を成し遂げた。展示は戊辰戦争150周年を記念して企画された。勝の曽祖父、米山検校(けんぎょう)の生涯も紹介する。
新潟日報2018/7/26新潟
7日夜の断水以降、応援給水では陸上自衛隊の豊川駐屯地(愛知県)や日本原駐屯地(奈義町)が活動し、鳥取県の日南町、鳥取、米子、倉吉市も来援。県内は美作、備前、真庭市のほか、25日午後から津山市、真備町地区の断水が解消した倉敷市の派遣を受ける。
山陽新聞2018/7/26岡山
名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブの沿岸では26日午前、「K4」護岸で石材をショベルカーで押し固めたり、被覆ブロックを設置したりする作業が続いた。新基地建設に反対する市民は抗議船とカヌーの上から作業の様子を監視した。
沖縄タイムス2018/7/26沖縄
米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設工事に反対する市民約60人は、26日も早朝から米軍キャンプ・シュワブゲート前でプラカードを持ったり座り込んだりしながら、抗議の声を上げた。「沖縄の海を壊すな」「平和を願う心はどこへいった」。
琉球新報2018/7/26沖縄
【東京】米軍北部訓練場のヘリパッド建設に伴う警備に関連し、当時沖縄へ警官を派遣していた千葉県警は、派遣期間中の日報や報告書を作成していなかったことが25日、分かった。同日、昨年10月に県警へ情報開示請求を出した市民らが千葉県庁で開いた記者会見で明らかにした。
琉球新報2018/7/26沖縄
米軍普天間飛行場の移設による名護市辺野古での新基地建設を巡り、翁長雄志知事が27日に記者会見で埋め立て承認を撤回する方針を表明する方向で最終調整に入った。撤回手続きの初段階として沖縄防衛局の言い分を聞く聴聞の開催を同局に通知する。
琉球新報2018/7/26沖縄
今は免税品店や大型ショッピングセンターが建ち並ぶ那覇新都心がまだ米軍人・軍属の専用住宅地区(ハウジングエリア)だった頃だ。家から店に向かうため、日陰も雨宿りする場所もない基地フェンス沿いを歩いていると、スコールに見舞われ、ずぶぬれに。
琉球新報2018/7/26沖縄
【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は25日、工事に使用される石材の搬出拠点になっている本部港塩川地区(本部町)に土砂を運び入れ、重機で船に載せた。
琉球新報2018/7/26沖縄
それだけに小学生のころに見たベトナム戦争のニュースは衝撃だった。「なぜ人は殺し合うのか。人のためになる人になりたい」との思いを抱いた。
佐賀新聞2018/7/26佐賀
それだけに小学生のころに見たベトナム戦争のニュースは衝撃だった。「なぜ人は殺し合うのか。人のためになる人になりたい」との思いを抱いた。
佐賀新聞2018/7/26佐賀
児童生徒は自己紹介に続き、「戦争の恐ろしさを肌で感じ、学んだことを友達や家族に伝えたい」「原爆の被害にあった場所を実際に見て核兵器の脅威を学び、これから何ができるか考えたい」などと意気込んだ。結団式に併せて事前学習会も行い、参加者は広島に原爆が落とされた経緯や世界の核兵器の現状を学んだ。
静岡新聞2018/7/26静岡
湖畔は、戦争末期、天皇陛下が、皇太子時代に疎開しており、昭和天皇の玉音放送を聞かれた地としても知られる。湯ノ湖、湯川は、中央水産研究所日光庁舎の外来マス類生態調査エリア。フェスタはこれに協力する形で行われ全国内水面漁協連合会が主催。
東京新聞2018/7/26栃木
防衛省は25日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備候補地の陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)と新屋演習場(秋田市)の地質調査などの一般競争入札手続きを巡り、8月2日としていた開札日を9月12日に延期すると発表した。
山口新聞2018/7/26山口
岩国藩主だった吉川家の功績や文化を継承する岩国吉川会(岩国市)は28日、幕末の戊辰戦争で亡くなった岩国藩士7人が眠る福島県富岡町の龍台寺で供養祭を営む。戦死から150年の節目に合わせた墓参で、同会としては初。
中国新聞2018/7/26山口
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、候補地である陸上自衛隊むつみ演習場の一部がある山口県阿武町の花田憲彦町長は25日、防衛省を訪ね、配備先を再検討するよう求めた。
中国新聞2018/7/26山口
岩国市は、山口県や国、米軍岩国基地などとつくる「岩国日米協議会」の確認事項に基づき、8月の盆期間(13〜16日)の航空機の飛行を自粛するよう同基地に要請した。昨年は空母艦載機などが基地を離着陸し、市へ苦情が相次いだ。
中国新聞2018/7/26山口