2018年7月16日 辺野古、戊辰戦争、尾花沢、宇都宮

2018年7月16日の25件のメディアの記事を解析しました。この日確認した報道では、やり方、尾花沢、おもてなし、にぎわい、戊辰戦争、シュワブ、辺野古、ガイド、ひきょう、博物館、宇都宮、などの単語をみつけることができました。25個のコンテンツURLを記録しました。
市民70人が耳を傾け、被爆者の体験談から、戦争の恐ろしさに思いをはせた。講話会は市の主催で、2008年から実施。原爆の被爆地となった長崎か広島の被爆者と、土崎空襲の被災者が講話を行っている。
秋田魁新報2018/7/16秋田
◇◇◇戦後日本は、大戦が招いた甚大な惨禍と、それに対する深い反省から、「二度と戦争を繰り返してはならない」という強い決意を抱いて、廃虚から再スタートを切った。その出発点は平和主義であり、国民主権であり、基本的人権の尊重にある。
秋田魁新報2018/7/16秋田
終戦間際に大湊港で米軍機の攻撃を受け、合わせて125人が戦死した軍艦「常磐(ときわ)」と駆逐艦「柳(やなぎ)」の戦没者と大湊地区出身の戦傷病没者の慰霊祭が16日、青森県むつ市大湊上町の常楽寺で行われた。
東奥日報2018/7/16青森
空襲の碑の前で黙とうをする参加者(金田翔撮影)太平洋戦争の終戦直前、5人が亡くなった帯広空襲の経験を語り継ぐ「帯広空襲を語る会」が15日、帯広市大通北1の「帯広空襲の碑」前などで開かれた。約30人が自身や親の経験を披露し、後世に伝えようと思いを新たにした。
北海道新聞2018/7/16北海道
中島本町公園内の慰霊碑の前で手を合わせる参列者太平洋戦争末期に室蘭を襲った米軍の艦砲射撃から73年を迎えた15日、市内2カ所で慰霊祭が行われた。中島本町公園では、自治会「中島民和会」が慰霊祭を主催した。
北海道新聞2018/7/16北海道
戦争の犠牲者を追悼し献花する遺族ら【本別】1945年(昭和20年)7月15日に起きた本別空襲の犠牲者らを弔う戦没者・戦災死没者追悼式が15日、町ふれあい交流館で開かれ、参列者は平和への誓いを新たにした。
北海道新聞2018/7/16北海道
太平洋戦争末期に室蘭を襲った米軍による艦砲射撃から15日で73年を迎えた。市内では、今年も町内会や自治会が慰霊祭を行った。参列者が亡くなった400人以上の冥福を祈るとともに、恒久平和を願った。
室蘭民報2018/7/16北海道
戊辰戦争の会津出兵で、仙台藩が仙台市太白区秋保町の猟師を農兵として動員したことを示す史料が、秋保温泉にある温泉旅館「岩沼屋」の蔵で見つかった。温泉街がある湯元地区などから出向いた11人の戦いや兵糧調達の様子を記している。
河北新報2018/7/16福島
村教委は八月十九日、会津戦争の最前線となった村内の「玉井村山入の戦い」に焦点を当てたイベントを開催する。東軍(旧幕府軍)の犠牲者をまつる史跡の探訪、専門家の講演を通して往時をしのぶ。一八六八(慶応四)年八月二十日、旧玉井村(現大玉村)から石筵街道を経由して会津城下への侵攻を目指す西軍と、それを阻止しようとする東軍が現在の大玉村玉井の手志子森周辺で戦火を交えた。
福島民報2018/7/16福島
会津若松市の県立博物館で開催中の企画展「美しき刃(やいば)たち~東京富士美術館コレクションと福島の名刀~」会場で十五日、戊辰戦争が起きた一八六八(慶応四)年にちなみ、千八百六十八人目の入場者に記念品を贈るセレモニーが行われた。
福島民報2018/7/16福島
来場者が戊辰戦争の意義を再考しつつ、日本の平和な未来について思いを巡らせた。加来さんは「明治維新まさかの深層」の題で講演し「これまでの歴史の知識を疑い、もう一段深く白河口の戦いなど戊辰戦争を考えてほしい」と訴えた。
福島民友新聞2018/7/16福島
戊辰戦争150年中期特別展「会津・薩摩と新選組~上野戦争から会津戦争前夜まで」は8月末まで、会津若松市七日町の会津新選組記念館(高橋一美館長)で開かれている。戊辰150年の節目に合わせた特別展。戊辰戦争の上野寛永寺の戦いから奥州いわき、白河、二本松の戦い、会津戦争前夜までの関係資料を中心に展示した。
福島民友新聞2018/7/16福島
海上自衛隊の護衛艦「さわぎり」(全長百三十七メートル)と「とね」(同百九メートル)は十五日、新地町の相馬港3号ふ頭に入港し、一般公開された。自衛隊を身近に知ってもらおうと、昨年に続いて企画した。今年は二隻同時に接岸した。
福島民報2018/7/16福島
「米軍機の爆音で電車に気づくのが遅れた」と知り、闘志に火が付いた。抗議活動の先頭に立ち、三次訴訟の横浜地裁判決(二〇〇二年十月)では、基地騒音訴訟として過去最高(当時)の賠償額を勝ち取った。厚木基地爆音防止期成同盟の石郷岡忠男委員長(74)は「一貫して爆音に挑んだ人。
東京新聞2018/7/16神奈川
長崎市東長崎地区の歴史研究グループ「郷土史勉強会」が、太平洋戦争末期に同市牧島町の海岸に配備された旧日本海軍の水上特攻艇「震洋」の基地跡で、計11の格納壕(ごう)が現存していることを確認した。戦跡の存在は知られていたが、詳細は不明だったため、各種資料や住民の証言などを基に現地調査した。
長崎新聞2018/7/16長崎
3連休初日の14日深夜、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で突如始まった工事で、新基地建設に抗議するスペースがつぶされた。駆け付けた市民は「夜襲は防衛局の得意技。もう何度目か」とあきれつつ、「抗議の声を上げることすら許さないのか」と批判した。
沖縄タイムス2018/7/16沖縄
沖縄防衛局が14日深夜から15日朝にかけ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ工事用ゲート前で進めた柵の工事で、歩道の幅が約1メートルに狭められ、新基地建設に反対する市民が座り込むスペースがなくなった。
沖縄タイムス2018/7/16沖縄
【辺野古問題取材班】日付が変わろうとする14日深夜、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で新たな柵の設置作業が突然始まった。新基地建設に抗議する人々が座り込む場所を封じ込めるように、作業員は柵を取り付けていった。
琉球新報2018/7/16沖縄
【辺野古問題取材班】沖縄防衛局は、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前の工事車両用ゲート前で進めていた新たな柵の設置について、15日午前6時までに作業を終えた。柵は新基地建設に反対する市民が抗議活動で使ってきた場所に設置され、事実上、座り込みの抗議はできなくなった。
琉球新報2018/7/16沖縄
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設問題で、沖縄防衛局が深夜に、米軍キャンプ・シュワブの工事車両用ゲート前に新たな柵を設置した。高さ3~4メートルの既存の柵を車道側に張り出し、全長は40メートルに及ぶ。
琉球新報2018/7/16沖縄
96年の米軍基地の整理縮小などの賛否を問う県民投票では、約3万5600千筆の署名を集めたが、有効署名数は約3万3千筆で、約2600筆に記載内容などに不備があり、審査で無効となった。また6日時点で、本島北部や離島の10町村で署名がゼロとなっていたが改善されつつある。
沖縄タイムス2018/7/16沖縄
在職中は多忙で英会話を習う時間はなかったが「米軍との折衝などで、英語は身近にあった」と振り返る。退職後、本格的に英語を学びはじめ、76歳で英検2級に合格。市国際交流協会や同クラブなどに入会し、英語力向上と仲間づくりに励んだ。
下野新聞2018/7/16栃木
太平洋戦争中に米軍の攻撃によってコロンバンガラ島沖で沈没した軽巡洋艦「神通」の慰霊顕彰祭は15日、高岡市の射水神社で初めて執り行われ、関係者16人が最前線で戦った神通の戦歴をたたえ、戦没者の冥福を祈った。
北國新聞2018/7/16富山
15日に投開票が行われた尾花沢市長選は、加藤国洋市政の後継を唱える新人で前市議の菅根光雄氏(67)が、同じく新人で元防衛省職員の結城裕氏(61)を振り切り、当選を果たした。政権の与野党対決の構図となる中、有権者は市政継承を選択した。
山形新聞2018/7/16山形
太平洋戦争末期の特攻兵器、人間魚雷「回天」をテーマにした舞台「たからモノ」が14日、周南市の市文化会館で上演された。県出身者も複数人いる出演者たちの渾身(こんしん)の演技に、詰め掛けた市民ら約千人が引き込まれた。
山口新聞2018/7/16山口