2018年6月25日 ハワイ、辺野古、神町駐屯地、宜野湾、嘉手納、那覇空港、自衛隊

2018年6月25日の21件のメディア記事を解析しました。この日に見た紙面やネットでは、小学生、ハワイ、宜野湾、辺野古、市議会、自衛隊、紙芝居、那覇空港、神町駐屯地、いじめ、嘉手納、致李元、インシデント、といった単語が見出しに使われていました。21件の記事へのリンクをスクラップします。
ドラマのヒロイン新島八重は、戊辰戦争で激しい攻撃を受けた鶴ケ城が西軍に明け渡される直前に「明日の夜は何国[いずこ]の誰かながむらんなれし御城[みしろ]に残す月影」と詠んだといわれる。コンクールは自らの思いを短歌に託した八重の精神を受け継いでいこうと始まった。
福島民報2018/6/25福島
自民党の石破茂元幹事長は24日、仙台市内で講演し、北朝鮮の動向を中心に国際情勢が激変している状況を踏まえ「日本の安全保障は容易な環境ではない。正面から議論しないといけない」と述べ、9条を含めた憲法改正の必要性を強調した。
河北新報2018/6/25宮城
沖縄県宜野湾市にある米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対している稲嶺進・前名護市長(72)が24日、諏訪市内で講演した。
信濃毎日新聞2018/6/25長野
沖縄県の米軍基地問題を考える集会「日本の真ん中で沖縄と平和を見つめる」が二十四日、諏訪市文化センターで開かれ、普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設に伴う同県名護市辺野古への新基地建設に反対し続けた稲嶺。
中日新聞2018/6/25長野
だがある時、「戦争は絶対だめ」と真剣な表情で話したことがあった。曽祖父の言葉の強さの意味が、今ようやく理解できる。世代を超え、受け継がれる山口さんの遺志。
長崎新聞2018/6/25長崎
優しかったひいおじいちゃんが時々、真剣な顔で「戦争は絶対にダメだ」と語ったのを覚えている。 山口さんは出張先の広島市で被爆し、故郷の長崎市に帰って2度目の原爆に遭った。その体験をつづった紙芝居は平和学習の出前講座を行う市民団体「ピースバトン・ナガサキ」(調仁美代表)が作製。
西日本新聞2018/6/25長崎
【松田良孝通信員】台湾北部の桃園(タオユエン)市には、アジア太平洋戦争末期に沖縄からの疎開者が暮らした場所があり、その様子を記憶している人たちが健在だ。「米軍の攻撃で疎開者が亡くなった」「戦後は食べ物に困り、草を食べている人もいた」。
沖縄タイムス2018/6/25沖縄
1945年の沖縄戦で米軍は県人捕虜3600人余をハワイに送ったが、その理由は体験者にとって最大の謎だった。「沖縄の収容所の環境悪化を懸念」「移送の準備は整った」。米軍文書に記載された事実が73年を経て明らかになった。
琉球新報2018/6/25沖縄
那覇市議会(翁長俊英議長)は25日午前の本会議で、那覇空港で発生した航空自衛隊F15戦闘機による管制違反に抗議し、原因究明と再発防止策を求める意見書と抗議決議を賛成多数(賛成23人、反対16人)で可決した。
琉球新報2018/6/25沖縄
航空自衛隊のF15戦闘機が那覇空港で管制の待機指示に反して滑走路へ進入し民間機の着陸許可が取り消された航空重大インシデントの発生を受け、那覇市議会(翁長俊英議長)は25日の6月定例会最終本会議で、自民会派などが提案した同インシデントに抗議し、原因究明や再発防止を求める抗議決議案と意見書案を賛成多数(賛成23、反対16)で可決した。
沖縄タイムス2018/6/25沖縄
米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が11日に墜落した事故を受け、沖縄県宜野湾市議会(大城政利議長)は6月定例会最終本会議の25日、全米軍機の飛行中止を求める抗議決議、意見書の両案を全会一致で可決した。抗議決議、意見書では、F15の墜落は米軍機で最も多い機種で、市上空を深夜まで飛行していると指摘。
沖縄タイムス2018/6/25沖縄
沖縄県を訪問中の台湾の李登輝元総統(95)が24日、糸満市の平和祈念公園で、太平洋戦争で日本兵として犠牲となった台湾人の慰霊祭に出席し、自ら揮毫(きごう)した石碑が除幕された。
琉球新報2018/6/25沖縄
沖縄県の嘉手納町議会(徳里直樹議長)は22日、外務省沖縄事務所に川村裕大使を訪れ、6月定例会で全会一致で可決した米軍嘉手納基地の第18航空団司令官の面会拒否への対応を求める意見書など5件を手交した。実質5日間の会期中に基地関連で10件もの抗議決議と意見書を可決している。
沖縄タイムス2018/6/25沖縄
沖縄戦で3600人余の県人捕虜がハワイに送られた理由として、捕虜の増加による沖縄内の収容所の環境悪化を米軍が懸念していたことが背景にあったことが、1945年5月27日付の米軍文書で分かった。県人捕虜のハワイ移送の理由を示す初資料だ。
琉球新報2018/6/25沖縄
元航空自衛隊員の豊見山尚樹さん(24)=沖縄県那覇市=は、戦争で犠牲となった両親の親族に手を合わせるため、毎年慰霊の日には必ず平和の礎を訪れる。ことしも23日、親族の名が刻銘された礎の前に膝をつき、平和の継承と反戦を誓った。
琉球新報2018/6/25沖縄
それぞれの事件で米兵が罪に問われなかったことを踏まえ、2人は「今の日本は戦争をしていないが、平和と言えるか」と語り、生徒たちの身の回りに「平和ではない状況」がないか問い掛けた。生徒たちは仲間外れやからかい、いじめなど、自分の身近な問題に引き寄せて平和とは何かを考えた。
琉球新報2018/6/25沖縄
イラク戦争での米軍兵士たちの姿、戦火の中でたくましく生きる子どもたちの笑顔など、作品を通して平和の大切さを訴えかけている。防弾チョッキや愛用のカメラをはじめ、渡部氏の仕事道具も約20点並べた。開会式では、同館の今井大造館長が「多くの写真を通じて平和や戦争、貧困について考える機会になるといい」とあいさつ。
山陰中央新報2018/6/25島根
中国遼寧省大連で五月上旬に開かれた中朝首脳会談で、中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席が北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し、六月の米朝首脳会談で朝鮮戦争(一九五〇~五三年)の終。
東京新聞2018/6/25東京
【タバントルゴイ(モンゴル中部)=共同】陸上自衛隊は二十四日、モンゴルの首都ウランバートル郊外の訓練場で、国連平和維持活動(PKO)多国間共同訓練の一環として、安全保障関連法で可能になった治安維持任務について初の訓練を行い、報道陣に公開した。
東京新聞2018/6/25東京
海上自衛隊東京音楽隊(樋口好雄隊長)による「ふれあいコンサートin鳥取」が20日、鳥取市のとりぎん文化会館で開かれた。約1900人が来場し、迫力満点の演奏に聴きほれた。
日本海新聞2018/6/25鳥取
本年度の自衛官候補生課程教育修了行事が24日、東根市の陸上自衛隊神町駐屯地で行われ、約3カ月間、陸自第20普通科連隊で基礎的訓練に励んだ候補生70人が修了証書を受け取り、自衛官としてさらなる成長を誓った。
山形新聞2018/6/25山形