2019年2月28日 辺野古、長崎造船所、石垣島、自衛隊、慶応大、普天間、金次郎

2019年2月28日の16件の報道各社の記事をチェックしました。スクラップしたマスコミの記事などに目を通したところ、飛行場、トラブル、デシベル、引き渡し、辺野古、慶応大、金次郎、普天間、しらぬい、埋め立て、きょう、長崎造船所、バトン、鳥瞰図、石垣島、自衛隊、などの単語が散見されました。16の記事へのリンクを参考までに書いておきますね。
杉浦さんは、金次郎が戦時の軍国主義教育に利用された側面があると指摘しながら「教え自体は戦争とは関係がない。作物を育てる人のおかげでご飯が食べられることや、親のおかげで自分があることなど、当たり前のことに当たり前に感謝できる素直な子が恩田町からたくさん育ってくれたらうれしい」と優しげな顔つきの像を見やった。
中日新聞2019/2/28愛知
昨年以来、急接近する両国トップによる2度目の会談は、日本を取り巻く安全保障環境にどのような変化をもたらすのか。迎撃ミサイルシステム「イージス・ア。
秋田魁新報2019/2/28秋田
東京電力福島第1原発事故と沖縄県の米軍基地がモチーフのインスタレーション(空間芸術)で、原発をベビーベッドの赤ん坊に見立て「サマータイム」の切ない歌が流れる空間は、廃炉後も長い時間をかけて放射性廃棄物を見守り続けなければならない日々を思わせる。
岐阜新聞2019/2/28岐阜
強盗殺人容疑で逮捕された冨田幸誠容疑者は、地元の広島県立高校を卒業後、自衛官として呉市の海上自衛隊呉基地に5年ほど在籍、その後は呉市内の電気設備会社などで働いていた。
中国新聞2019/2/28広島
焦点だった具体的な非核化措置を巡る進展はなく、朝鮮戦争(1950~53年)の終戦宣言についても一致できなかったもようだ。また、日本政府関係者は、トランプ氏が米朝首脳会談で日本人拉致問題を取り上げたと明らかにした。
福井新聞2019/2/28福井
幕末期、長州藩との戦争で敗れた小倉藩が現在の香春町に一時藩庁を置いていたことを伝える遺構だが、小中学校の統廃合に伴い、同小が2020年度末に閉校した後、どう扱われるか決まっていない。6年生19人は「低学年の子たちも歴史を感じてほしい」と、21年度開校の小中一貫型の義務教育学校に移設するよう、3月1日、町に要望する予定だ。
西日本新聞2019/2/28福岡
米軍池子住宅地区(横浜市金沢区、逗子市)の逗子市域に建て替え、新設される5棟について、防衛省が2019、20年度に設計を進めることが27日、同省への取材で分かった。21年度以降に着工するとみられる。同省南関東防衛局は25日、▽生活支援施設▽作業所2棟▽運動施設▽消防署-を建て替え、新設すること、緑地を改変する計画ではないことを逗子市に伝えた。
神奈川新聞2019/2/28神奈川
館主に共鳴した全国の人たちから寄せられた戦没者の遺品、戦争資料を所狭しと展示している。平成の終幕を前に、家族が遺志を継ぐ準備を始めた。館内には、辰雄さんが色紙にしたためた短歌も数多く並ぶ。
西日本新聞2019/2/28長崎
三菱重工業長崎造船所で建造された護衛艦しらぬい(5100トン)が27日、防衛省に引き渡され就役した。ガスタービンとモーターによるハイブリッド推進方式を採用した、あさひ型の2番艦。海上自衛隊で初めて潜望鏡探知レーダーを導入した。
長崎新聞2019/2/28長崎
憲法95条で対象にしているのは「国の法律」だが、小林氏は「辺野古への米軍基地移設は形式上は『法律』ではないが、中央から地方へのいじめをしてはならないという憲法の趣旨からすれば、政府が過重な負担を沖縄に押し付けてはならないという規範が95条の法意だ」と説明した。
琉球新報2019/2/28沖縄
政府が沖縄県と2014年2月に約束した米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止は28日で期限となった。5年間では宜野湾市内の保育園、小学校へのヘリの部品落下など事故が相次いだ。安倍晋三首相は当時の仲井真弘多知事との約束を実現しておらず、危険性除去の遅れの責任が問われる。
沖縄タイムス2019/2/28沖縄
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は28日もN3護岸でダンプカーから採石を降ろし埋め立て作業を進めている。護岸内は行き交うトラックから土砂が投入され、被覆ブロックの周辺では採石を落として護岸を強固にする様子が確認された。
琉球新報2019/2/28沖縄
【名護】沖縄県名護市の米軍キャンプ・シュワブで26日正午すぎから夜間にかけ断続的に実弾射撃訓練が実施され、辺野古区で最大98・7デシベルの騒音が測定された。午後7時から午後8時まで照明弾を使用した訓練も実施された。
琉球新報2019/2/28沖縄
県民投票の結果を「しっかり受け止めなければいけない」とした一方、「国も民主的に選挙された国会によって内閣が構成され、時の政権は国の安全保障に大きな責任を担っている。私どもはその責任もしっかり果たさなければいけない」と主張した。
琉球新報2019/2/28沖縄
沖縄県石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画で、土のうなど資機材や重機を積んだ工事関係車両約20台が28日午前8時前、造成工事を予定する民有地の一部、旧ジュマールゴルフガーデン内に入った。仮設安全柵設置など準備工事に着手する見通し。
沖縄タイムス2019/2/28沖縄
西南戦争における県内犠牲者の追悼碑建立祈年祭を描いた檪山の銅板画「松江亀田城山招魂祭之図(しょうこんさいのず)」(縦27.2センチ、横38.8センチ)は、戦いの様子を細密に表現している。西島太郎学芸員(49)は「一族の作品を並べるのは初めて。
山陰中央新報2019/2/28島根