2019年3月8日 辺野古、相模原、広島修道大、普天間、日弁連、シナイ

2019年3月8日の21件のマスコミ報道などを解析しました。ザッピングしたところ、普天間、女学生、弁護士、受け入れ、傍若無人、県議会、辺野古、飛行場、賠訴訟、相模原、イラスト、ふるさと、シナイ、まとめ、ビジョン、日弁連、広島修道大、などの表現をみつけることができました。21個のコンテンツURLを記録しておきますね。
当時つづった日記を、戦争と平和の資料館ピースあいち(名古屋市名東区よもぎ台二)で開かれている熱田空襲の企画展で公開している。知立駅にて警報発令。やむを得ず三河線で三河高浜まで来ると解除。
中日新聞2019/3/8愛知
佐竹敬久秋田県知事は7日の2月県議会閉会後の会見で、政府が秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備を目指す地上イージスについて、県議選(3月29日告示、4月7日投開票)の争点にはならないとの認識を示した。
秋田魁新報2019/3/8秋田
2月秋田県議会は7日、本会議を開き、2019年度一般会計当初予算案など76件を可決して閉会した。
秋田魁新報2019/3/8秋田
秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が候補地となっている迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備について、現状のままでは「反対」との考えを示した。秋田選挙区では、自民党現職の中泉松司氏(39)が再選を目指し、共産党は新人の党県常任委員藤本友里氏(39)を立てる。
河北新報2019/3/8秋田
アフリカ東部にある南スーダンは第二次世界大戦後、約四十年にわたる断続的な内戦を経て、二〇一一年七月に独立した。独立後も民族間の紛争が相次ぎ、難民も発生している。国際協力機構(JICA)は南スーダン政府と協力して、民族間の交流を通し憎悪や不信感を拭い去るため一六年から毎年、陸上競技やサッカーの全国大会を開き、スポーツを通じた平和促進活動を続けている。
東京新聞2019/3/8群馬
2016年施行の安全保障関連法で新設された「国際連携平和安全活動」として、国連が統括しない多国籍軍の活動に要員を派遣する初めてのケースとなる。政府はMFOからの要請と言うが、いつ、どういう経緯で要請を受けたのか、はっきりしない。
北海道新聞2019/3/8北海道
米軍普天間基地のある宜野湾市などで育ち、飛び交う戦闘機を見上げてきた。「最大の人権侵害は戦争。平和あってこそ人権は守られる」との信念を持つ。
神戸新聞2019/3/8兵庫
陸上自衛隊中部方面音楽隊(兵庫県伊丹市)による阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼する演奏会「あの日を忘れないために」が8日、神戸市中央区の神戸文化ホールであった。同音楽隊は伊丹市にある方面総監直轄で、1960年に発足。
神戸新聞2019/3/8兵庫
また、相模原駅の北には米軍相模総合補給廠(しょう)(約二百ヘクタール)があり、北に隣接する東京都町田市方面へ行くには大きく迂回(うかい)しなければならないなど、長年まちの発展の支障となってきた。小田急小田原線と江ノ島線が分岐し、多くの人が乗降する相模大野駅には駅ビルもありにぎやかなイメージな一方、市内唯一の百貨店「伊勢丹」が業績悪化により九月で閉店することが決まっている。
東京新聞2019/3/8神奈川
戦略企画雇用経済常任委では、全国知事会が全会一致でとりまとめた「米軍基地負担に関する提言」の実現を求める請願を審査。「米軍基地は沖縄だけの問題ではない」とする請願の賛成派に対し、反対派は「全国議長会で議論すべき」と主張するなど紛糾。
伊勢新聞2019/3/8三重
睦美さんの息子で高校生のクィンさん(16)も「戦争をした日米が新たな関係をつくる過程の写真」と捉え、米国にある日本語補習校や小学校で写真展を開いているという。睦美さんは「消防団の写真は、岡谷の人なら写っている人まで分かるかもしれない。
信濃毎日新聞2019/3/8長野
自衛隊や米軍に対する報道機関の取材活動が大きく制限され、国民の知る権利が著しく侵害される。このような改正は認められない。飛行禁止区域を自衛隊や米軍の施設に拡大するという政府方針に対し、日本新聞協会や日本民間放送連盟(民放連)が批判する意見を発表し、慎重な対応を求めていた。
琉球新報2019/3/8沖縄
その典型が、米軍基地の押しつけであり、辺野古の埋め立てであり、県民投票結果の無視である。これらは、全て暴力である。より正確には、差別的暴力である。
琉球新報2019/3/8沖縄
4月21日投開票の衆院沖縄3区補欠選挙に自民党公認で出馬予定の元沖縄北方担当相の島尻安伊子氏(54)は7日、沖縄市内で行われた事務所開きで「普天間の危険性を考えた時、今進んでいる辺野古に移すことが現実的な問題だ」と述べ、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を容認する姿勢を表明にした。
琉球新報2019/3/8沖縄
【東京】名護市辺野古の新基地建設で明らかになった軟弱地盤を巡り、防衛省の担当者は7日、国会内で開かれた野党合同ヒアリングで、地盤が沈下する可能性を認めた。一方で、東京国際空港(羽田空港)や関西国際空港などを挙げ「施設の供用に伴い年月をかけて沈下するのは一般的なことで珍しいことではない」と説明した。
沖縄タイムス2019/3/8沖縄
太平洋戦争中に旧南洋群島(北マリアナ諸島)などで戦渦に巻き込まれた住民や遺族ら40人が国に対して謝罪と1人当たり1100万円の損害賠償を求めた「南洋戦国賠訴訟」の控訴審判決が7日、福岡高裁那覇支部であった。
沖縄タイムス2019/3/8沖縄
MV22オスプレイ輸送機やCH53E大型輸送ヘリなどが駐留しており、県内外での訓練のほか、強襲揚陸艦とともに行動している。沖縄タイムスのカメラが捉えた、普天間飛行場の所属機、飛来機の写真をまとめました。
沖縄タイムス2019/3/8沖縄
...告会〉【今村】東京〈栄養士議連▽党消費者問題調査会〉【古川】東京〈党外交部会・国防部会・外交調査会・安全保障調査会合同会議▽衆院法務委員会▽栄養士議連〉帰佐【岩田】東京〈党地方創生実行統合本部・国土交通部会等合同会議▽衆院国土交通委員会で大臣所信表明に対する質問▽衆院経済産業委員会〉=参院=【福岡】東京〈参院本会議▽社会保障勉強会〉佐賀〈地域行事〉【山下】東京〈参院本会議▽栄養士議連▽参院予算委員...
佐賀新聞2019/3/8佐賀
東京大空襲(1945年3月10日)前後の軍隊の動きなどにスポットを当てた企画展「東京大空襲〜罹災(りさい)者・救護者・戦争遺跡〜」が、すみだ郷土文化資料館(墨田区向島2)で開かれている。敗戦前後に多くの資料が焼却され、解明が進んでいない軍の動きの一端が当時の資料や証言から浮かび上がっている。
東京新聞2019/3/8東京
アトラクションとして、老人クラブの踊りの他、須江、樫野、大島の3地区による祭りの舞、航空自衛隊串本分屯基地の隊員による演技が披露される。
紀伊民報2019/3/8和歌山
萩市の藤道健二市長は7日、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、候補地の陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)への配備受け入れについて、三つの条件を考慮して判断する方針を示した。市議会一般質問で浅井朗太氏(蒼翔会)の質問に答えた。
山口新聞2019/3/8山口