2018年6月5日 嘉手納、辺野古、ロシア

2018年6月5日の20件のメディア記事を精査しました。ザッピングしたところ、嘉手納、身勝手、田植え、バスケ、ロシア、オスプレイ、辺野古、手続き、オキナワ、飛行場、などの表現が散見されました。20件の記事URLは以下の通りです。
県と秋田市は5日、同市の陸上自衛隊新屋演習場が候補地とされた地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)に関し、住民説明会を早期に開催するよう防衛省に申し入れた。現地で行う地質測量調査の入札公告前の開催を求めており、同省は開催時期を検討する。
秋田魁新報2018/6/5秋田
佐竹敬久秋田県知事は4日の定例会見で、防衛省が地上イージスの配備のため陸上自衛隊新屋演習場で行う調査に関し「役所からは、自分たちに都合のいい結果が出るものだ」と述べた。県政のトップが行政の信頼性を否定したとも受け取れる発言で、波紋を呼びそうだ。
秋田魁新報2018/6/5秋田
防衛省が秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)の「最適候補地」と位置付けたことに対し、佐竹敬久知事と穂積志市長は4日、それぞれの定例会見で、演習場と住宅密集地の近さを懸念し「環境としてどうなのか」などと疑問を呈した。
秋田魁新報2018/6/5秋田
秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」配備の最適候補地とされたことについて、秋田県の佐竹敬久知事は4日の定例記者会見で「合理的な根拠を示してもらわないといけない」と話し、住民説明会の開催を求める意向を改めて示した。
河北新報2018/6/5秋田
日露戦争中の愛媛県松山市に設置されたロシア兵捕虜収容所を舞台に、地元女性とロシア兵の恋愛を描いた映画「ソローキンの見た桜」の県内ロケ初日となる4日、主役ソローキンを演じるロデオン・ガルチェンコさんら。
愛媛新聞2018/6/5愛媛
会のメンバーら四十二人が「戦争」「憲法」「原発」「私」の四つのテーマで寄稿。「紛争は軍事力ではなく、対話で解決を」などと記している。会は二〇〇六年の教育基本法改正を「教育への政治介入を許し、戦前の再現になる」と問題視。
東京新聞2018/6/5神奈川
トランプ氏は「貿易戦争に負けるわけにいかない」とツイッターに投稿し、強硬姿勢を崩さない。8日から開かれるG7首脳会議(サミット)の波乱は避けられまい。貿易赤字の削減にこだわり、国際ルール違反も辞さない身勝手な振る舞いをトランプ氏はどこまで強めるのか。
京都新聞2018/6/5京都
「妻が日本人、夫が外国人」の割合は3・6%で全国一高く、全国では妻が外国人の件数が、夫が外国人の件数を上回っており、県内に米軍関係の男性が多くいることが全国の特徴と逆になっている要因とみられる。県内の国際結婚のうち、外国人の夫の国籍は米国が最多で80・1%。
沖縄タイムス2018/6/5沖縄
【中部】米軍横田基地(東京都福生市など)から米軍嘉手納基地に飛来していた米空軍の輸送機CV22オスプレイ4機が5日午前9時20分すぎ、嘉手納基地を離陸した。4機は4日に周辺自治体が飛来に反対する中で、事前通告がないまま県内に初飛来していた。
琉球新報2018/6/5沖縄
「沖縄にこれ以上、基地は造らせない」「米軍、政府のいいなりで恥ずかしくないのか」。市民が声を張り上げるのを横目に、オイルフェンス越しでは「K4護岸」の整備が着々と進む。あと100㍍もすれば辺野古崎に到達する勢いだ。
琉球新報2018/6/5沖縄
米軍嘉手納基地で周辺住民の騒音軽減のために移転された旧海軍駐機場について、米軍は4日までに「夏ごろまで旧駐機場を暫定的に使用する」と沖縄防衛局に伝えた。日本政府が多額の予算を負担して移転したにもかかわらず旧駐機場は度々使用されている。
琉球新報2018/6/5沖縄
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は4日までに、土砂投入前に必要な県赤土等流出防止条例に基づく通知手続きを始めた。防衛局は5月29日、埋め立ての面積や赤土流出対策の装置などを記した書類を県に提出した。
琉球新報2018/6/5沖縄
今季の登録選手は、県内の3×3チーム「クロスオーバー」のファンティン・ブランドンと上江田真、島袋覚、米軍基地内チームに所属するテレンス・テレール、元琉球ゴールデンキングスで、現在はプロバスケットボールBリーグ3部の東京海上日動ビックブルーに所属するブライアン・シンプソンらが確定している。
琉球新報2018/6/5沖縄
【嘉手納】米軍嘉手納基地に飛来していた米空軍のCV22オスプレイ4機が5日午前9時20分、ヘリモードで南側滑走路から相次ぎ離陸した。同機は4日午後に嘉手納基地へ初めて飛来しており、24時間たたず飛び立った格好だ。
沖縄タイムス2018/6/5沖縄
今季の登録選手は、県内の3×3チーム「クロスオーバー」のファンティン・ブランドンと上江田真、島袋覚、米軍基地内チームに所属するテレンス・テレール、元琉球ゴールデンキングスで、現在はプロバスケットボールBリーグ3部の東京海上日動ビックブルーに所属するブライアン・シンプソンらが確定している。
琉球新報2018/6/5沖縄
米統治下の圧政に不屈の精神で抗議する姿勢を貫いた瀬長亀次郎氏を描いたドキュメンタリー映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男その名は、カメジロー」(佐古忠彦監督)が世界最大級の映像祭「アメリカ国際フィルム・ビデオフェスティバル」のドキュメンタリー・歴史部門で3位に相当する「サーティフィケート」賞に選ばれた。
琉球新報2018/6/5沖縄
佐世保市の米軍基地に住む「ガールスカウト」の子どもたちと、嬉野市の嬉野中の生徒らが田植えをして交流する催しが3日、嬉野町で開かれた。生徒たちは勉強中の英語を使いながら、交流を楽しんだ。米軍の家族らに日本の文化を知ってもらおうと、嬉野の温泉旅館「松園」の光武健治郎社長らの協力のもと行われ、今回で10回目。
佐賀新聞2018/6/5佐賀
今夏に予定される米空軍輸送機CV22オスプレイの横田基地(福生市など)への配備を巡り、都と同基地周辺の五市一町でつくる連絡協議会(会長・小池百合子知事)は四日、配備計画の詳細な説明や安全確保などを求める要請文を、小野寺五典(いつのり)防衛相あてに提出した。
東京新聞2018/6/5東京
中国四国防衛局は4日、米軍岩国基地(岩国市)の空母艦載機のパイロットが空母への着艦資格を得るための訓練(CQ)が3日に終了した、と岩国市や山口県に伝えた。
中国新聞2018/6/5山口
萩市と阿武町にまたがる陸上自衛隊むつみ演習場への地上配備型弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を巡り、萩市の藤道健二市長は4日の定例会見で、防衛省の政務官が関係自治体に候補地と伝えた面談の日程が前日まで国から連絡がなかったことを明かし、「遺憾だ。
山口新聞2018/6/5山口