2019年10月3日 喜多方、高島屋、横須賀、ハワイ、ロシア、ソマリア、白虎隊

2019年10月3日の25件のメディアの記事などを解析しました。この日収集した新聞各社の報道には、横須賀、オスプレイ、喜多方、白虎隊、ミサイル、中距離、タイル、ホテル、アニメ、パイロット、ハワイ、ヒット、司令塔、高島屋、スタンプ、ロシア、テレビ、ソマリア、グランプリ、核兵器、テイクオフ、ということばが使われていました。25個のコンテンツURLを記録しておきますね。
佐竹敬久知事は3日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備する防衛省の計画の是非について「(来年3月までの)再調査の結果が県に説明される時期には、県としての。
秋田魁新報2019/10/3秋田
防衛省は2日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を秋田、青森、山形3県の国有地に配備可能かどうか検討する再調査のうち、測量業務について、一般競争入札で落札したアジア航測(川崎市)と委託契約。
秋田魁新報2019/10/3秋田
国土交通省によると、3日午後、三沢市の三沢空港で、民間機が着陸しようとしていた滑走路に航空自衛隊の戦闘機が進入し、民間機が着陸をやり直した。同省は航空事故につながりかねない重大インシデントと認定した。
東奥日報2019/10/3青森
青森県八戸市の海上自衛隊第2航空群(瀬戸慶一司令)の隊員を中心に編成する「第37次派遣海賊対処行動航空隊」が2日、アフリカ東部のソマリア沖・アデン湾での海賊監視活動のため、海自八戸航空基地を出発した。同航空群からの派遣は12度目。
東奥日報2019/10/3青森
和名では「闘球(とうきゅう)」の漢字を当てることもあるが、この二文字には悲しい戦争の記憶も刻まれている。戦争のための闘球を経験した元海軍航空兵は「戦争に利用してはいけない」と訴える。もともと闘球は、ラグビーを参考にして考案された類似スポーツだった。
岐阜新聞2019/10/3岐阜
和名では「闘球(とうきゅう)」の漢字を当てることもあるが、この二文字には悲しい戦争の記憶も刻まれている。戦争のための闘球を経験した元海軍航空兵は「戦争に利用してはいけない」と訴える。もともと闘球は、ラグビーを参考にして考案された類似スポーツだった。
岐阜新聞2019/10/3岐阜
内装も未完成で開業できないまま45年7月15日の米軍による空襲で破壊された。
北海道新聞2019/10/3北海道
戊辰戦争で集団自刃した白虎隊士で唯一生き残った飯沼貞吉が手当てを受けた、喜多方市塩川町の近江屋跡(現・東邦銀行塩川支店)に記念碑が設置された。貞吉の孫一元さん(76)=東京都=ら会津藩士の子孫や研究者、関係者でつくる白虎隊の会が2日までに、記念碑を除幕した。
福島民友新聞2019/10/3福島
太平洋戦争開戦間近の四〇年になると、勇ましく進撃する兵隊や「荒鷲(わし)」の造り物になり、終戦後の連合国による占領期には米国の漫画「ポパイ」の人形がお目見え。日本が独立を回復すると、再び武将の造り物が復活している。
中日新聞2019/10/3石川
海上自衛隊の地方隊は旧海軍の鎮守府があった横須賀(神奈川県)、呉(広島県)、佐世保(長崎県)、舞鶴(京都府)に加え、大湊(青森県)に置かれている。
神奈川新聞2019/10/3神奈川
10月5日に開催される「Yokosuka海道ウォーク」で、海上自衛隊横須賀地方総監部(横須賀市西逸見町)に、スタンプポイントが設けられる。
神奈川新聞2019/10/3神奈川
東郷さんによるインタビューでは、「東アジア共同体」構想を掲げる鳩山元首相と、沖縄の米軍基地問題や日米安保体制、国内メディアの在り方などについて議論。東京新聞社会部の望月衣塑子記者とも、れいわ新選組の山本太郎代表への期待などについて語り合った。
東京新聞2019/10/3神奈川
同駅西口付近は戦前、米スタンダード石油の資材置き場で、戦後は米軍に接収された。五二年に接収が解除されると相模鉄道が土地を買い取り、当時、横浜進出を目指していた高島屋を誘致した。五六年に前進の「高島屋ストア」が開店。
東京新聞2019/10/3神奈川
第8管区海上保安本部、近畿地方整備局や海上自衛隊、府水難救済会など22団体が参加する。舞鶴海上保安部の巡視船「わかさ」や、大阪税関舞鶴税関支署の税関監視艇「あおば」など5隻を一般公開する。このほか、小型艇の体験乗船やヘリコプターによる救助訓練、海上保安学校の学生らによる和太鼓演奏も行われる。
京都新聞2019/10/3京都
中城海上保安部が2016年のオスプレイ墜落事故で搭乗していた機長を氏名不詳のまま航空危険行為処罰法違反容疑で那覇地検に書類送検した件で、外務省沖縄事務所と沖縄防衛局が米側に、海保の捜査への協力要請をしていなかったことが分かった。
沖縄タイムス2019/10/3沖縄
米軍嘉手納基地を離着陸する米軍機が上空を飛び交う北谷町宮城に住む安里さん。幼少期から飛行機好きの父猛さん(44)に連れられて飛行機を眺めるうちに、飛行機のとりこになった。物心ついた頃から写真を撮り始め、今では音を聞いただけで機種が分かる。
琉球新報2019/10/3沖縄
1959年には、米軍那覇飛行場配備のミサイルが核弾頭を搭載したまま誤射を起こし、海に落下する事故が起きた。62年には、米ソが全面戦争の瀬戸際に至ったキューバ危機の際、米軍内でソ連極東地域などを標的とする沖縄のミサイル部隊に核攻撃命令が誤って出され、現場の発射指揮官の判断で発射が回避されるという出来事もあった。
琉球新報2019/10/3沖縄
偶発的戦争の引き金となる危険性がある。これまで配備されたPAC3などの迎撃ミサイルと異なり、核弾頭搭載可能な攻撃ミサイルのため安保条約で規定された装備の「重要な変更」に当たる可能性が高い。破壊力が大きい攻撃型のため「敵」から標的にされる恐れも強まる。
琉球新報2019/10/3沖縄
【国頭】国頭村安田の米軍北部訓練場返還跡地で米軍のものとみられる空包などが見つかっている問題で、チョウ類研究者の宮城秋乃さんが2日までに、同地で新品を含む未使用や不発の空包計416発を新たに確認した。確認されたのは27日に未使用と不発の129発、1日に新品13発、2日に未使用の274発。
沖縄タイムス2019/10/3沖縄
配備されれば基地機能が一層強化され、核戦争に巻き込まれる恐れが高まり、沖縄の基地負担が飛躍的に増す。米国の軍事戦略に詳しい専門家は「米軍基地が集中している沖縄は配備場所になり得る」と指摘。米メディアも沖縄配備の可能性に触れている。
琉球新報2019/10/3沖縄
小杉さんはこれまで、ミカン農家や戊辰戦争にまつわる武雄と秋田の交流を描いた番組で3度の奨励賞を受けている。「私自身は9年ぶりの受賞。会社が創業40年、私は入社20年という節目の年の受賞で励みになる」と喜んだ。
佐賀新聞2019/10/3佐賀
自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画で、九州防衛局は2日、佐賀市川副町の佐賀県有明海漁協広江支所で計画の概要を説明した。
佐賀新聞2019/10/3佐賀
浜松市西区の航空自衛隊浜松基地で20日に開かれる「エア・フェスタ浜松2019」で一日基地司令を務める2019ミス浜松の3人が2日、同基地で委嘱状を交付された。ミス浜松グランプリの中谷まりなさん(21)、ミス浜松まつりの石野由華さん(20)、広中希香さん(24)が、加治屋秀昭基地司令から委嘱状とタスキを受け取った。
静岡新聞2019/10/3静岡
気象神社が建立されたのは太平洋戦争中の一九四四年。旧陸軍気象部(同区馬橋地区)の気象観測員が予報の的中を祈願し、敷地内に建てた。終戦で気象部は解体され、四八年に現在の地に遷座した。
東京新聞2019/10/3東京
気象神社が建立されたのは太平洋戦争中の一九四四年。旧陸軍気象部(同区馬橋地区)の気象観測員が予報の的中を祈願し、敷地内に建てた。終戦で気象部は解体され、四八年に現在の地に遷座した。
東京新聞2019/10/3東京